チューニング界の雄、HKSが手がけたハイスピードステーションワゴン

無題

1973年、レース用エンジン、エンジンパーツの開発・製造および販売を目的に設立されたエッチ・ケー・エス。1982年には、F-CON、ターボタイマー、EVCといった電子部品をリリース、チューニングにおける定番商品となったほか、現在では、ターボキット、サスペンション、エキゾーストシステムなど開発・リリースし、多くのファンを獲得している。日本のチューニングシーンを牽引してきたHKSの提案するレヴォーグチューニングとは?

Chapter
シンプルチューニングをレヴォーグに施す。
HIPERMAX MAX Ⅳ GT
Super Turbo Muffler
Flash Editer
SUPER HYBRID FILTER

シンプルチューニングをレヴォーグに施す。

HIPERMAX MAX Ⅳ GT

上質さで定評のあるHKSのサスペンションキット。
ハイパーマックスシリーズのなかでもストリートユースを前提にセッティングが施されたアイテム。
ノーマルで感じられる街中領域での突っ張り感を解消させつつ、しっとりしたロール感としっかりした接地感を確保。
上質かつ心地よい走りを実現しています。

<次のページに続く>
次ページ
Super Turbo Muffler