【TAS2022】株式会社ブリヂストンは『走るわくわく』を提供しつづける想いを展示で表現

TAS2022

株式会社ブリヂストンは、2022年1月14日(金)~16日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「TOKYO AUTO SALON 2022(東京オートサロン)」に出展します。

今回の東京オートサロンでは、「10年後、20年後にも『走るわくわく』を提供しつづける」というブリヂストンの想いを、「断トツ商品」※1であるプレミアムブランドのタイヤと車両の展示、およびトーク映像などを通じて表現しています。

Chapter
10年後、20年後にも「走るわくわく」を提供しつづけるために

10年後、20年後にも「走るわくわく」を提供しつづけるために

サーキットをモチーフにしたブースでは、ブリヂストンのモータースポーツを通じて研鑽を続ける技術力と、スポーツタイヤブランド「POTENZA」の「断トツ」※1の性能、当社の国内外における様々なモータースポーツの取り組みをご紹介しています。

さらに、ブース内のモニターやブリヂストン公式「YouTubeチャンネル」では、トップドライバーや著名人の方々が、モータースポーツの楽しみ、将来を語り合ったトーク映像をご覧いただけます。

また、ブースでは、近年増加しているオンロード領域のSUVをターゲットにした、ブリヂストンのプレミアムSUVタイヤブランド「ALENZA」のラインアップ、静粛性や快適性を重視したコンフォートタイヤ「ALENZA LX100」と運動性能を重視したスポーツタイヤ「ALENZA 001」も展示していました。

ブリヂストングループは、「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」というビジョンを掲げ、中期事業計画(2021‐2023)※2を実行しています。

コア事業であるタイヤ事業の更なる強化に向けてプレミアムビジネス戦略を推進しており、その中核を担う「断トツ商品」の開発においては、タイヤの限界性能を追求するモータースポーツを通じた技術の研鑽にもつとめています。

当社グループは、今後もモビリティ社会を支える一員として、「断トツ商品」と国内外での幅広いサステナブルなモータースポーツ活動を通じて、クルマ文化、モータースポーツ文化の発展に貢献していくとのことです。

【主な展示・配信映像】

<タイヤ・ホイール>
■スポーツタイヤブランド「POTENZA」の商品ラインアップおよび4輪モータースポーツに供給するPOTENZA RACING TIRE
■プレミアムSUV向けタイヤブランド「ALENZA」の商品ラインアップ
■スポーツ車両向け「POTENZA」および「Prodrive」※3ブランドのプレミアムホイール

<車両>
■Nissan Z GT500※4 (装着タイヤ:POTENZA RACING TIRE)
■Toyota GR86 (装着タイヤ:「POTENZA RE-71RS」)
■BMW M4 クーペ Competition※5 (装着タイヤ:「POTENZA S007A」)
■Mercedes-Benz EQA250 (装着タイヤ:「ALENZA LX100」)

※1 「断トツ」とは企業としての目標を指します。

※2 中期事業計画(2021-2023)進捗
https://www.bridgestone.co.jp/ir/library/strategy/index.html

※3 「Prodrive」ブランドのホイールは、ブリヂストンリテールジャパン株式会社(以下、BRJ)が、英国のProdrive社よりライセンス契約を受けて販売しています。BRJが販売する「Prodrive」商品は全てBRJ(及びBRJが製造委託したパーツ制作業者)が製造するものです。


※4 TEAM IMPULのSUPER GT参戦車両


※5 BMW M PERFORMANCE PARTS装着車