3ナンバーと5ナンバーでも税金は変わらない!?

5ナンバー

自分の車が3ナンバーなのか5ナンバーなのか、気にされている方も多いようです。

それではその「3」と「5」はいったい何で見分けているのか?

その違いによって何かメリットやデメリットは生じるのか?

そんな疑問をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。

なんとなく分かっているようで分からない3ナンバーと5ナンバーの違いについて、解説します。

Chapter
3ナンバーと5ナンバーの違いは「ボディ寸法」「排気量」で決まる!
税金は「重さ」と「排気量」で変わる

3ナンバーと5ナンバーの違いは「ボディ寸法」「排気量」で決まる!

自動車に取り付けてあるナンバープレートにはさまざまな情報が記されています。

そのうち、上段にある二桁もしくは三桁の数字の最初の数字が「3」になっているか「5」になっているかで、3ナンバーと5ナンバーを判別することができます。

3ナンバーと5ナンバーは何を表している?

3ナンバーは普通乗用車、5ナンバーは小型乗用車に与えられる数字です。

ここで表す小型自動車とは「全長4.7メートル以下×全幅1.7メートル以下×全高2.0メートル以下」の四輪自動車であり、さらに「総排気量が2,000cc以下」と定められています。

それに対し普通乗用車とは、この小型乗用車の規定のうちどれかひとつでも基準を超えている車両のことを表しています。

ボディサイズが5ナンバーの基準値内であっても排気量が2,000ccを超えていれば3ナンバーとなり、たとえ排気量が1,000ccでも全幅が1,710mmであれば3ナンバーとなります。

ここで注意しておきたいのは、排気量の規定はあくまでガソリンエンジン限定ということです。

ディーゼル車の場合には排気量の制限がなく、どんなにディーゼルエンジンが大排気量でも、ボディサイズさえクリアすれば小型自動車として認められています。

※ おまけの知識として、ロータリーエンジンはスペック上の排気量に1.5をかけた値で計算されます

税金は「重さ」と「排気量」で変わる

ここでよく耳にするのが、「3ナンバーよりも5ナンバーの方が税金が安い」ということですが、実際はそのようなことはありません。

自動車の税金には「重量税」「自動車税」の主に2つです。ほかにも自動車取得税などもありますが、ここではあまり関係が無いので割愛します。

重量税はその名の通り、車の重さに応じて税額が変わるもの。

自動車税は排気量に応じて変わります。

つまり、2つともナンバーではなく、あくまで所有する自動車の「重さ」と「排気量」によって変動するもので、3ナンバーか5ナンバーかで課税額が変わるというものではありません。

3ナンバー車でも排気量が小さければ安くなり、5ナンバー車でも大排気量ディーゼル車であれば高くなります。

道路運送車両法によって、普通乗用車には3ナンバーが、小型乗用車には5ナンバーが与えられるように規定されていますが、ユーザー目線での実質的な違いはボディサイズぐらいです。

かつては車格を表していた「3ナンバー」と「5ナンバー」。

今やコンパクトターボ車やハイブリット車、電気自動車などが増えたことで、あまり意味を成さなくなってきています。