日産 アリアのグレード比較!グレードによって何が違うのか【プロ徹底解説】

アリア

日産のクロスオーバーEVであるアリアは、駆動用電池の搭載量と、2WDと4WDという駆動方式の違いを組みあせたグレード構成となっています。

今回は、それぞれのグレード(一部受注停止中)の特徴や装備の内容を解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
ベースグレードとなる「B6」
パフォーマンスを高めた4WDグレード「B6 e-4ORCE limited」
余裕のEV航続距離を誇る「B9 limited」
余裕の走りを誇る最強グレード「B9 e-4ORCE limited」

ベースグレードとなる「B6」

アリアのグレード編成は、電池の搭載量と駆動方式の組み合わせとなります。電池は、66kWhと91kWhの2通り。駆動は、2WDと4WDの2種。

つまり、66kWh×2WDの「B6」、66kWh×4WDの「B6 e-4ORCE limited」、91kWh×2WDの「B9 limited」、91kWh×4WDの「B9 e-4ORECE limited」という4グレード編成となっています。

ベースグレードとなる「B6」の価格は539万円。最高出力160kW(218PS)/5950~13000rpm、最大トルク300Nm/0~4392rpm。

一充電走行距離はWLTCモードで470㎞となります。

他グレードと比べると装備は少なくなっていますが、他グレードよりも200万円ほども価格が低くなっているのが大きな特徴です。

パフォーマンスを高めた4WDグレード「B6 e-4ORCE limited」

ベーシックな「B6」と同じ66kWhの電池搭載量ながら、出力を高め、4WD方式としたのが「B6 e-4ORCE limited」となります。予約受付中で納車は2022年冬以降を予定しています。

価格は720万600円。最高出力は250kW、最大トルク560Nm。一充電走行距離はWLTCモードで最大430㎞(日産社内計測)を予定しています。

装備はグレードに「limited」とあるように、「プロパイロット2.0」「プロパイロット リモートパーキング」「ヘッドアップディスプレイ」「BOSEプレミアムサウンドシステム」「ナッパレザーシート」などの充実した装備が追加で標準となります。

余裕のEV航続距離を誇る「B9 limited」

電池の搭載量を増やしながらも、パワーアップは控えめとし、その分、航続距離を伸ばしたというのが「B9 limited」となります。こちらも予約中で納車は2022年冬以降。

価格は740万800円。最高出力は178kW、最大トルク300Nm。一充電走行距離はWLTCモードで最大610㎞(日産社内計測)を予定しています。

装備は、「B6 e-4ORCE limited」と同じ内容になっています。

余裕の走りを誇る最強グレード「B9 e-4ORCE limited」

電池搭載を増やし、駆動方式も4WDとする最強モデルが「B9 e-4ORCE limited」となります。こちらも現在予約中で納車は2022年冬以降。

価格は790万200円。最高出力は290kW、最大トルク600Nm。一充電走行距離はWLTCモードで最大580㎞(日産社内計測)を予定しています。

4グレード中、最もパワフルなのが特徴です。装備類は、「B6 e-4ORCE limited」と「B9 limited」に加え、唯一の20インチのタイヤ&ホイールを装着します。

現在、4グレード編成となるアリア。

ベーシックなモデルが欲しいときは「B6」。長い航続距離を求めるならば「B9 limited」。4WDでキビキビ走りたいのなら「B6 e-4ORCE limited」。オールマイティな高性能を求めるなら「B9 e-4ORCE limited」を選ぶといいのではないでしょうか。

商品詳細