マッハ車検の口コミ評判や特徴は?「マッハタッチ」で安心・明瞭?

車
愛車を車検に出すとき、適切に扱われているかどうかはユーザーからは判断がつかないものです。

点検の内容も費用も説明不足で、モヤモヤした経験がある人もいるのでは。

その不安、マッハ車検の「マッハタッチ」なら解消できるかも!

タッチパネルの操作で、車検の様子はリアルタイムに確認が可能です。

今回はマッハ車検の評判や特徴をまとめました。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
マッハ車検とは?
マッハ車検の「マッハタッチ」の特徴
マッハ車検を利用するメリット
マッハ車検を利用するデメリット
マッハ車検が向いている人
マッハ車検が向いていない人
マッハ車検の評判
マッハ車検の料金はどのくらい?
マッハ車検の車検スピードは?
マッハ車検の利用方法
マッハ車検は2022年顧客満足度No.1!
わかりやすく、満足度の高い車検ならマッハ車検!

マッハ車検とは?

マッハ車検の運営会社は、株式会社マッハです。

「車を愛する全てのユーザーに安心してお任せいただけるトータルカーサポート」を提案する企業で、カーライフ全般を支えています。

マッハ車検では法定56項目点検にプラスして、独自の44項目を点検します。合計100項目の点検で、徹底的に車の状態をチェックしてくれるのが特徴のひとつ。

さらにチェック項目はシートにしてユーザーへ渡されるので、あとからゆっくり車の状態を理解できます。

「最低限の検査だけではちょっと心配」という人でも安心して車検を受けられるのがメリットです。

業界初の車検システム「マッハタッチ」

マッハ車検の大きな特徴は、「マッハタッチ」を使った車検システム。

タッチパネルの操作で、車の状態や整備状況を一目で確認することができます。

交換部品についてもマッハタッチで説明を受けられ、会計時に不明瞭な整備費を請求されることもありません。

マッハ車検の「マッハタッチ」の特徴

それではマッハタッチの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

マッハ車検では、車検中の間、1人1台のモニターが貸し出されます。

利用者は店内でモニターを確認しながら、車検の様子をチェックする仕組みです。

普段はなかなか見ることのできない整備の様子を確認できるチャンスです。

公式サイトではマッハタッチの疑似体験ができるアニメーションも用意されているので、気になる人は一度試してみてくださいね!
マッハタッチの特徴について、まとめました。

特徴①:車検中もライブカメラで愛車を確認

車検では、車は整備工場に預けられます。

一般的な車検の場合、メカニックがどんな整備を行っているのか、リアルタイムで確認することはできません。

事前、もしくは事後の説明を聞いて、車の状態を知ることになります。

しかし、いつの間にか不要なパーツ交換が行われたりして、車検後にトラブルになることも。

マッハタッチではそうした不安を解消するため、リアルタイムで車検を確認できるようになっています。

ライブカメラで映し出される事前点検では、整備スタッフが完了した検査の結果を端末に入力します。

ユーザーのモニターには検査結果が反映され、車の状態がすぐにわかる仕組みです。

特徴②:タッチパネル操作で部品の状態をチェック

マッハタッチで確認できるのは、検査結果だけではありません。

整備や部品交換が必要な個所には、その理由や交換の提案が表示されます。

各部品は青・黄・赤の信号色で表示され、交換の必要性の高い部分がすぐにわかるのもポイント。

もちろん、事前点検後にはスタッフがモニターを使い、改めて結果の説明をしてくれます。

不明点を質問し、やはり整備が必要だと判断した箇所は、作業の追加を依頼しましょう。その後は法定点検などの車検に入ります。

車検の様子もモニターで確認することが可能です。車が整っていく様子をライブカメラで眺めながら、ゆっくり過ごすのもおすすめです。

特徴③:会計も一目瞭然

マッハタッチでは、部品交換や整備にかかる費用も確認することができます。

精算の段階になって費用が追加されることもないので、慌てずに済むのも嬉しいところ。

万が一車検に不合格となった場合も、再びモニターを見ながら丁寧に説明をしてもらえます。

必要な整備も予算に合わせて相談できるので、車検が通るかどうか不安なときも、まずは相談してみましょう。

再検査が必要な場合は、改めて入庫・整備が必要になります。

いずれの場合も、ユーザーから依頼のない整備や点検は行われません。

明瞭会計で精算時に不安になることがない点は、車検に不慣れな人にとってもありがたいメリットです。

マッハ車検を利用するメリット

ほかの車検にはない画期的なシステムを採用したマッハ車検。

ほかにはどんな特徴があるのでしょうか。

ここではユーザーの口コミや評価をもとに、マッハ車検を利用する3つのメリットをまとめました。

メリット①:愛車の状態を確認できる

マッハ車検の利用者の口コミでは、やはりマッハタッチに対するコメントが多く寄せられています。

「車の様子や部品の状態が確認できた」という人や、「楽しい」という声も。

たしかに、モニターで車検の様子がひとつひとつ確認できるのは、ほかではできない体験です。

おでかけの前に家族で車検を受ければ、お子さんも楽しんでくれるかも!

車には毎日乗るけれど、整備には詳しくないという人も多いはず。

この機会にプロの仕事や点検箇所を確認することで車に対する理解が深まり、日ごろのお手入れにも役立つかもしれません。

また店内にはフリードリンクやキッズスペース、雑誌も完備されています。

ソファでゆっくりくつろぐもよし、車検の様子をしっかりチェックするもよし。

その人にあった過ごし方ができるのも、マッハ車検の特徴です。

メリット②:料金が明瞭

マッハ車検では、車検料金もモニターで確認できます。

整備内容や交換した部品もあわせて説明が読めるので、不明瞭な費用が発生しないのがメリット。

車検ではたくさんの整備が行われます。車の部品になじみがない人にとって、その内容を理解するだけでも大変な作業です。

マッハ車検ならモニターで会計の内容が見られるのでわかりやすく、ユーザーからも高く評価されています。

ネットで車検シミュレーションもできるので、事前に金額の目安を知りたい人にもピッタリです。

さらに2台同時ならペア割引、2回目の利用ならリピーター割引など、お得なサービスも用意されています。

法定費用以外はクレジットカードや電子マネーでの支払いもOK。普段どおりの支払い方法を選べるのもうれしいですよね。

メリット③:早い! 安い!

車検中は、車を預けなくてはなりません。毎日車を使う人は代車を借りることになります。

慣れない代車の運転はストレスになるうえ、追加で費用がかかることも。車検の際には、所要時間が短いことも重要です。

マッハ車検が多くのユーザーから支持される理由のひとつは、作業完了までの時間が早いことにあります。

事前点検から車検まではわずか1時間程度の所要時間で、全体でも半日ほどで車が納車されます。

休日を1日つぶさなくてよいのは助かりますよね!

さらに車検費用が安いことも、ユーザーの満足度を高めています。

早く、安く、点検箇所はしっかり可視化してくれることが、マッハ車検を利用する最大のメリットです。

マッハ車検を利用するデメリット

利用者からの評判の良いマッハ車検ですが、車検に求める要素は人によって違います。

場合によっては、マッハ車検の利用がおすすめできないケースもありそうです。

次はマッハ車検を利用する際のデメリットについて、紹介します。

デメリット①:混雑時は対応が雑なスタッフも

たくさんの人が利用するマッハ車検では、スタッフも大忙し。

店舗によっては一人ひとりにきめ細やかな対応をするのが難しいこともあるようです。

車の状態は良くなっても、説明不足や愛想のない接客ではイヤな気分になってしまいますよね。

マッハ車検に限らず、スタッフの対応は店舗や日によっても違うもの。

たまたま相性の悪い店員にあたってしまうことは、どの企業でもありえます。

特にマッハ車検のような、早さと安さに重点を置く車検サービスでは、効率が良すぎて「接客がそっけない」と感じる人もいるかもしれません。

気分の良い接客と徹底したサービスを求めるのであれば、やはりディーラーでの車検を利用したほうが良いでしょう。

ディーラーは車のプロとして、愛車を最良の状態に保つのが仕事です。古くなりつつある部品は予備的な交換もしてくれます。

ただしそのぶん費用は高くなる傾向にありますので、どちらを重視するかはきちんと考える必要がありそうです。

デメリット②:予約が取りづらい

マッハ車検では、まずネットか電話で予約を行います。

ネットからの予約で割引になる場合もありますので、特に理由がなければ、サイトからの予約がおすすめです。

けれど実際に予約を取ろうと思ったら、希望の日程がすでに埋まっていたという人もいます。

1つの店舗が1日に受け入れられる車には限りがあります。

1回の車検が早く終わるぶん多くのユーザーが利用できるとはいえ、「いつでも好きなときに」とはいかないのが現状のようです。

予約の取りづらさは、地域によっても異なります。人気が高い店舗であれば、それだけ予約も競争状態になりやすいものです。

マッハ車検を利用するときは日程に余裕をもって予約しましょう。

デメリット③:店舗数が多くない

マッハ車検を利用するもうひとつのデメリットは、店舗数が少ないことです。

現在、マッハ車検の店舗は全国に約70を数えます。

発足からまだ20年ということを考えると順調に店舗数が伸びているという印象ですが、ユーザーにとって利用しやすいといえる数にはまだ届いていません。

数が少なければ、予約も取りづらくなります。1つの店舗に利用者が集中すれば、スタッフの対応も行き届かなくなるかもしれません。

店舗数の拡大は、マッハ車検の欠点を補うためにも急務であると言えそうです。

2024年、マッハ車検の店舗数は全国に100店補に達する見通しです。

近い未来に店舗がもっと増えれば、マッハ車検はより利用しやすい車検になっていくかもしれませんね。

マッハ車検が向いている人

次はマッハ車検の特徴を整理しながら、利用が向いている人について検討してみましょう。

マッハ車検の特徴は、マッハタッチを使った革新的な車検にあります。

「点検中の車の状態をリアルタイムで確認したい」という人には、ぜひ体験してほしいシステムです。

また「早く、安く車検を済ませたい」という人にもマッハ車検がおすすめ。

マッハ車検が向いていない人

一方で丁寧な検査と対応で隅々まで車の状態を整えてほしいという人は、必ずしも満足のいく車検が受けられるとは限りません。

また、普段からディーラーの車検に慣れている人にとってもマッハ車検のシステムは簡略過ぎると感じられる可能性があります。

自分がどんな車検を受けたいのか、何を重視するのかを踏まえたうえで、車検を選びましょう。

マッハ車検の評判

マッハ車検は独自のシステム「マッハタッチ」を採用し、ユーザーの満足度の高い車検を実施しています。

所要時間も短く、費用も安いと評判の良い車検サービスです。

スタッフの対応も良く、割引やオイル根幹が無料になるクーポンでさらにお得になるなど、うれしい特典も盛りだくさん。

「不要な整備を勧められることもなかった」というコメントも寄せられています。知名度が高く、信頼性が高い企業であることもポイントです。

一方で悪い評判としては「予約時間に行ったのに待たされた」という声がありました。利用者が多いぶん、混雑することもあるようです。

また「工賃が高く、トラブルもあった」など、店舗によっては対応が良くないこともあるようです。

さらに必要最低限の検査のみを行う車検なので、すぐに交換したほうが良い部品以外は整備されません。

マッハ車検の料金はどのくらい?

車検を受ける前にまずは料金を知りたいときには、シミュレーションが便利です。

マッハ車検のサイトでは、「車検料金シミュレーション」が用意されています。

車体重量やオプション、適用される割引を選択するだけでおおよその車検料金が表示される仕組みです。個人情報の入力もないので、安心して利用できます。

たとえば「軽自動車」「エンジンオイル交換」「バッテリー交換」「マッハ会員割引」なら、45,160円です。

とはいえ、これは飽くまで簡易的なもの。もう少し正確な費用を知りたいときには、そのまま店舗へ見積依頼を出すこともできます。

見積もりは無料なので、まずは気軽に試してみましょう。

マッハ車検の車検スピードは?

マッハ車検では整備前の点検後、20分程度の提案を経て車検を行います。

車検にかかる時間は最短で45分。検査に合格すれば、そのまま愛車に乗って帰宅することが可能です。

最初の受付や清算の時間をあわせても、2時間以内にはすべて終了する流れです。

すべての段階がスムーズに済めば、お出かけ前に車検を受けることもできそうですね。

ただし、これは検査が問題なく済んだときの目安です。

部品の交換や追加の整備があった場合には、もう少し時間がかかります。

さらに店舗の混雑具合によっては、待ち時間が発生するかもしれません。

念のため、時間の余裕をもって車検を受けたほうが良いでしょう。

マッハ車検の利用方法

初めての車検では、なにをすれば良いのかわからずに戸惑う人も多いかもしれません。

特にマッハ車検は独自のシステムを採用しています。車検の前に全体の流れを知っておくと安心ですよね。

受付から引取までの、マッハ車検の流れをまとめました。

①必要書類を揃えて店舗へ向かう

電話やネットから予約をした後は、必要な書類をそろえ、当日は車で店舗へ向かいます。

必要なものは下記の3つです。
  • 自動車車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険
ホイールロック利用者は、「ロックナットアダプター」も用意してください。

②事前点検

店についたら、受付を済ませます。車に気になるところがある場合は入庫時に伝えてください。

車を点検に出し、利用者は店内で待ちます。

点検の最中はドリンクを飲んでくつろいだり、モニターで車を確認したりして過ごしょう。インターネットも利用できますよ。

③点検内容の説明

点検が終わったら、スタッフから車の状態について説明を受けます。

気になることがあれば質問し、不明瞭な点を解消したうえで、車検に臨みます。

追加の整備を希望する場合は、ここで相談します。

④車検

車の整備が始まったら、再び店内で待機しましょう。

30分程度で終わることも多いようです。

車検の様子も、モニターでチェックすることができます。

すべての整備が終わったら、精算をして終了です。仮車検証が発行されますので、そのまま愛車を運転して帰宅できます。

車検に不合格となった場合には、改めて整備の日程や内容の説明を受けましょう。

マッハ車検は2022年顧客満足度No.1!

利用者7,673人に調査した2022年オリコン顧客満足度ランキングでは、調査対象企業32社のうち、マッハ車検は第1位!

ユーザーから高い評価を受けました。

審査項目は「予約のしやすさ」「店の利用のしやすさ」「店の雰囲気・清潔さ」など、すべての項目で1位を獲得。

なかでも「車検時間の正確さ」では82.5点と高得点を取得しています。

2年に1度の車検は実際に利用する機会が少なく、どの企業が良いのかは口コミや評判も大きな判断材料になります。

すべての項目で顧客満足度No.1となったマッハ車検なら、いままでの車検に満足できなかった人でも安心して利用できそうです。

わかりやすく、満足度の高い車検ならマッハ車検!

「マッハタッチ」を利用した業界初の車検システムを採用している、マッハ車検。

車検の様子をリアルタイムで確認できることは、ユーザーの満足度に大きく貢献していました。

費用が安く、所要時間も安いので「できるだけ手軽に車検を済ませたい!」という人にもおすすめ。

車検に迷っている人は、顧客満足度No.1のマッハ車検を検討してみてください。

デメリットは店舗数が少ないところ。住んでいる地域に店舗がないという人も多そうです。

しかし店舗数は徐々に増えています。もしかしたら、近くに新しいマッハ車検ができるかも。

画期的なシステムと店舗数の増大で勢いを増すマッハ車検で、満足度の高い車検サービスを体験してくださいね。

商品詳細