タイヤに窒素ガスを充填する意味ってあるの?メリット・デメリットを解説

タイヤ

ガソリンスタンドなどで、タイヤに空気ではなく窒素を入れることをおすすめされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際のところ、タイヤに窒素ガスを充填するとどのような変化があるのでしょうか。

今回はそのメリットとデメリットを解説します。

Chapter
タイヤに窒素ガスを充填するメリットとは
タイヤに窒素ガスを充填するデメリット

タイヤに窒素ガスを充填するメリットとは

タイヤに窒素を充填する最も大きなメリットは、その抜けにくさです。窒素はゴムの分子よりも大きいため、酸素と比較すると漏れが少なくなります。その結果、空気圧の低下を抑えることが可能と言われています。

さらに、酸素より水分を含みづらい窒素を充填することによって、タイヤ内に混入する水分を少なくできるという利点も。水分は気温やタイヤの温度によって体積が変動する不安定な物質です。そのため、窒素の充填によってタイヤ内の水分を減らすことができれば、空気圧を安定させることができるのです。

また、タイヤ内の水分が少ない状態で、タイヤ内の空気圧が一定であればあるほど走行中の安定性は増すことになり、燃費の向上やタイヤが長寿命化するという説もあります。

タイヤに窒素ガスを充填するデメリット

ガソリンスタンドでの給油ついでに行う空気の充填は、ほとんどの場合無料で行うことができますが、窒素ガスを充填する場合は充填に費用が掛かります。

店舗によってバラつきはあるものの、窒素ガスの充填は平均してタイヤ1本500円ほどの費用が掛かるケースがほとんどです。タイヤ専門店では1本1,000円で充填を行っている場所もあるようです。

また、窒素ガス充填のためのインフラは整っているとは言い難く、整備工場を併設する大型カー用品店やカーディーラー等でしか行えないと言った点もデメリットとなります。誰でも、気軽に、簡単にとはいかないのが窒素ガス充填のデメリットなのです。

また、前述した抜けにくさや空気圧の安定は普段から車を運転しているドライバーでも実感は難しいものとなっています。そもそもメリットの実感が難しいという部分も、デメリットの1つだと言い換えることができます。

航空機やレーシングカーのように、シビアな条件で使用するタイヤに比べると、自家用車への充填のメリットは限定的なものになります。実際に窒素ガスを充填する人は、走りにこだわりを持った人が入れる傾向があるようです。

タイヤへの窒素ガス充填は、メリット・デメリットそれぞれ存在しています。これらを踏まえた上で、窒素を充填するかどうか選ぶと良いでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道