古い車に長く乗るのは悪いことなのか?車齢13年以上の車に対する自動車税が「15%増し」

毎年4月に届く、自動車納税通知書。分かってはいても、金額を確認すると、その金額に愕然としますよね。特に車齢13年以上を越えた車を所有するドライバーの方々は、憤懣やるかたない思いでしょう。理由は、2015年度から施行された「グリーン化税制」。環境負荷が大きい車に対して、税負担を大きくすることが決まったからです。

Chapter
2015年から車齢13年を超える車は、自動車税がさらに5%アップ
環境負荷が大きいから増税?その根拠はどこにあるのか
日本人ならではの「もったいない精神」はどこへ?
車齢13年以上を経てもまだまだ現役、低燃費で魅力的な車

2015年から車齢13年を超える車は、自動車税がさらに5%アップ

自動車税納付書

2015年から自動車税の仕組みが大きく変わりました。

ガソリン車では初度登録から13年を過ぎた車両、ディーゼル車では11年を過ぎた車両の、自動車税が約15%アップとなったのです。

実は筆者の車も対象車なので、2015年から自動車税は以下のように、6,000円も多く税金を払わないといけなくなりました。

39,500円×115%=45,400円(100円未満切り捨て)

次ページ
環境負荷が大きいから増税?その根拠はどこにあるのか