インプレッサG4こそが走りのグローバルクオリティ|スバル インプレッサG4の燃費・中古価格は!?

インプレッサG4

走りを追求した自動車メーカー、スバルの代名詞とも言うべきスバル インプレッサG4。

そのスバルの中でも知名度と人気で知られているのがインプレッサですが、インプレッサのセダン、「インプレッサG4」はどのような車なのかをご紹介します。

Chapter
スバル インプレッサ G4ってどんな車?
インプレッサ G4のエクステリア、内装は?
インプレッサ G4の燃費・維持費について
エアロやマフラー…インプレッサG4はカスタムが充実!
インプレッサ G4の中古価格

スバル インプレッサ G4ってどんな車?

インプレッサは、元々セダンとしてラインナップされていたのですが2011年に「インプレッサ G4」という名称となりました。これは、インプレッサが4代目モデルへとモデルチェンジされた時です。

15.6km/L~17.6km/Lとガソリン車としては決して悪くはない燃費を誇るモデルですが、やはり売りは燃費ではなく走り。そもそも、スバルは走りに於いて高い評価を得ているメーカーであり、インプレッサ G4の走りへの評価もまた高くなっています。自動車ファンを中心に売れ行きが順調なことがその証左でしょう。走り以外では静粛性が評価を受けており、走りの技術を軸にドライバーと同乗者に安心する走りを提供しています。

昨今では、マイナーチェンジを切望する声も登場していますが、未だにマイナーチェンジされていません。現行モデルでも、維持費、静粛性共に満足のゆくものですので、現行モデルに不満があるという訳ではなさそうです。

インプレッサ G4のエクステリア、内装は?

4代目 GP/GJ系インプレッサは2011年に発売され、2016年10月で販売を終了しました。エクステリアの特徴はまず、そのボディサイズです。

4代目インプレッサはOEMを除くとスバル車の中では最もコンパクトなセダンとなり、全長×全幅×全高・ホイールベースは4,580mm×1,740mm×1,465mm・2,645mmと、日本の狭い道路にもちょうどよく、セダンとして後席の居住性保ったサイズです。レガシィでは大きすぎる、WRXほど尖ってなくていい、スポーティさと快適性、日常の実用性も併せ持ちたい、という人にはまずおすすめの1台です。

最小回転半径も5.3Mと扱いやすい数値で、交差点でもUターンや車庫入れに持て余すこともないでしょう。 2014年にマイナーチェンジを受け、エクステリアではフロントマスクが一新されました。ややのっぺりしたデザインの初代の顔と比べるとデザインにメリハリが付き、躍動感を感じさせるスポーティな雰囲気が強くなっています。

トランクリップスポイラーや新デザインの16インチアルミホイールを装備したグレードも用意されています。 内装ではメタリックな装飾が随所にアクセントとして使われており、ピアノブラック超のパネルやシルバーステッチなど上質な雰囲気が漂っています。

アイサイトの作動状況がわかるマルチインフォメーションディスプレイのデザインもより視認性が良いものに改良されています。

<次のページに続く>
次ページ
インプレッサ G4の燃費・維持費について