レンタカーが「わ」ナンバーの理由は? 「れ」ではダメなのか?

わナンバー

車のナンバープレートには、車の素性を判別するために多くの方法が記載されています。

その中にはひらがなも使われていますが、自家用車ではなく貸渡用車両、つまりレンタカーのナンバーには「わ」が使われています。

なぜ、レンタカーのナンバーは「わ」なのでしょうか。他のひらがなではいけない理由はあるのでしょうか。

Chapter
わナンバーの起源は諸説ある

わナンバーの起源は諸説ある

レンタカーとして使われている車は、貸渡用車両と呼ばれる車です。

事業用として使われている車の中でも貸渡用車両は自家用自動車有償貸渡業、つまりレンタカー事業用の車であり、同じくカーシェアリング用の車も貸渡用車両に該当します。

レンタカーを事業とするためには「自家用自動車は、国土交通大臣の許可を受けなければ、業として有償で貸し渡してはならない」という道路運送法第80条によって、さまざまな基準を満たす必要があります。

そして、ナンバーに「わ」が使われているのは、これらの法にもとづいて貸渡用の車のナンバーに「わ」の使用が許されているためです。

さらに、ナンバープレートのひらがなは事業用判別文字と呼ばれるものであり、その車が事業用なのか自家用なのかを判別するために用いられています。

このことから、「わ」を使うことで、レンタカーであることを判別できるようにしているのです。

また、中にはナンバーに「れ」を使っている車も存在しています。それは、主に沖縄を走るレンタカーです。

沖縄で「れ」ナンバーが使われている理由の1つとして、観光客の増加が挙げられます。

観光客の増加にともなってレンタカーの台数も増えたことから、「わ」ナンバーが使えなくなり、2015年ごろより「れ」が使われ始めたとされています。

沖縄以外の地域では、需要に対してレンタカーの数が十分に確保されているため、ほとんどの場合で「れ」ではなく「わ」が使われているようです。

ちなみに、レンタカーのナンバーに「わ」が用いられるようになったそもそもの理由は、ナンバープレートに使われるひらがなの中で「わ」が最後であったためという理由や、レンタカーのナンバーとして最初は「れ」が使われる予定だったが、通達の書類を受け取った担当者が「わ」と見間違いをしたなど諸説あり、定かではないようです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道