おすすめのATF14選|交換するメリットや交換方法を紹介

オートマ

オートマ車の走行を安定させて燃費の低下を防ぐためには、定期的なATFの交換が大切です。おすすめの人気ATFを14種類紹介して特徴を解説するので、自分の車に使えるか確認して選びましょう。自分でATFの交換もできるので参考にしてください。

Chapter
ATFとは?
プロがおすすめするATF5選
1.WAKO'S ATF P-S
2.MOTUL MULTI ATF
3.Castrol TRANSMAX FE
4.SUNOCO BRILL RACING ATF
5.NUTEC ZZ-52
編集部おすすめのATFオイル9選
1:アイシン「AFW+」
2:NUTEC 「ZZ-52」
3:トヨタ「オートフルード D-Ⅱ」
4:TAKUMI「モーターオイル」
5:DAIHATSU「アミックス ATFオイル DII」
6:NUTEC「ZZ-51改」
7:JDA「スーパーマルチグレード ATF-IV」
8:NISSAN「ATFオイル マチックフルード D 4L KLE22-0000401」
9:カストロール「ATF Dex III」
ATFの交換方法4つ
おすすめのATFを知ろう

ATFとは?

ATFとはオートマチック・トランスミッション・フルードの頭文字を取った略称で、オートマ車専用のオイルのことです。マニュアル車で使用するミッションオイルは、トランスミッション内でのギアの摩耗を防ぐ大切な役割を果たします。

オートマ車で使用するATFは、ミッションオイルよりもはるかに幅広く様々な役割を果たすという特徴があります。ここではATFの交換についてと交換することのメリットを詳しく説明します。

ATFは交換する必要があるの?

オートマ車に使用するATFは交換する必要があるのかというと、やはり交換する必要があります。メーカーによって多少違いますがATFは2~3万km程度で定期的に交換することが推奨されており、交換しないと様々な不具合が発生する原因になることもあります。

主な不具合としては、発進や加速性能の悪化、燃費性能の低下などで、長期間交換しないと金属粉などの不純物がトランスミッション内に固着してしまいます。

ATF交換のメリット

ATFを交換するメリットは色々ありますが、目に見えて違うのが燃費の向上で2km/L以上改善した事例もあるようです。ATFが劣化すると変速時にガクンとショックが来ることもあり、ミッションの抵抗が大きくなって燃費が落ち込んでしまいます。

ATFは消耗品なので定期的な交換が必要ですが、大切な車を長く乗り続けるためには欠かせない作業と言えます。

プロがおすすめするATF5選

1.WAKO'S ATF P-S

WAKO'S WAKO'S ATF P-S

64,779円〜(税込)

WAKO'S ATF P-Sは、変速ショックを極力少なくできる滑らかさと、動力伝達性の高さが特徴のATFです。

WAKO'Sは国内のGT選手権など、多くのレースにオイル類を供給しているメーカー。そこで培った技術を投入したことにより、耐熱、耐酸化性に非常に優れたATFとなりました。WAKO'Sの特徴は、潤滑性の高さによる油膜切れ発生の少なさにあり、ギアに優しいオイルだといえます。

(社)自動車技術会の性能規格であるJASO 1A-LVに適合し、最近多い低粘度ATF指定車にも対応しています。

容量
20L

2.MOTUL MULTI ATF

モチュール(Motul) MOTUL MULTI ATF

28,325円〜(税込)

MULTI ATFは、国内外のレース車両やF1などにオイル供給を行っているMOTULが提供している高性能ATFです。

レースで培った技術を元に作られたオイルは耐高温、酸化性を誇り、長期間にわたる利用が可能となりました。また潤滑性の高さにより耐摩耗性や静粛性に優れており、高い耐久性やドライブの快適性を実現しています。滑らかに動作するのとは裏腹にトルク伝達性能は非常に高く、アクセルオンからの素早い加速を実現できます。

メーカー
モチュール(Motul)
ブランド
モチュール(Motul)
モデル名
13107050
商品モデル番号
104001
商品の重量
17.9 kg

3.Castrol TRANSMAX FE

カストロール(Castrol) Castrol TRANSMAX FE

14,855円〜(税込)

TRANSMAX FEは、イギリスの老舗潤滑油メーカーであるCastrolが提供するATFです。

自動車だけでなく工作機械、船舶など幅広い業種にオイルを供給するメーカーが編み出した独自技術「スムーズドライブテクノロジー」を採用しており、スムーズなATF変速、高い動力伝達性、耐摩耗性などに優れています。(社)自動車技術会の性能規格であるJASO 1A-LVに適合し、近頃増えてきた低粘度ATF指定車にも対応しています。

メーカー
カストロール(Castrol)
ブランド
カストロール(Castrol)
モデル名
3370228
梱包サイズ
37 x 31 x 31 cm; 20 Kg
商品モデル番号
3370228
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
APIグレード
JASO 1A LV 全合成油
商品の重量
20 kg

4.SUNOCO BRILL RACING ATF

SUNOCO SUNOCO BRILL RACING ATF

39,900円〜(税込)

SUNOCO BRILL RACING ATFは、日本サン石油が提供するATFです。

このATFの特徴は、レース向けオイルとして、高い動力伝達性に特化したオイルといえます。また、全化学合成オイルのため、耐久性にもすぐれています。

主にATのスポーツ車やATでサーキット走行をする車両におすすめのATFであり、変速フィールの良さによる乗り心地の快適性より、高い加速性やタイムアップなどを目指す方におすすめできる製品です。

カテゴリー
FULL SYNTHETIC AT レーシングオイル

5.NUTEC ZZ-52

NUTEC NUTEC ZZ-52

44,000円〜(税込)

NUTEC社は、自動車の潤滑オイルやケミカル製品などを提供する日本メーカー。

NUTECが提供するZZ-52は、乗り心地の良さを目指したATFです。通常のATFと比較すると、低フリクションによる滑らかなシフトフィーリングが可能。さらに高電動効率や極圧性による素早い加速性能、100パーセント化学合成油による耐熱、耐酸化性に優れたオイルです。

ZZ-52は上質な走行フィーリングを実現できるアイテムですので、高級車などに向いたATFといえるでしょう。

メーカー
NUTEC
ブランド
NUTEC
モデル名
ZZ52
梱包サイズ
37 x 30 x 30 cm; 2 Kg
商品モデル番号
ZZ52
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
純正品番
ZZ-52
粘度
ATF/CVTF
商品の重量
2 kg

編集部おすすめのATFオイル9選

オートマ車の性能を効率的に引き出してくれるATFオイルは、車との相性もありますがメーカーや種類によって車の走りに大きな差が表れます。

ここでは特に人気が高いATFを9種類厳選して紹介します。 それぞれに特徴があるので、自分が求める走りに合ったATFを選んで愛車に使用してみて下さい。きっとこれまでとは違った走りを体感できることでしょう。

1:アイシン「AFW+」

アイシン精機 アイシン精機「ATFワイドレンジ AFW+(ATF6020) 20L」

10,760円〜(税込)

摩擦特性とジャダー防止性に優れたATFオイル

一般オートマ車とスリップコントロール付きオートマ車にも対応しており、摩擦特性とジャダー防止性に優れたおすすめATFです。

D-Ⅲ/MERCON規格に合格した高い性能を持ったATFオイルです。 CVT車や特殊AT車、トロコイド式AT車など、対応していない車もあるため、事前に対応車種かどうか確認してから使用することをおすすめします。

メーカー
アイシン精機
モデル名
ATF6020
型番
アイシン AFW+
容量
20L
規格
D-Ⅲ/MERCON
対応車
AT車全般、スリップコントロール付きAT車

2:NUTEC 「ZZ-52」

NUTEC NUTEC「エステル系化学合成高性能ATF 20L」

44,000円〜(税込)

全てのAT車とCVT車に使用できる高機能ATFオイル

全てのATおよびCVTに使用できる高機能ATFで、通常のATFに比べて低フリクションで高い極圧性、高伝達効率、高温粘度の安定化、さらには優れた耐酸化性などを持ったおすすめATFです。

安定した伝達力を誇ったATFで、トルクの伝達能力が向上して加速性能やシフトショッキングの軽減、燃費向上が図れます。

メーカー
NUTEC
モデル名
ZZ52
容量
20L
規格
不明
対応車
AT車全般、CVT対応

3:トヨタ「オートフルード D-Ⅱ」

TOYOTA/トヨタ ☆トヨタ純正ATF オートフルード D-Ⅱ

3,323円〜(税込)

安心のトヨタ純正高性能ATF

トヨタ純正のATFオイルで、GMのDEXRONⅡ規格に相当するおすすめの高性能フルードです。

GMタイプのオートマチックとトランスミッション用オイルです。 高性能を低価格で提供する、コストパフォーマンスに優れたATFオイルです。トヨタ純正の安心感と伝統を低価格で買えるため多くのファンがいる人気のATFオイルです。

ブランド
TOYOTA/トヨタ
商品モデル番号
08886-00305

4:TAKUMI「モーターオイル」

TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN) TAKUMIモーターオイル「エンジンオイル ATF 4L 化学合成油」

6,626円〜(税込)

HIVI仕様でAT車に適した高性能ATF

DEXⅢ/JASO 1A性能規格をクリアしたATFで、HIVIを使用することでAT車に適した粘度特性を発揮してくれるおすすめのATFです。

AT車に重要なトルクコンバーター内の摩擦特性に優れており、低温域から高温域まで常に安定したトルク伝達が可能です。 ベースオイルは100%化学合成油(Synthetic HIVI Base)を使用しています。エンジン出力を効率的に車輪に伝えます。

メーカー
TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)
モデル名
ATFD03-00401
容量
4L
規格
DEXⅢ/JASO 1A
対応車
AT車全般

5:DAIHATSU「アミックス ATFオイル DII」

ダイハツ ダイハツ「純正 AT アミックス ATFオイル DIII 4L」

4,200円〜(税込)

GMのデスクロンⅢ規格のダイハツ純正ATF

ダイハツ純正の製品で、GMのデスクロンⅢ規格に相当する高性能なATFオイルです。ダイハツ純正品の安心感と確かな性能で、ほとんどのAT車に対応しており、動力伝達や油圧制御、摩擦制御さらには潤滑等の改善を図れるATFです。

10万kmを目安に交換することをおすすめします。CVT車の場合は5万kmを交換目安と考えましょう。

メーカー
ダイハツ純正
モデル名
08700-K9005
型番
DAIHATSU アミックスATFオイルDⅡ
容量
4L
規格
GMのデスクロンⅢ
対応車
AT車全般

6:NUTEC「ZZ-51改」

NUTEC NUTEC「高機能オートマチックトランスミッションフルード InterCeptor DF-TF 1L」

3,300円〜(税込)

AT車のイメージを変える高機能ATFオイル

AT車のイメージを変えるおすすめ高機能ATFで、すべてのAT車とCVT車に使用できます。一般的なATFに比べて低フリクション、高い極圧性、高伝達効率、高温粘度の安定化および優れた耐酸化性などを持っています。

1L缶と20L缶が揃っているので、必要な容量を購入できます。ダイレクトでスポーティな走行感覚を実現するおすすめのATFです。

メーカー
NUTEC
モデル名
450451
型番
NUTEC ZZ-51改
容量
1L、20L
規格
不明
対応車
AT車全般、CVT車

7:JDA「スーパーマルチグレード ATF-IV」

JDA JDA「スーパーマルチグレード ATF-IV 4L トヨタ T-IV準拠」

3,820円〜(税込)

トヨタT-Ⅳ準拠の高性能ATF

全合成基油仕様のおすすめATFで、トヨタのT-Ⅳ準拠適合した高性能なATFです。

動力の伝達やシフト制御、部品の潤滑油、トランスミッションの冷却・洗浄などの大切な役割を果たします。 ほとんどのAT車に対応しており、シフトチェンジがスムーズで燃費の改善が図れるおすすめのATFです。

メーカー
JDA CO.,LTD.
商品モデル番号
ATF-IV4L
容量
4L
規格
トヨタT-Ⅳ
対応車
AT車全般

8:NISSAN「ATFオイル マチックフルード D 4L KLE22-0000401」

NISSAN(ニッサン) 日産「純正 ATFオイル マチックフルード D 4L」

3,610円〜(税込)

日産の新車にも使用されている純正ATFオイル

日産の純正ATFオイルで、電子制御車や電子制御フルロックアップ車、電子制御フルレンジE-AT車の新車に充填されているおすすめの高性能ATFです。

ほとんどのAT車に対応しているという特徴もあります。 日産車に標準使用されてるATFなので、安心して使用できます。発進時や変速時のATの動きがスムーズになり、燃費向上にもなります。

メーカー
NISSAN(ニッサン)
モデル名
KLE22-0000401
容量
4L
規格
不明
対応車
AT車全般

9:カストロール「ATF Dex III」

カストロール(Castrol) カストロール オートマチックトランスミッションフルード ATF Dex III 1L部分合成油 DEXRON III-H適合

1,298円〜(税込)

カストロールの輸入AT車専用ATF

デキシロン・マーコン指定の輸入AT車や一部国産車用のおすすめATFです。優れた高温酸化安定性によりトランスミッション内部のスラッジ発生を抑制して安定した変速特性を長期間保持します。

DEXRON ⅢーH適合の部分合成油で、低温粘度特性の向上によって優れた始動性とスムーズで確実な変速を実現します。適応車かどうかはよく確認してから使用しましょう。

メーカー
カストロール(Castrol)
商品モデル番号
3370220
推奨
デキシロン・マーコン指定の輸入AT車

ATFの交換方法4つ

一般的にはATFを交換する作業は専門の整備工場に任せるケースが多いと思いますが、自分で交換作業をすることもできます。慣れない人には難しい作業ですが、少し慣れた人なら個人で交換できるのでやり方をチェックしてください。これからATFの具体的な交換方法について詳しく解説します。

ATFの交換方法1:吸引方式

ATFの交換法の1つ目は、ATFレベルゲージにオイルチェンジャーを接続して新しいオイルを循環させて交換する吸引方式です。 誰が交換作業をしてもバラツキがないという特徴がありますが、オイルの交換率は次に紹介する圧送式の半分程度です。

ATFの交換方法2:圧送式

ATFの交換方法の2つ目は、オイルクーラーラインから圧力をかけてオイルを強制的に排出して循環させる圧送式です。

オイルの交換率が高いことが特徴ですが、圧力をかけて循環させるので長期間オイル交換していない場合は不純物を循環させてしまう危険もあります。

ATFの交換方法3:手動

ATFの交換法の3つ目は、手動オイルチェンジャーを使って自分で交換する方法です。 次に紹介する下抜きはエンジンの底の部分にあるオイルパンに設置されたドレンボルトを外してオイルを排出しますが、外車はドレンボルトがない場合もあり、上から手動で抜かないといけないこともあります。

手動オイルチェンジャーは自転車の空気入れのようにポンピングしてオイルを吸い上げる方法です。自分でも割と簡単にできるので試してみて下さい。

ATFの交換方法4:下抜き

ATFの交換方法の4つ目は、車をジャッキアップしてATトランスミッションの下部にあるドレンからオイルを抜いて、同量の新しいオイルを足す、下抜きという方法です。

オイルパンに溜まった量しか交換ができないので、数回に分けて作業をする必要があります。

おすすめのATFを知ろう

オートマ車に乗っている人は定期的にATFを交換することで、長く愛車に乗り続けられることを知っておきましょう。適切にATFを交換することで、ギアチェンジをスムーズにして燃費向上にもなります。

おすすめの人気ATFを10種類紹介したので、自分の車に適したATFを選んで定期的に交換してみてください。頑張れば自分でATF交換できるので、やり方を参考にしてチャレンジしてみるのもいいでしょう。

石川 浩二|いしかわ こうじ

自動車とIT関連の仕事をしているプライベートチューナー。整備士免許も取得済みで、専門知識にも長けています。

石川 浩二
商品詳細