燃費に驚き!ホンダ、新型シビックに大幅改良されたディーゼル搭載!

2017年9月に発売された新型シビックは、メーカーの月販目標を大幅に上回る受注が入っているといいます。そんなシビックの欧州モデルに、大幅に改良されたディーゼルモデルが追加され話題になっています。その内容を見てみましょう。

Chapter
シビックとは?
ディーゼルエンジンのスペックは?

シビックとは?

シビック ディーゼルモデル(欧州)

シビックは、1972年からホンダが販売しているモデルで、2017年に10代目へと進化。これまでさまざまなボディタイプが販売されてきましたが、現行モデルに設定されてるのはハッチバックとセダンの2種類です。

どちらもクーペのような傾斜の強いルーフになっており、スポーティなフォルムが特徴です。

現行モデルのボディサイズは、ハッチバックが全長4,520mm×全幅1,800mm×全高1,435mm、セダンは全長4,650mm×全幅1,800mm×全高1,415mm。世界戦略車ということもあり、日本基準で見ると3ナンバーサイズになっています。

ガソリンモデルは、1.0Lターボ(日本未発売)と1.5Lターボ、さらにハイパフォーマンスバージョンのタイプRに搭載される2.0Lターボを設定。加えて、2018年3月から改良された1.6Lディーゼルターボが追加される予定です。

この1.6Lディーゼルターボエンジンは、どれほどのポテンシャルを持っているのでしょうか?

次ページ
ディーゼルエンジンのスペックは?