ケンウッドが最上位モデル 前後2カメラドライブレコーダー「DRV-MR775C」「DRV-MR770」を5月下旬より発売!

ケンウッド

※この記事には広告が含まれます

株式会社JVCケンウッドは2023年5月18日、KENWOODブランドより、新たにシリーズ化するハイエンドモデル「Xシリーズ」のドライブレコーダーとして、前方と後方の同時録画に対応した前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR775C」(駐車録画対応電源ケーブル同梱モデル)と「DRV-MR770」の2機種を5月下旬より発売すると発表しました。
Chapter
独自の映像・車載技術「Hi-CLEAR TUNE」により、総合的な画質を向上
高感度 CMOS センサー「STARVIS TM」と「明るさ調整機能」を搭載
音声で録画開始などの操作ができる「音声コマンド機能」を搭載
価格情報

独自の映像・車載技術「Hi-CLEAR TUNE」により、総合的な画質を向上

前後撮影対応2カメラタイプのドライブレコーダーである「DRV-MR775C」(駐車録画対応電源ケーブル同梱モデル)と「DRV-MR770」は、フロントカメラをフル HD の約 1.8 倍の高精細となる WQHD 録画に対応

ドライブレコーダーの開発において長年にわたり培ってきた独自の映像技術と車載技術を組み込み、徹底的にチューニングを行った「Hi-CLEAR TUNE(ハイクリアチューン)」により総合的に画質を向上させ、映像性能を強化させているといいます。

高感度 CMOS センサー「STARVIS TM」と「明るさ調整機能」を搭載

また、前後 2 カメラに高感度 CMOS センサー「STARVISTM」と、両カメラの明るさをそれぞれ 7 段階で調整でき、スモークガラスにも対応する「明るさ調整機能」 を搭載し、夜間やトンネルなどの暗いシーンはもちろん、リアガラスがスモークガラスの場合でも明るく、鮮明な映像による撮影が可能となっています。

音声で録画開始などの操作ができる「音声コマンド機能」を搭載

さらに、ドライバーの安全運転をサポートする機能として、前方車の割り込みや蛇行運転、および後方車の急接近を検知すると警告し、自動録画を開始する運転支援機能を搭載したほか、ハンドルから手を離さず、声でドライブレコーダーを操作できる「音声コマンド 機能」は、従来の製品よりもコマンド数を増やしています。

同社は今後、ドライブレコーダーのラインアップを、「Hi-CLEAR TUNE(ハイ クリアチューン)」に応じて新たにシリーズ化し、ハイエンドモデルの「X シリーズ」、ミドルレンジの「G シリーズ」、エントリーモデルの「R シ リーズ」の 3シリーズで市場展開していくこともあわせて発表しています。

今回発表された「DRV-MR775C」(駐車録画対応電源ケーブル同梱モデル)と「DRV-MR770」は、最上位の「Xシリーズ」として展開し、高画質・夜間性能・安全支援を兼ね備えた高付加価値モデルを求めるユーザーのニーズに応えた商品だと位置づけられています。

価格情報

価格はいずれもオープン価格で、市場推定価格は以下のとおりです。
【市場推定価格】
  • 「DRV-MR775C」(駐車録画対応電源ケーブル同梱モデル):3万5,800円前後(税込)
  • 「DRV-MR770」:3万4,800円前後(税込)

商品詳細