ホンダ 新型フィット RSの見積りを取ってみた!見積価格は312万9,745円!?気になる納期についても公開!

ホンダ 新型フィット RS

2022年の秋頃にマイナーチェンジを予定しているホンダ 新型フィット。

今回、その新型フィットにデザイン変更に加え、走りにこだわったRSが新たに設定されるとのことで、早速ディーラーで見積りを取ってみました。

気になる納期などの情報と共に見ていきましょう。

Chapter
ホンダ 新型フィット RSはどんな車?
ホンダ 新型フィット RSの見積り価格は312万9,745円!

ホンダ 新型フィット RSはどんな車?

前述したように、新型フィット RSは2022年秋に予定されているフィットのマイナーチェンジ時に追加されるモデルとなっています。

今回のフィットのマイナーモデルチェンジでは、「ユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる」というフィットのコンセプトはそのままに、BASIC・HOME・LUXEはより端正な新デザインに、CROSSTARはよりクロスオーバーらしさを強調したデザインとなっています。

また、フィットに搭載されるホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は、モーター出力のアップとともに、アクセルの応答性も向上し、よりパワフルな走りになっている様です。

次に、新設定となるRSですが、専用のフロントグリルや前後バンパー、リアスポイラーなどを採用し、スポーティーな印象を与えるデザインとなっています。また、RSのe:HEVには、減速セレクター、ドライブモードスイッチを専用装備としています。

もちろん、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、広い室内空間、心地よい視界、使い勝手の良さなどはそのままに、走りにこだわりを持つユーザーにもしっかり応える工夫がされたモデルと言えるでしょう。

ホンダ 新型フィット RSの見積り価格は312万9,745円!

メーカー:ホンダ
車種:フィット RS e:HEV
外装色:プレミアムサンライトホワイト・パール
型式:6AA-GR3
駆動:FF
ドア:5
定員:5

オプション:ボディーカラー有料色(5万5,000円)、タッチアップP(1,430円)、オートリトラミラー(2万4,860円)、ホイールロックナット(1万10円)、ドライブレコーダー(4万1,085)、シンシャPKG(6万6,935円)、LEDフォグY(5万8,410円)、フォグライトGAR(1万6,500円)、ETC2.0セットアップ(3,300円)

【見積もり内容】
車両本体:254万4,300円
オプション:27万6,815円
税金・保険料等:2万7,970円
販売諸費用等(課税):5万3,200円
販売諸費用(非課税):2万150円
その他:20万7,310円

支払総額:312万9,745円

販売時期ですが、発表日は2022年10月6日、発売日は10月7日と予定されているようです。

また気になる納期ですが、昨今の半導体不足によりどうしても遅くなってしまいそうです。実際にディーラー担当者によると、納車は来年(2023年)の3月頃になるのではないかといいます。

いずれにせよ、納車までにある程度の時間が必要なため、購入を考えている方は、早めの予約が必要と言えそうです。

商品詳細