スバル 初代WRX S4(VAG型)の4つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!!

スバル・初代WRX S4

スバルを代表するスポーツセダンとして2014年に登場したスバル 初代WRX S4(VAG型)。「EyeSight」やシンメトリカルAWDなどスバル独自の装備が盛り込まれ、高い走行性能を持つことから、若年層から高年齢層まで幅広い世代から人気を集めています。今回は、そんな初代WRX S4のグレードについて紹介していきます。

Chapter
スバル 初代WRX S4 STI Sport EyeSight【価格:416万9,000円】
スバル 初代WRX S4 STI Sport #【価格:474万1,000円】
スバル 初代WRX S4 tS【価格:496万8,000円】
スバル 初代WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE【価格:496万8,000円】

スバル 初代WRX S4 STI Sport EyeSight【価格:416万9,000円】

スバル 初代WRX S4は2014年の登場以来、年次改良と呼ばれる1年ごとの小改良や、マイナーチェンジを重ねてきました。そのたびにラインナップにも変更が加えられ、現在通常のカタログモデルは「STI Sport EyeSight」1グレードへと絞られています。

エンジンは排気量2L 水平対向4気筒のFA20型を搭載し、最高出力221kW(300PS)/5,600rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/2,000~4,800rpmを発生。スポーツカー並みのスペックを誇るエンジンを採用しています。

駆動方式はAWD(常時前輪駆動)のみとなり、トランスミッションにはスポーツリニアトロニックと呼ばれるCVTを組み合わせ、エンジンの出力を効率よく4輪に伝達しています。

安全面ではグレード名にあるとおり、スバル独自の安全装備「EyeSight」を標準装備しているほか、ヘッドランプとフロントフォグランプがLED化され夜間の視認性はもちろんデザイン性も向上させています。

1グレードとなったことで、事実上初代WRX S4の最上級グレードとなった「STI Sport EyeSight」では、快適性や上質さにも細やかな配慮がなされています。ステアリングやシフトレバーは本革巻き仕様となり、アクセルやブレーキなどのペダルにはアルミパッドを装着。

快適装備ではキーレスアクセスとプッシュスタートが標準装備となり、マルチインフォメーションディスプレイやマルチファンクションディスプレイなどの装備も奢られ、スピーカーはフロント4+リヤ2の6スピーカーとなっています。

価格は416万9,000円と、スバルのトップモデルにふさわしい400万円を上回る値段設定となっています。

スバル 初代WRX S4 STI Sport #【価格:474万1,000円】

「STI Sport #」は、500台限定で発売された初代WRX S4の特別仕様車です。

エンジンスペックは「STI Sport EyeSight」と変わりませんが、エクステリア(外装)やインテリア(内装)、そして走行性能にかかわる足回りの部品に特別仕様車専用装備が奢られています。

エクステリアではスバルのスポーツブランドであるSTI製の大型フロントアンダースポイラーが装着され、インテリアではフロントシート(前席)がRECARO製シートとなり、シート表皮にはウルトラスエードと本革を組み合わせたものが採用され、スポーツカーのような雰囲気を演出しつつ高級感も高めています。また、シートベルトはシルバーとなり、ブラックを基調とした内装のなかでアクセントとして機能しています。

足回りは「STI Sport EyeSight」から大幅に手が加えられ、エンジンルームにはSTI製のフレキシブルタワーバー、ボディー下側には同じくSTI製のフレキシブルドロースティフナーが装着され、路面の段差などで生じる衝撃をしなやかにいなすチューニングが施されています。

その他にも、スポーツ走行に対応するためトランスミッションのオイル温度を下げる専用CVTオイルクーラーや、エンジンの温度上昇を抑制するためラジエーターファンが強化タイプに変更されるなど抜かりはありません。

また、マフラーにはSTI製の低排圧パフォーマンスマフラーを装着し、スポーツカーのような心地よい排気音を響かせてくれる点も魅力的ですね。

価格は474万1,000円で、「STI Sport EyeSight」から57万2,000円アップしています。

スバル 初代WRX S4 tS【価格:496万8,000円】

初代WRX S4は、販売期間中にさまざまな特別仕様車がラインナップされ、過去にはスポーツ性能をより高めたモデルも設定されていました。「tS」はその1つで、「STI Sport #」よりもさらに大幅なチューニングが施されています。

エンジンは「STI Sport EyeSight」、「STI Sport #」と同様のFA20型となっていますが、数々の特別装備により走行性能を大きく向上させています。

エクステリアでは「STI Sport EyeSight」や「STI Sport #」が18インチアルミホイールを装備していたのに対して、より大径な19インチアルミホイールを装備。これによってより鋭いハンドリングを実現したとされています。

また、サスペンションにはSTI製のビルシュタインダンパーを装着し、リヤサスペンションアームにはSTI製ピロボールブッシュを採用するなど、スポーツカーのような足回りを再現。

エンジンルームにはSTI製フレキシブルタワーバー、ボディー下面にはSTI製フレキシブルドロースティフナーを装備し、ハードなサスペンションによるボディーへの衝撃をいなす設計がなされています。

さらに、ブレーキにはブレンボ製の対向4ポッドキャリパーが奢られ、「STI Sport EyeSight」や「STI Sport #」よりも大幅に制動力が強化されていたことも見逃せないポイントと言えるでしょう。

インテリアではフロントシートにRECARO製バケットタイプシートが採用され、ドライバーを包み込むようなホールド性を備えつつ、ステアリングは高級感のある本革巻きとすることでスポーツカーのようなハードな雰囲気と、特別仕様車らしい高級感のある特別な雰囲気を両立させていることも魅力的ですね。

そして、インパネ(インストルメントパネル)には特別仕様車の証としてSTIの企業ロゴと同色にレッド加飾された専用オーナメントが施されていたことも、「tS」のオーナーにとっては嬉しいポイントだったのではないでしょうか。

価格は496万8,000円と、「STI Sport EyeSight」からは79万9,000円もアップしていますが、充実した装備の数々や特別仕様車であることを考慮すればリーズナブルな値段設定だったと言えるかもしれません。

スバル 初代WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE【価格:496万8,000円】

「tS」のさらなる上位グレードかつ、特別仕様車として設定されていたグレードが「tS NBR CHALLENGE PACKAGE」でした。

「tS」同様に走行性能にかかわるさまざまな特別装備が奢られていますが、「tS NBR CHALLENGE PACKAGE」ではさらにその性能が高められています。

サスペンションにはSTI製ビルシュタインダンパーSTI製ピロボールブッシュを装着したリヤサスペンションアーム、ブレーキにはブレンボ製対向4ポッドキャリパーを標準装備。インテリアにはフロントシートにRECARO製バケットタイプシートを採用するなど、「tS」と同じ装備が奢られています。

一方でエクステリアにはSTI製ドライカーボンリヤスポイラーやブラック塗装された迫力のある大径19インチアルミホイールを装着するなど、「まさに特別仕様」と言えるほど過激さを増している点が魅力的ですね。

それに合わせてインテリアでも「tS NBR CHALLENGE PACKAGE」専用特別装備として、シルバーセンターマークが施されたウルトラスエード巻きのステアリングを装備。各所に「STI Sport EyeSight」とは異なる専用装備をまとっていました。

そのぶん価格は592万2,000円まで上がり、「STI Sport EyeSight」との価格差は112万3,000円に達していました。

初代WRX S4は、通常のカタロググレードの他にも、年次改良やマイナーチェンジごとにさまざまな特別仕様車がラインナップされてきました。なかには「tS」や「tS NBR CHALLENGE PACKAGE」のように通常のグレードとは装備の内容が大幅に異なるモデルも登場し、それが初代WRX S4の魅力の1つともなっています。

一方で、そうした特別仕様車は希少性が高いため中古車市場では高値で取引されることもあり、走行距離や状態によっては新車価格と同等の値段で販売されることも少なくありません。

実際に大手中古車Webサイトでは走行距離1.1万kmの「tS NBR CHALLENGE PACKAGE」が支払総額500万円で販売されている例もありました。現在では「STI Sport #」も含め、WRX S4のすべての特別仕様車は完売している状態であるため、購入する場合は中古車しか選択肢がありません。

一方で、特別仕様車は人気が高いことから手放す際も通常グレードより高い金額で買い取ってもらえることも少なくありません。その意味ではWRX S4の中古車のうち、すべての特別仕様車が「買い」と言えるかもしれません。

※ 2020年10月現在

【永遠のライバル!!ランエボvsWRX】土屋圭市とマリオ高野がランエボXと初代インプレッサWRXとWRX STI EJ20 FINAL EDITIONを75分語り尽くす 土屋圭市のヴィンテージタイムス

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細