WRXの「S4」と「STi」で搭載されているエンジンが違う理由とは?

スバルWRXは以前からもATとMTでエンジンチューンに差をつけるなどしていましたが、今回のモデルではエンジン型式、スペック、またトランスミッションも異なります。今回はこの理由がどこにあるのかについて探ってみたいと思います。

Chapter
オートマチックでオールマイティな魅力、S4
FA20型直噴DITエンジン
本格スポーツを目指すWRX STi
伝統のEJ20型エンジン
明確な棲み分けを同一銘柄に実施
WRXの画像ギャラリー

オートマチックでオールマイティな魅力、S4

WRX S4はこれまでのWRXよりもやや大人びた、マイルドな性質で出てきていると言えると思います。それはユーザーからの要望や、ユーザー自身の年齢が以前より高まり、今までのようなものでは感覚に合わなくなってきたという面が否定できないと思います。

WRXもユーザーとともに大人になったというわけです。それもそのはず、インプレッサ時代から数えて既に20年以上経っているわけです。それだけ歴史があるということでもあり、蓄積された信頼や期待も大きく、WRXとしてはこれまでのような「走り」一本ではない、また別の方向性を模索するという必要性も生まれてきたのでしょう。

それだけユーザーに根ざした、密着型のスポーツカーと言えるかもしれません。求めに応じて姿を変えるというのもひとつの見識というものです。

FA20型直噴DITエンジン

S4は2リッター直噴DITエンジン、FA20型。300PS/5600rpmと40.8kgf・m/2000-4800rpmという大パワーとトルクを保持。しかもそれはリニアトロニックでイージーに引き出せるばかりか実用域からの扱いやすさ、柔軟性をも兼ね備えています。このパフォーマンスをAWDで発揮するわけですから無駄なくきわめて効率の高いパワーパッケージと言えるはずです。

S4はそんなオールマイティで比較的実用性を重んじた仕立て、ということで間違いないでしょう。

特徴的なのはハイパワーとトルクを保持しながらそのピークとなる回転数をやや下げて、とくにトルクに関しては広範囲でその特性をいかんなく発揮できるような設えとなっていて、まさしく状況を選ばない高性能という見方もできそうです。

次ページ
伝統のエンジンで後押し「STi」