「タイヤ」と「ホイール」って何が違うの?日常で混同されがちな両者の違いを解説

タイヤ

車に欠かせない部品である「タイヤ」と「ホイール」。

なんとなく違いはわかるけれど、実際には混同して使用していることは少なくないかもしれません。

Chapter
日常会話では混同されることの多い「タイヤ」と「ホイール」

日常会話では混同されることの多い「タイヤ」と「ホイール」

「タイヤ」も「ホイール」も、基本的にすべての車に装着されており、車の中でも最重要部品のひとつに数えられるものです。また、どちらも純正品以外にも多くの製品が様々なメーカーから提供されており、自分好みの製品へ交換する人も多いという特徴があります。

そんな「タイヤ」と「ホイール」ですが、「タイヤ」はゴムの部分、「ホイール」は金属の部分を指します。車にある程度詳しい人からすればあまりにも当たり前のことではありますが、その一方で、日常会話の中では、混同して使用されていることも珍しくありません。

例えば、「あの車、タイヤが大きい」という場合、厳密に言えば、「タイヤ」と「ホイール」の両方を指している場合がほとんどです。つまり、「あの車、タイヤとホイールが大きい」というのが正確ということになりますが、実際にはそれは面倒なので「タイヤ」とまとめて言っていると考えられます。

日常生活において「タイヤ」と「ホイール」が常にセットで存在していることが多いことも関係が深そうです。

もちろん、カー用品店などに行けば、「タイヤ」と「ホイール」がわけて販売されていますが、大多数の自動車ユーザーにとっては、ひとまとめにして考えてもそれほど問題はありません。


「タイヤ」は消耗品であるため、一定の走行距離や使用期間で交換する必要があります。また、冬期にはスタッドレスタイヤへと交換をすることもあります。同じく、「ホイール」も経年劣化によってひび割れなどが発生する可能性があるので、定期的に点検を行うことが求められます。

「タイヤ」や「ホイール」を交換する場合は、サイズに注意しなければなりません。

間違ったサイズのものを選んでしまうと、スピードメーターやトリップメーターが正確な数字でなくなってしまうばかりか、本来の走行性能が失われてしまい、非常に危険です。


「タイヤ」も「ホイール」も、命に関わる重要な部品です。こまめに状態を確認するとともに、交換する際は信頼できる専門店に依頼するようにしましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道