日産 アリアの安全装備や先進装備を紹介!日産が磨き上げてきた最新技術が満載【プロ徹底解説】

アリア

日産の新型クロスオーバーEVであるアリア。

日産の目指す「ニッサン インテリジェントモビリティ」の象徴という存在だけあり、最先端の運転支援システムや安全技術が数多く採用されています。

どのような技術で、そんな機能があるのかを解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
プロパイロット 2.0とプロパイロットリモートパーキング
360°セーフティアシスト
ヘッドアップディスプレイ
インテリジェント エマージェンシーブレーキ
インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
アダプティブLEDヘッドライトシステム
標識検知機能
LDW(車線逸脱警報)/インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
インテリジェント ルームミラー
RCTA(後退時車両検知警報)
インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)
インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
踏み間違い衝突防止アシスト
プロパイロット パーキング

プロパイロット 2.0とプロパイロットリモートパーキング

アリアには、日産の誇る最新の運転支援システム「プロパイロット2.0」と「プロパイロットリモートパーキング」という2つの最新技術が採用されています(グレードによりオプション)

「プロパイロット2.0」は7つのカメラ、5つのレーダー、12のソナー、そして3D高精度地図データーとナビゲーションシステム、さらには準天頂衛星システムからの高精度測位情報を組み合わせる運転支援システムです。

高速道路の定められたエリアでの走行を支援し、状況に応じて、ステアリングから手を離すハンズオフも可能とします。世界でも、最も進んだ運転支援システムのひとつと言える機能です。

そして、日産初の技術としてアリアに採用されたのが「プロパイロットリモートパーキング」(グレードによりオプション)となります。

車の外から専用キーを使って、車を前後に動かすことを可能とします。乗り降りの大変な狭い場所へ、車を駐車するときに便利に使える機能です。

360°セーフティアシスト

アリアには安全を確保するための運転支援システムが数多く搭載されています。

そうした安全のためのシステムが警戒するのは、車の前方、側方、斜め後方、後方と、文字通りに車の全方位=360度となります。

そのため日産は、これらの安全のための運転支援システムを総称し「360°セーフティアシスト」と呼んでいます。

ヘッドアップディスプレイ

フロントガラスに、車速やナビ情報などを表示するのがヘッドアップディスプレイ(グレードによりオプション)です。

アリアには11.5インチもの大画面を表示する機能が備わっています。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

車両前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まると警告を発し、ドライバーが安全に減速できないときは、システムがブレーキ操作をサポートして、衝突被害軽減を試みます。

衝突軽減自動ブレーキや、プリクラッシュセーフティなどとも呼ばれる機能です。

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

目前ではなく、その前となる、2台前の走行車両を検知し、その車両が急減速するなど、自分の車が回避する必要が生じると警告を発します。

アダプティブLEDヘッドライトシステム

24個のLEDを駆使して、ハイビームの照射範囲を切り替えるヘッドライトの機能です。

フロントカメラで前方の状況を検知し、対向車や先行車が眩しくならないように照射範囲を切り替えつつ、夜間でも良好な視界を確保します。

標識検知機能

フロントに設置されたカメラで、道路の標識(車両進入禁止、最高速度、一時停止)を検知。進入禁止に進みそうなときはブザーで、一時停止が必要なときは警告表示を行います。

LDW(車線逸脱警報)/インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

走行する車線の枠線をフロントカメラで認識し、車両がはみ出そうになると警告を発し、それでもはみ出そうなときは、ブレーキとステアリングの操作をアシストして、車線からの逸脱予防を支援します。

インテリジェント ルームミラー

ルームミラーに車両後方のカメラの映像を映し出す機能です。

後席の人や荷物などでルームミラーが使いにくいや、雨天、夜間などでも、よりクリアな後方視界を得ることができます。

RCTA(後退時車両検知警報)

駐車場などでバック走行しているとき、レーダーで車両後方を横切ろうとする別車両を検知すると、警告音などでドライバーに他車の存在を知らせてくれる機能です。

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)

走行中に斜め後ろの他車の存在をドライバーに知らせ、自車が間違って車線変更をしようとすると警報音を発し、さらに自車を元の車線に戻るようにステアリング操作をアシストします。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

車の周囲を上空から見下ろすような映像でモニターに映し出す機能です。車庫入れなどのときに使うことで、安全を確認しながらの駐車が可能となります。

踏み間違い衝突防止アシスト

駐車しているときや、時速15㎞以下のゆっくりとした走行中、進行方向に壁や停止車両などの障害物や歩行者をシステムが検知した状態で、間違ってアクセルを強く踏んでも、急加速しないように加速を抑制、または自動でブレーキを作動させる機能です。

プロパイロット パーキング

車を駐車させるときに、システムがステアリング/アクセル/ブレーキ/シフト操作/パーキングブレーキまでを自動で制御してくれる機能です。

ドライバーは作動スイッチを操作するだけで駐車が完了できます。

アリアには、「360°セーフティアシスト」の高い安全性と、「プロパイロット2.0」や「プロパイロットリモートパーキング」などの利便性の高い機能が備わっています。

日産の目指す「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現するモデルと言っていいでしょう。

商品詳細