【2021年版】3歳頃からのジュニアシートおすすめ8選!お子さまの成長に合わせて最適なスタイルにチェンジ(シートベルト固定)

ジュニアシート

ジュニアシートとは、主に3歳頃〜11歳頃のお子さまを車に乗せるときに使用する学童用チャイルドシートです。また、ジュニアシートを装着する際の身体の大きさの目安は、身長100cm以上、体重15~35kgと言われています。ジュニアシートへの切り替えのタイミングとしては、「年齢」・「身長」・「体重」のいずれかが超えた時に検討する必要があります。

最新のラインナップを調査すると、背もたれの取り外しの有無やロングユース設計、2WAYなどさまざまなモデルが販売されており、はじめて購入する方は商品の多さゆえ迷ってしまう方が多いかもしれません。

そこで今回は、シートベルト固定の取付方法に絞って低コスト・高品質のジュニアシートのおすすめ商品をご紹介します。お子さんの身体と車に合ったジュニアシートを見つけて、安全で快適なドライブを楽しみましょう!

Chapter
3歳頃からのジュニアシートおすすめ8選
1.GRACO(グレコ) 「ジュニアプラス」
2.コンビ「ジョイキッズ」
3.レカロ「J3」
4.Aprica(アップリカ) 「エアライド」
5.エールベベ「サラットハイバックJr クワトロ」
6.ネビオ「PoPPit」
7.LETTAS「チャイルドシート 360°」
8.Combi「ジョイトリップ エッグショック GH 」

3歳頃からのジュニアシートおすすめ8選

1.GRACO(グレコ) 「ジュニアプラス」

Graco(グレコ) GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からロングユース 67170

5,373円〜(税込)

3歳頃から11歳頃まで長く使えるジュニアシート!

GRACO(グレコ) の「ジュニアプラス」は、成長に合わせて長く使えるジュニアシートで、試用期間が3歳頃から11歳頃まで(体重15kgから36kgまで)となります。シートの両側には飲み物やおもちゃをおける収納型のカップホルダーが付いているのでとても便利です。また、食べこぼしなどで汚れやすいシート部分はぬるま湯を使って手洗い可能なので清潔を保つことができるのも嬉しいポイント。なお、背もたれを取り外せるため成長段階に合わせブースターとして座面だけ使えます。ヘッドレストは6段階、アームレストは2段階調節でき3歳~11歳頃までを目安に利用できます。

ブランド
Graco(グレコ)
モデル名
8498MTRJ
商品の重量
3.6 kg

2.コンビ「ジョイキッズ」

コンビ コンビ シートベルト固定 ジョイキッズ FK メッシュブラック 3歳~

8,640円〜(税込)

3歳頃から使える背もたれ付きジュニアシート!

コンビ「ジョイキッズ」は、お子さまの成長合わせた2つのシートアレンジが可能なジュニアシートです。3才頃〜7才頃はジュニアモード(背もたれ付き)で使用し、取付方法は車のシートベルトを背もたれの肩ベルトガイドと座面部の腰ベルトガイドに通すだけなので非常に簡単です。また、5段階ヘッドレスト調節機能が搭載されており、5段階のヘッドレスト調節が可能です。6才頃〜11才頃はブースターモードにアレンジし、背もたれを外して座面部の腰ベルトガイドに車のシートベルトを通して使用します。シートは立体メッシュシートを採用しているので、暑い夏のおでかけも快適に楽しく過ごせます!

メーカー
コンビ
ブランド
コンビ
性別
ユニセックス
推奨最低体重
22kg
推奨最高体重
36kg
推奨身長
‎125cm
推奨最高身長
‎145cm
メーカー推奨年齢
‎36か月~11年

3.レカロ「J3」

Recaro レカロ J3 チャイルドシート ジェットブラック シートベルト 3才 ジュニアシート Recaro ジェイスリー 15kg

12,397円〜(税込)

お出かけが楽しくなるドライブのパートナー。3歳頃からのレカロ

レカロ「J3」は、お子さまの正しい姿勢を保ちながら体全体をしっかり守る設計で、3歳頃から長く使えるジュニアシートです。衝撃吸収性に優れたクッションで頭部をしっかりサポートしてくれるので、走行中の揺れや衝撃からしっかりお子さまを守ります。また、サイドプロテクションを採用しており、『頭部』、『肩』、『腰』、『太もも』を包み込む設計も安心です。熱やムレを逃がす「通気ホール」と「エアメッシュカバー」で快適性にもこだわっているジュニアシートです。

メーカー
Recaro
ブランド
Recaro
モデル名
RK270.501
商品の重量
5.8 kg

4.Aprica(アップリカ) 「エアライド」

Aprica(アップリカ) Aprica(アップリカ) シートベルト固定 ジュニアシート 3歳頃から エア ライド AC   Air Ride AC AC(シルバーサファイア) 3歳~ 2107944

8,811円〜(税込)

2ステップのロングユース

Aprica(アップリカ) の「エアライド AC」は、3歳頃から11歳頃まで使えるジュニアシートです。厚みのあるクッションとサラサラメッシュ素材を採用しているので、安全で快適なドライブを実現させます。体全体をサイドから包み込む設計なので、お子さまの正しい姿勢をサポートしてくれるのも魅力的です。なお、2ステップのロングユース商品なので、成長にあわせてステップモードが変更できます。ジュニアシートモードの試用期間は15kgから25kgまで、ブースターシートモードは22kgから36kgまでとなっており、目安として3歳頃から11歳頃まで使用できるロングユース設計です。

メーカー
アップリカ
ブランド
Aprica(アップリカ)
モデル名
2107944
商品の重量
4.9 kg

5.エールベベ「サラットハイバックJr クワトロ」

カーメイト(エールベベ) エールベベ チャイルドシート 3歳から 使える シートベルト 固定 サラットハイバックJr クワトロ ブラック 軽量・通気性重視モデル ALJ205

9,900円〜(税込)

軽量でスポーティーなジュニアシート

エールベベ「サラットハイバックJr クワトロ」は、3才~11才頃まで長く使えるジュニアシートです。特徴は、ヘッドレストのクッションを強化し、側面衝突への安全性を考慮したヘッドプロテクションを採用している点と、座面の前方をふくらませたエルゴノミクス形状の採用で座り心地の向上と前方への座りズレを軽減している点です。
また、クルマのシートに合わせて5°~20°までのリクライニングが可能で、お子さまの成長に合わせて最適なポジションに調節可能な可動式ヘッドレストが搭載されています。

メーカー
カーメイト(エールベベ)
ブランド
カーメイト(エールベベ)
商品モデル番号
ALJ205
商品の重量
5.6 kg

6.ネビオ「PoPPit」

ネピオ PoPPit

¥6,980〜

デザインにもこだわったジュニアシート

PoPPitは1歳から11歳までと長く使える、ジュニアシート兼用のチャイルドシートです。「トリコロール」「アメカジブルー」といった、おしゃれでかわいいデザイン性のある商品となっています。

シートの重さが4.8kgと軽いので、車2台で付替えを検討している方におすすめです。こちらも成長段階に合わせて3段階カスタムすることができ、さらに保温効果のあるドリンクホルダーもついています。

対象年齢
1歳~11歳
適応体重
9kg~36kg
取付方法
シートベルト
回転機能
なし

7.LETTAS「チャイルドシート 360°」

LETTAS LETTAS チャイルドシート 360° 回転式 0か月~12歳頃(0~36kg) ISOFIX・シートベルト固定両対応 (パープル)

17,849円〜(税込)

小学生まで長く使える

子どもの座る向きを簡単に変えられる360°回転式です。0歳~1歳頃(体重13kg)までは後ろ向きに、1歳~12歳頃(体重36kgが上限)までは前向きで使用できます。ヘッドレストを7段階で高さを変えられるため成長に応じて調節が可能です。チャイルドシートの両側に付いている側面衝突吸収装置により、横側から受けた衝撃でのダメージを軽減できるよう工夫されています。

メーカー
LETTAS
ブランド
LETTAS
モデル名
JPLTS916Purple-1
梱包サイズ
cm; 10.9 kg
商品モデル番号
JPLTS916Purple-1
商品の重量
10.9 kg

8.Combi「ジョイトリップ エッグショック GH 」

コンビ Combi(コンビ) シートベルト固定 チャイルド&ジュニアシート 1歳頃から11歳頃まで ジョイトリップ エッグショック GH ブラック 腰を支えるランバーサポート付き

21,600円〜(税込)

頭を守るエッグショック搭載

ヘッドパッドに搭載された超・衝撃吸収素材エッグショックがデリケートな赤ちゃんの頭を保護してくれます。横倒れ防止に力を発揮するランバーサポートも採用されており、ヘッドサポートと共にやさしくしっかりと赤ちゃんの体を支えられるのが特徴です。背もたれは角度調節ができるため安定感があります。窓からの景色を楽しめるようシートの形状にもこだわったチャイルドシートです。

メーカー
コンビ
ブランド
コンビ
梱包サイズ
cm; 5.5 kg
商品モデル番号
-
商品の重量
5.5 kg

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部