風邪薬を飲んで運転している方…違反ですよ!

タイトルを見て「?」と思った方も多いかと思いますが、風邪薬を飲んでの運転は厳密に言えば、道交法違反にあたります。いつも使っている風邪薬が、なぜ違反になってしまうのでしょうか?

Chapter
単なる風邪と考えてる方は注意
風邪薬を飲んで運転をしてはいけない理由とは?
罰則は?

単なる風邪と考えてる方は注意

薬

頭痛や鼻水、ノドの痛み、倦怠感など、風邪の症状を和らげるために、薬を飲んで運転されている方は少なくありません。なかには大事な用事のために、風邪薬を飲んで運転をするということもあるでしょう。

風邪は、判断力を低下させ、風邪を引いた状態での運転は、飲酒運転よりも危険という研究結果もあります。しかし、眠くなる成分の入った風邪薬などを服用して車の運転をすることは、道交法で禁止されています。

体調の悪い状態で車を運転したほうが、よほど危険なのでは?と思ってしまいますが、どうして違反になるのでしょう。

風邪薬を飲んで運転をしてはいけない理由とは?

運転

(過労運転等の禁止)
第66条 何人も、前条第一項に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。

このように道交法には、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態では、運転してはならないと記載されています。

風邪薬のなかには眠気を誘う成分が含まれているものがあることは、皆さんご存知だと思います。そういった薬を飲んで運転することは、”正常な運転ができないおそれがある状態”に抵触することになるのですね。

薬の副作用である眠気の症状は人によって違ってきますが、普段あまり眠気を感じないという方でも、体調が優れないときには思った以上に眠くなるということもありえます。運転前に風邪薬(市販薬)を服用するときは、パッケージに記載された注意書きや説明書を良く読んでから使用するようにしましょう。

また病院で処方される医療用医薬品の場合は、医師や薬剤師から注意があるはずです。不安な場合は、医師や薬剤師に確認するか、ネットなどの医薬品ガイドで調べてください。

薬を飲むことで体調が良くなり、すっかり治ったと思い込んでいる方も多いかもしれませんが、風邪薬は風邪を治す薬ではなくて、あくまで風邪による症状を和らげているだけ。効き目が切れれば、体調はもとに戻ってしまうかもしれません。

薬によって「気分が良くなった=正常に運転できる」というのは、錯覚だと思っておいたほうが賢明です。

罰則は?

風邪薬のほかに身近な薬で注意したいのは、花粉症などの方が服用する抗アレルギー薬があります。他には、鎮痛剤や胃腸薬にも、眠気を誘う成分が含まれているものがあります。それらを服用する際には、パッケージや説明書の注意書きをチェックしてください。

薬を飲んで眠くなってしまうような状況で運転した場合、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金刑が科せられるうえ、「麻薬等運転」が適用されれば25点の違反となり、免許取り消しになってしまいます。

運転時の体調管理もドライバーの義務。薬を飲んで運転する場合には、その副作用に十分注意して服用するようにしましょう。