中古で売ってる教習車は一般人が買ってもいいのか?

教習車

教習車は、日本の教習所に通って免許を取った人なら誰もが運転したことのある車でしょう。

教習車は、実は中古車販売店で販売されていることがあるのです。

それでは、教習車を一般人が購入することは可能なのでしょうか。

Chapter
教習車は一般人でも購入できる!

教習車は一般人でも購入できる!

結論から言えば、全国の自動車教習所で使用されている教習車は、中古車として一般人でも購入することが可能です。

ただし、新車の購入はほぼ不可能です。

現在、教習車で圧倒的なシェアを誇っているのはマツダ車ですが、2019年5月27日に発売したマツダ2セダンをベースとした新型マツダ教習車は、一般販売は行われていません。

さらに、かつては教習車として多くの教習所で採用されていたトヨタのコンフォートは2017年5月に販売を終了し、後継として2018年2月より販売されているカローラアクシオをベースとした教習車もマツダ教習車同様、一般販売は基本的に行われていないようです。

SNSでコンフォートを新車購入した投稿が話題になったこともありましたが、これは非常に稀有な例だと言えるでしょう。

そのため、教習車を購入する方法として挙げられるのは、基本的に中古車として販売されている個体を狙う方法となります。

例えば、グーネットでは、乗用車だけでなくトラックも含めて教習車というキーワードで30台以上登録されており、カーセンサーにも60台程度登録されています(2022年3月9日現在)。

実際に、助手席補助ブレーキが装備されたトヨタ コンフォートやマツダのアクセラを確認することができます。

価格も、総額40万円ほどの車両から、100万円を超えるものまでさまざま。どうしても購入したければ、中古車購入サイトなどを使って探した方が早そうです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細