世代を超えて愛されるトヨタ 86(ハチロク) その軌跡と本質に迫る

トヨタ ハチロク

スポーツカー好きなら誰もが知っているトヨタの86(ハチロク)。

「頭文字D」と共に知名度の高く多くの方の青春を形づくったスポーツカーです。中古車市場でも根強い人気がありますが、大体の値段はどれくらいなのでしょうか?86(ハチロク)の燃費やインテリア(内装)、スペックに触れながら、86(ハチロク)の人気の秘訣に迫ります。

生きる伝説 86(ハチロク)の4つの魅力

 

直感ハンドリングFR

スポーツカーの楽しみを教えてくれるFR。そのFRの特徴でもあるハンドリングの良さを更に追求しました。運動性能の良さもハンパではありません。

スバルとトヨタのコラボレーション

トヨタとスバルの技術提携があって初めて生まれることが出来た86(ハチロク)。スバルの得意な「水平対向エンジン」と、トヨタの直噴技術「D-4S」を採用しました。

水平対向エンジンは、エンジンのシリンダーが左右に1つずつ、水平に配置されたもの。高さが低いエンジンのため、安定性が増し、低重心のクルマにしやすくなりました。

そしてトヨタの直噴技術「D-4S」によって、高出力で且つ環境性能に優れたものに。燃費効率はトヨタの十八番ですよね!出力に似合わない環境性能の高さ、環境性能に似合わない出力の高さになっています。エコが重視される現在に適応しつつも、走る魅力を伝えるスポーツカーになりました。

スポーツカーのキーポイント。460mmの低重心

トヨタ 86(ハチロク)は、「コンパクト・軽量・低重心・低慣性」の4ポイントがありますが、特に注目するのは低重心!

なんと、重心高460mm。例えばポルシェ ケイマンでも482mm、フェラーリ360は447mmと、高級スーパースポーツカーに劣らない重心高の車を、200万円の価格帯で造り出しています。

「お客様と共に進化する」

チューニングしやすく、手に入りやすい価格帯のスポーツカーである86(ハチロク)。AE86の精神を引き継いでいる証です。

なんと海外ではチューニングを重ね、1,100馬力近い出力にカスタマイズ。また、217km/hでドリフトする猛者もいるほどです。自分だけのオリジナルの1台を作り出せるのは、特別感があって良いですよね!

トヨタ 86(ハチロク)の由来

トヨタ86は「トヨタ ハチロク」と読みます。86(ハチロク)とは、1983年に発売されたトヨタスプリンタートレノ/カローラレビンの上級グレード(1.6Lエンジン4A-GE搭載車)の共通型式番号「AE86」を意味します。

ちなみに見た目はほぼ同じでも、3A-U型1.5L SOHCエンジン搭載車はその型式名(AE85)から「ハチゴー」と呼ばれます。

86(ハチロク)は当時、先進性や利便性を追求した新メカニズムの取り入れが進む中、自然吸気(NA)の1.6LエンジンとFRの組み合わせが逆に人気を集めました。

またサスペンションなども、単純な構造なので交換やチューニングも容易。チューニング志向の強い若者たちから根強い人気を集めました。爆発的人気となったのは、やはり「頭文字D」の影響が大きいでしょう。30年以上前のハチロクが今も中古車市場で高値で取引されています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 86(ハチロク)誕生の軌跡