ヤマハ、モトクロス競技用バイクの2020年モデルを発売

エンデューロモデルのYZ250FXはフルモデルチェンジ、モトクロスモデルのYZ450Fはマイナーチェンジとなります。

Chapter
2020年モデルを発売
クロスカントリー・エンデューロ向け競技用モデル
モトクロス向け競技用モデル
キッズ向けファンバイク

2020年モデルを発売

エンデューロ

ヤマハは6月19日に、クロスカントリー・エンデューロ向け競技用の2020年モデル4機種のほか、モトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2020年モデルを7機種と、共通イメージのカラー&グラフィックを採用したキッズ向けファンバイクの2020年モデルを、それぞれ8月20日(YZ250FXのみ9月20日)より順次発売します。

クロスカントリー・エンデューロ向け競技用モデル

ヤマハ YZ250FX

エンデューロ向け競技用モデル4機種のうち、今回フルモデルチェンジを行う「YZ250FX」は、新作のアルミ鋳造ピストンを採用したエンジンを搭載しました。フレームはYZ250Fと共通化してギャップ走破性を高め、サスペンションはYZ250F用をベースにエンデューロレースに合わせたセッティングとしています。

また、軽量・コンパクトで再始動が容易なセルフスターターを搭載したほか、スマートフォンでエンジンセッティングが可能なパワーチューナーや、耐久性の向上を主眼にした大容量クラッチなどを採用。レースでの戦闘力を向上させています。

メーカー希望小売価格は税込で「YZ450FX」が105万8,400円、「YZ250FX」が91万8,000円、「YZ250X」が73万4,400円、「YZ125X」62万6,400円。発売日は「YZ450FX」「YZ250X」「YZ125X」の3機種が8月20日、「YZ250FX」が9月20日となっています。

モトクロス向け競技用モデル

ヤマハ YZ450F

モトクロス向け競技用モデル7機種のうち、今回マイナーチェンジを行う「YZ450F」は、マグネシウム部材の割合を増やして軽量化したエンジンや、肉厚とエンジン懸架ブラケットの材質・形状を見直し剛性バランスを最適化したバイラテラルビーム・フレームを採用。また、走行中に左ハンドルの操作でエンジン特性の変更が可能な「モードスイッチ」などを採用し、レースでの戦闘力向上を実現しています。

メーカー希望小売価格は税込で、「YZ450F」が105万8,400円、「YZ250F」が87万4,800円、「YZ250」が72万3,600円、「YZ125」が61万5,600円、「YZ85LW」が50万7,600円、「YZ85」が49万6,800円、「YZ65」が48万6,000円となっており、発売日は全機種8月20日です。

キッズ向けファンバイク

ヤマハ PW50

体重25kg以下の子ども向けオフロード入門モデルである「PW50」は、スロットルを回すだけで走るオートマチックエンジン、軽量・小柄な車体、メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、自転車と同じ操作の左右レバー式のハンドブレーキなどが特徴です。

メーカー希望小売価格は税込で17万2,800円で、発売日は8月20日となっています。