車のATFとは?定期的に交換すべきなの?

エンジン

オートマチックトランスミッションを正常に動作させるために必要なATFですが、その交換については、2万、7万、10万キロごと、交換の必要なし、などさまざまな意見があります。いったいどれが正しいのか、ディーラー勤務時代の実体験も交えて紹介していきます。

文・赤井福

Chapter
そもそもATFってなに?
油脂類なのに無交換はなぜ?
交換したらどうなる?

そもそもATFってなに?

クルマの各機関には、さまざまな油脂が使われています。代表的なものはエンジンオイルやデフオイルなどの潤滑油、フルードなどの作動油、グリースなのど潤滑剤で、ATF(オートマチック トランスミッション フルード)は、作動油に分類されます。

一般的に新品状態のATFは綺麗な赤色をしており、汚れによってどんどん黒ずんでいきます。エンジンオイルなどと違い、レベルゲージなどで油量や汚れを簡単に確認することはできませんが、ATFが劣化してくると、燃費が悪化したり、ギアが入りにくくなる、変速ショックが大きくなるなどの症状があらわれます。

油脂類なのに無交換はなぜ?

プリウスやアクアなどのCVTから、レクサスIS、GS、LSなどの多段式ATまで、車両の取扱説明書のATF(CVTF)の欄には、「交換が必要な際は販売店にご相談ください」との注意書きがあります。

その他の油脂は使用する粘度や容量まで細かく記載されているにもかかわらず、ATFは油脂銘柄と容量のみ。これでは、お客様から問い合わせを頂いても変更に困ります。

そこで、サービスエンジニアにATF交換について尋ねると「交換の必要はない」との答えが返ってきました。

理由は、クルマの部品のなかでももっとも緻密で繊細なATは、修理のために分解整備をすることが難しく、基本的に不具合が出ればまるごと交換をする部品であること。ATFの交換により、内部に微細な異物が混入したり、ATのコンディションが変わるほうが、リスクが大きいこと。

またメーカーでは、ATFは劣化が遅い油脂類であることから、ATが寿命を迎えるまでの間、交換の必要はない旨をアナウンスしています。

実際にディーラー在職中にATF交換をした例は数えるほどしかなく、ATやCVTに不具合が発生した場合は、ほとんどがASSY交換をしていました。

<次のページに続く>
次ページ
交換したらどうなる?