懐かしの魅力的な軽スポーツカーといえば??ビート、カプチーノ、AZ-1、コペンを比較!

スポーツカーは高価でなかなか手が出ませんが、軽自動車なら維持費も安く、セカンドカーとして持つことも夢ではありません。そこで、中古車でも入手できる軽自動車のスポーツカー4車種の特徴を紹介していきましょう。

Chapter
ホンダ ビート
スズキ カプチーノ
マツダ オートザムAZ-1
ダイハツ コペン
どれが魅力的?

ホンダ ビート

ホンダ ビート

ホンダが1991年5月に発売した軽自動車のオープン2シーターです。特徴的なのは、エンジンを座席と後輪の間に配したミッドシップレイアウト(MR)にあります。ホンダでは1990年にミッドシップレイアウトのスポーツカー、NSXを発売しており、その魂を受け継いだ軽スポーツとして多くの自動車ファンに歓迎されました。

車両の中央に横置きミッドシップ配置されるエンジンは、直列3気筒SOHCの656cc。軽自動車の自主規制上限の64PSを、何と8100rpmという高回転で発揮するホンダらしいもエンジンです。

サスペンションは四輪独立懸架ストラット式で、軽自動車初の4輪ディスクブレーキ、前13インチ・後14インチの前後異型タイヤが装備されました。パワーステアリングは装備されず、終始5MT車のみの設定でした。

軽自動車の規格変更などにより、1996年1月に生産を終了しました。2015年に発売されたS660は、このビートのコンセプトを継承し、現在の安全基準を満たした設計になっています。

スズキ カプチーノ

スズキが1991年10月に発売した軽自動車のスポーツカー。ホンダ・ビートよりも後の発売ですが、そもそもは1989年の東京モーターショーに参考出品され、その際に発売も表明されました。

レイアウトはフロントエンジン、後輪駆動のFR方式。屋根は3ピース構成で脱着可能。頭上の屋根を外し中央のパネルが残るTトップ、中央のパネルを外したタルガトップ、そしてリアウィンドウまで完全に外したフルオープンの3種類の形態にすることができました。

FR方式も、ビートと比べると普通のレイアウトのようですが、当時の軽乗用車(ワンボックスタイプや四駆タイプを除く)では唯一の存在でした。フロントアクスルより後方に配される、いわゆるフロントミッドシップ方式で搭載されるエンジンは、アルトワークスに搭載されるものをベースにした直列3気筒DOHCターボ、657cc。自主規制値いっぱいの64PSは、ターボの加給を得て6500rpmで発揮します。

軽自動車ながら、重量配分はフロント51対リア49。軽自動車初の4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション、ボディや屋根に一部アルミニウムを採用するなど、スズキがいかに本格的なスポーツカーを作ろうとしていたかが伝わってきます。

1995年のマイナーチェンジでは3速ATも追加されました。軽自動車の規格変更などにより、1998年10月で生産を終了しました。

マツダ オートザムAZ-1

マツダが5チャンネル展開をしていた当時、小型車・軽自動車チャンネルのオートザムより1992年10月に発売されたスポーツカーです。当時のマツダは自社では軽自動車の開発をしておらず、スズキから部品の供給を受けてマツダの工場で組み立てていました。

そのため、AZ-1のエンジンはスズキ製でアルトワークスの直列3気筒DOHCターボ657cc、最高出力64PS/6,500rpmというもの。つまり、カプチーノと同じエンジンでした。

最大の特徴は見ての通りの外観です。スポーツカーらしい車体はFRP製で、ドアは上に開くガルウィング式。スケルトンモノコックという特殊なフレームにより、ボディ剛性を高めていました。

エンジンは座席と後輪の間に収まるミッドシップレイアウト。軽量ボディやステアリングのロックトゥロックが2.2回転というクイックさから、「究極のハンドリングマシーン」と評されました。

一方で、コーナリング中のアライメント変化が極めて大きい構造や重心高などに起因するスピンや横転事故も多かったそうです。

発売時期が前2車よりもやや遅かったこと、ガルウィングドアで乗降性が劣ることもあり販売台数が伸びず、1995年に製造が終了しました。しかし、その販売台数の少なさゆえ、生産終了後の中古車市場ではプレミア価格がつき、今でも欲するファンもいるほどです。なお、このAZ-1、Beat(ビート)、Cappuccino(カプチーノ)の3台をまとめて「平成ABCトリオ」というニックネームが付いています。

また、部品供給元のスズキでも1993年にキャラとしてOEM販売されましたが、こちらはもっと台数が少なく、レアな存在になっています。

ダイハツ コペン

ダイハツ コペン

コペンは軽自動車のスポーツカーが途絶えて久しい2002年に発売された、オープン2シーターのスポーツカーです。エンジンは直列4気筒DOHCターボ659cc、自主規制値の64PSをターボの加給を得て6000rpmで発揮します。

レイアウトはエンジン前置き前輪駆動のFF方式。トランスミッションは5MTと4ATの2種類があります。

最大の特徴はオープントップの屋根です。標準の仕様はアクティブトップと呼ばれる屋根で、電動油圧ポンプを使った開閉方式です。しかし、機構の都合上、重くなってしまうため、より軽量化したい人のために、脱着が可能な樹脂製のディタッチャブルトップも用意されました、こちらはアクティブトップ仕様よりも約30kgも軽量化されました。

製造では、熟練技能者による最終調整が行われる凝ったものでした。また、製造期間中にはさまざまな特別仕様車も発売され、イギリスやオーストラリアなどへも輸出されました。2012年に製造は終了しましたが、2014年に現行のコペン・ローブが発売されました。

どれが魅力的?

スポーツカーとして最も購入しやすいのは、製造終了からまだあまり時間が経っていないダイハツ・コペンでしょう。デビュー当初のモデルでも10年以上経っていますので、価格はこなれていますが、経年に伴う部品交換などは必要になってきています。

一方で、そのほかの3台はすでに20年も前のクルマになりますので、程度のいいクルマを見つけたり、部品交換の覚悟は必要になります。しかし、バブル期だからこそできたようなとんでもない設計は、今なお多くの自動車ファンを魅了してやみません。MR・NA高回転エンジンのビート、FR・前後重量配分のカプチーノ、MR・クイックなハンドリングのAZ-1と、それぞれ個性が強すぎます! 主観だけで、好みの1台を選ぶのがいいでしょう。

(篠田恵三)