現代や第一汽車など…アジアメーカーの新車を日本で買うことはできるのか?

中国、韓国、インド、マレーシアと、アジア沿岸部の幅広い地域にかけて、自動車が生産されています。多くは国内もしくは東南アジア市場向けですが、なかにはヨーロッパや北米で販売される世界戦略車もあります。そんなアジアメーカーの車両は、日本で購入ができるのでしょうか?いや、そもそも日本法人を展開しているアジアの自動車メーカーってあるのでしょうか?

Chapter
日本に進出しているアジアメーカーは現代自動車だけ!?
韓国の現代自動車の場合
中国の第一汽車の場合
インドのマルチ・スズキ・インディアナ社の場合

日本に進出しているアジアメーカーは現代自動車だけ!?

ヒュンダイ Santa Fe

日本は世界でも類を見ないほど、高度にモータリゼーションが進んだ社会。この狭い国土に、10もの自動車メーカーがひしめいており、自家用自動車の世帯あたり普及台数は、2016年は1,064台です。

そんな日本では、高齢者の運転免許更新条件の厳格化や予防安全技術にいち段と高い水準が要求されています。また日本はアメリカ・カリフォルニア州に次ぐ環境先進地域でもあり、ゼロエミッションや消費燃料の効率化に重点を置いた開発が進んでいます。

日本で新車を販売する際、海外メーカーはこれらに関する要件をクリアしなければなりません。そのうえ、日本市場では日本メーカーはもとより欧州の有名ブランドが競合車になります。

条件をクリアして日本法人を設立しても、今度はブランドイメージがネックになります。つまり新興のアジアメーカーにとって日本市場は、かなり狭い門になっているといえるのです。

そんな厳しい日本市場に進出しているアジアの自動車メーカーは現在は韓国の現代自動車のみと言っていいでしょう。
※2017年4月時点の情報となります。

次ページ
韓国の現代自動車の場合