【小物入れは多くなった?】インプレッサスポーツの収納スペース

スバルのフラッグシップモデル、インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)。

このモデルをいち早く見る事ができたのですが、実車を見て驚いたのが内装・インテリアのデザイン!先代モデルよりも上質感があるデザインになっており、正直インプレッサっぽくないと思っちゃいました。

このように内装・インテリアのデザインは大幅に良くなったスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)ですが、収納力はどうだったのでしょうか?

またどのような収納スペースが用意されているのか、使い勝手はどうなのか、徹底的にレビューしていきたいと思います。
2016/10/21

Chapter
新型インプレッサスポーツの収納レビュー:運転席まわり
運転席まわりの収納スペース1:コインポケット
運転席まわりの収納スペース2:センタートレー
運転席まわりの収納スペース3:グローブボックス
運転席まわりの収納スペース4:ドリンクホルダー
運転席まわりの収納スペース5:センターコンソール小型ポケット
運転席まわりの収納スペース6:センターコンソールボックス
運転席まわりの収納スペース7:ドア内側パネルポケット
新型インプレッサスポーツの収納レビュー:後部座席まわり
スバル インプレッサ 2017

新型インプレッサスポーツの収納レビュー:運転席まわり

スバルのインプレッサ スポーツの内装・インパネは、ブラックを基調とした比較的シンプルなデザインを採用。

スバル インプレッサ 2017

先代モデルと異なりインパネに施されたシルバーのステッチなどが印象的だったこのモデルの内装・インパネですが、運転席まわりの収納スペースは標準的なレベル。

ただ、先代モデルよりも若干収納スペースのデザインが変更され若干ですが使い勝手がよくなった印象が…。

そんなスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)ですが、運転席まわりには次のような収納スペースが用意されていました。


運転席まわりの収納スペース1:コインポケット

スバル、インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のハンドルの右側に装備されている走行や安全機能に関わるスイッチの下に装備されているのが、コインポケット。

スバル インプレッサ 2017
スバル インプレッサ 2017

実際に開けて見ると思ったよりも大きく、使い勝手は良いのかなと思いました。また、純正のETC車載器を装備するとこの部分に取り付けられるようですよ。

運転席まわりの収納スペース2:センタートレー

インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)でもインパネ中央下に大きめのセンタートレーを用意。

スバル インプレッサ 2017

このようにスマホ・iPhoneなどもスッポリ置けるサイズに作られているので、運転中にスマホを置いておくのには、とても良いのかなと思いました。

スバル インプレッサ 2017

また、このセンタートレーの奥側にはUSBソケットも装備されているので、運転中にスマホやiPhoneの充電できるのも好印象でした。

運転席まわりの収納スペース3:グローブボックス

インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)は、グローブボックスの収納力もかなり大きいです。

スバル インプレッサ 2017

実際にこのクルマのグローブボックスを開けてみると、このような感じ。

スバル インプレッサ 2017

横幅が広くて車検証以外にも様々なアイテムを積めそうな広さを確保。

スバルのスタッフの話では、大型のボックスティッシュを置いてもまだまだ余裕のあるサイズ感を目指したようです。

そのため実際にこのクルマのグローブボックスを見てみると、ライバル車よりも荷物・アイテムを収納できるのが明らかにわかるデザインに…。

車検証を入れるといっぱいになってしまうグローブボックスが多い中でこの大きいサイズグローブボックスは、とても魅力的に感じました。

運転席まわりの収納スペース4:ドリンクホルダー

このインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のセンターコンソール部分には、運転席/助手席用のドリンクホルダーが2個用意されていました。


スバル インプレッサ 2017
スバル インプレッサ 2017

先代モデルのドリンクホルダーは縦に2つ並べて置くようなデザインになっていましたが、新型モデルでは電子パーキングブレーキを搭載したためか横型に変更。


スバル インプレッサ 2017

個人的には先代モデルよりもドリンクホルダーの使い勝手が良くなったように感じました。

また、このインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のドリンクホルダーは、中央部分の仕切りを取り外して小型ボックスのように使う事もできます。

スバル インプレッサ 2017

ドリンクホルダーとしてだけではなく、小型の収納ボックスとしても使用できるので、とても重宝すると思いました。


運転席まわりの収納スペース5:センターコンソール小型ポケット

また、インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のドリンクホルダーの後ろには、横型の小型ポケットが用意されています。


スバル インプレッサ 2017

しかし、このように奥行きも横幅もちょっと小さめ…。私の持ているiPhone7を置いてみると、このような感じ。

スバル インプレッサ 2017

横に置くとはみ出てしまいます…。

レシートや駐車券などを置くには良いと思いますが、奥行きも横幅も小さいのでどのようなアイテムを置くのが適しているのかイメージが沸きませんでした。この小型ポケットはサイズが小さいので、正直に言って使い勝手はそれ程良いようには感じませんでした。

運転席まわりの収納スペース6:センターコンソールボックス

インプレッサ スポーツの収納スペースでとても良いと思ったのが、アームレスト内のボックス。

このモデルでは、このように大型のアームレストを装備。

スバル インプレッサ 2017

そしてこのアームレストを持ち上げてみると、このような大きな収納スペースが登場。

スバル インプレッサ 2017

横幅が広いだけではなく深さも約19㎝あるので、様々なアイテムを置くことができそうです。このスバルのインプレッサ スポーツでは、このように深さのある収納スペースは少ないので、このセンターコンソールボックスは重宝しそうだなと思いました。


運転席まわりの収納スペース7:ドア内側パネルポケット

インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)では、ドア内側ポケットの収納スペースも充実しています。

スバル インプレッサ 2017

こちらはドアアームレスト部分の収納スペース。

スバル インプレッサ 2017

そして、こちらはドアパネルの下部にあるドリンクホルダーと小型ポケット。


スバル インプレッサ 2017

収納スペースの数やデザインは他のクルマとそれ程変わらないですが、個人的にはこのクルマのドア内側パネルの収納スペースに大感激!

特に印象的だったのは、アームレスト部分の収納スペース。

このアームレスト部分に収納ボックスを用意しているクルマは多いですが、インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)は、この部分の収納スペースが大きい!

スバル インプレッサ 2017

クルマのカギだけではなく、ちょっと小さめのスマホなら収納できちゃいます。

このサイズのクルマでこれ程大きいアームレストを用意しているのは、かなり珍しいですよね。このアームレスト部分の収納力には、大満足でした。


新型インプレッサスポーツの収納レビュー:後部座席まわり

フロントシートまわりにはこのような収納スぺースを用意していたスバルのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)ですが、後部座席まわりの収納スペースは比較的少なめ。

スバル インプレッサ 2017

他のクルマもそれ程変わらないですが、このクルマの後部座席の収納スペースはドア内側パネルとシートバックポケットのみ。

■後部座席用ドア内側パネル

スバル インプレッサ 2017

■シートバックポケット

スバル インプレッサ 2017

後部座席のアームレスト部分にある収納スペースがフロントシートと同様の広さになっているのは好印象でしたが、個人的に気になったのはシートバックポケット。

このインプレッサ スポーツでは、シートバックポケットは助手席側のみ。このように運転席側のシートバックには、ポケットが装備されていません。

スバル インプレッサ 2017

個人的には運転席側にもシートバックポケットを用意しても良かったのかなと感じました。

スバル インプレッサ 2017

スバルのショールームでインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の収納スペースを確認したところ、このようなデザインになっていました。

ディーラーさんの話によるとインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)では、約半数のお客さんが他の自動車メーカーからの買い替えのようです。

スバルのクルマにずっと乗り続けている人ならこの収納スペースの数や使い勝手にも納得できると思います。ただ、初めてスバルのクルマに乗る人の中には、ちょっと収納が少ないと感じる人もいるのかもしれないなと思いました。

インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)で初めてスバルのクルマの購入を考えているのなら、収納スペースの数や使い勝手をしっかりとチェックをした方が良いのかなと思いました。


画像 試乗 画像 試乗レビュー速報