なぜ軽自動車のナンバーは黄色なのか?

ナンバープレート

自動車のナンバープレートは、クルマの用途(自家用・事業用)や種類(軽自動車・普通乗用車、大型貨物など)によって色や大きさ、識別数字、ひらがなが決められています。

そのなかで、黄色に黒文字の軽自動車(自家用)用ナンバープレートは、もっとも目立ち、かつ車のボディ色に合わせにくい色と言われています。

いったいなぜ、軽自動車は黄色になったのでしょうか?



Chapter
ナンバープレートの色
なぜ軽自動車が黄色ナンバーに?
色を分けた理由は2つあった
軽自動車は黄色いボディカラーが人気?

ナンバープレートの色

一般的にナンバープレートといえば、白地に緑の文字を思い浮かべる方が多いと思います。これは、おもに自家用の小型・普通・大型特殊に与えられるもので、もっとも多く見られます。その色を反転(緑字に白文字)させたものが、タクシーや大型トラックなどを含む小型・普通・大型特殊の事業用です。

一方、軽自動車は前述した登録自動車以外の車両にあたり、高速道路料金をはじめさまざまな優遇措置が受けられます。ナンバープレートも一般的なプレートが自動車登録番号標に対し、車両番号標と呼ばれます。軽自動車のナンバープレートは、黄色地に黒文字が自家用、黒地に黄文字が事業用です。

なぜ軽自動車が黄色ナンバーに?

1974年(昭和49年)12月以前に登録された(360cc時代)軽自動車には、2輪車と同じサイズの白地に緑文字のナンバープレートが付けられていました。

その後、車両法施行規則の一部改正にともない、軽自動車のナンバープレートを被視認性の高い普通乗用車と同じサイズに変更。ところが今度は普通車と見分けがつかなくなったため、普通車と区別する目的でナンバープレートの色を変えることになったそうです。

黄色になった理由は、昼間、夜間を問わずもっとも視認性が高いこと。1975年(昭和50年)から使用が開始され、営業車は黒地に黄色文字となっています。

<次のページに続く>
次ページ
色を分けた理由は2つあった