走行しながら充電するタイヤ?東京モーターショー2019のブリヂストンブースは興味深いタイヤがいっぱい!

第46回東京モーターショー2019の南展示場4階には様々なタイヤメーカーが展示を行っています。その中の一つブリヂストンには興味深い研究と展示が行われていたのでご紹介します。

文/写真・栗原 祥光

Chapter
エアレスタイヤ、走行しながら充電するタイヤなどブリヂストンブースをチェック
TMS2019 ブリヂストン 栗原 祥光

エアレスタイヤ、走行しながら充電するタイヤなどブリヂストンブースをチェック

TMS2019 ブリヂストン 栗原 祥光

まず最初は「走行しながら充電するタイヤ」。こちらは東京大学大学院と研究しているもので、道路に埋め込まれたコイルの上を通過すると、インホイールモーターへのワイアレス給電を行うというものです。スマホのQi充電のように、走りながら充電できれば、電気自動車最大のウィークポイントである「充電時間」が大幅に短縮できるかもしれません。

TMS2019 ブリヂストン 栗原 祥光

次に「月面探査用タイヤ」。これはJAXAとトヨタ自動車との共同開発をしているもので、月面有人探査機に使われる予定とのこと。真空状態でかつ悪路、さらに温度差の激しい環境で走行するために、さまざまな技術が詰め込まれているようです。

TMS2019 ブリヂストン 栗原 祥光

上記2つも注目ですが、ブース内で見逃せないのが、世界初の新素材「サシム」を使ったエアレスタイヤ。サシムはゴムと樹脂を分子レベルで結びつけた世界初のハイブリッド素材HSR(ハイストレングスラバー)で、天然ゴムと比較すると亀裂性が5倍以上、耐摩耗性2.5倍以上、引っ張り強度1.5倍以上と強靭。さらにゴムは1度切れたり、破れたりすると修復できませんが、このサシムは熱を与えると復元するというから驚きです。サシムでタイヤを作れば、走行中に釘やビスを踏んでも、温めれば治るかもしれません。

TMS2019 ブリヂストン 栗原 祥光

ブリヂストンブースでは、タイヤの新製品として、ドライ性能を向上させるとともにウエットとコンフォート性能にも配慮したポテンザS007Aをはじめ、静粛性・乗り心地・運動性能を高次元でバランスさせたレグノ GR-XIIそして、スタッドレスタイヤのブリザックVRXIIなどを展示。ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

栗原 祥光

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光