【東京オートサロン2022】オートバックスセブンが新カスタマイズブランド『ARTA MECHANICS』始動!東京オートサロンでホンダNSXのカスタムカーを発表

TAS2022 ARTA

株式会社オートバックスセブンは、東京オートサロン2022で新カスタマイズブランドのARTA MECHANICSのブースを設け、ホンダNSXをベースとしたカスタマイズカー「ARTA MECHANICS LEGAVELO」の発表及び展示を行っています。

Chapter
オートバックスセブン発 新カスタマイズブランド「ARTA MECHANICS」
カスタムカー「ARTA MECHANICS LEGAVELO」
ARTAブランドについて
ARTA MECHANICS LEGAVELOは5台限定!

オートバックスセブン発 新カスタマイズブランド「ARTA MECHANICS」

株式会社オートバックスセブンから、新カスタマイズブランドとして「ARTA MECHANICS」が創設され、第1弾のカスタムカーとして、ホンダNSXをベースとした「ARTA MECHANICS LEGAVELO(リガヴェロ)」を発表しました。

カスタムカー「ARTA MECHANICS LEGAVELO」

LEGAVELO(リガヴェロ)」とは、伊語lega(合金)とVeloce(速さ)からなる造語で、戦闘機からイメージされる「タフ」さを表現するために、空力と走行性能を追求したデザインとなっています。

カスタマイズのポイントは主に、外装内装マフラーホイールが挙げられます。

外装

リアウイングでは、ドライカーボンの上から塗装を施し、一見カーボンと分からないようなデザインに仕上げています。

通常カーボンパーツは、カーボンと分かるように主張するものが多いイメージですが、ARTA MECHANICSでは控えめで洗練された雰囲気が味わえるデザインになっているのが特徴です。

ボンネットもドライカーボン製となっていますが、フェンダー部分のFRPとぱっと見では区別がつかない、落ち着いた風合いのデザインです。

また、エンブレムはアルミ削り出しをアルマイト塗装で施し、マット感のある塗装に仕上げ、やはり主張は控えめに大人らしくまとめられています。

内装

次に、内装は全てブラックで統一しており、シルバーの部分をカーボンに置き換えています。

ステアリングは、グリップ部分をアルカンターラにしていて、ステッチも四角形をモチーフとした形状にしており、他にはないこだわりのデザインとなっています。

さらに、シートには矢をイメージした模様があしらわれているのもポイントです。

マフラー

マフラーは4本あり、横並びではなく正方形に配列されています。

ホイール

ホイールはセンター部分にARTA MECHANICSのロゴを配置した、重厚感と高級感のあるデザインです。

ARTAブランドについて

従来は、オートバックスカラーのオレンジを主体とした商品、モデルが主流でしたが、リブランディングを図り、カラーやデザインを統一感あるものに一新しています。

特にカラーは、ブラックとホワイトのモノトーンで統一していて、スイスの高級機械式腕時計ブランドである”CVSTOS”と融合したアパレル「ARTA CVSTOS」も、モダンで都会的な雰囲気を演出しています。

モータースポーツブランドでありながら街中のコーディネートに取り入れやすいデザインで、今回の出展ブースでも展示が行われています。

ARTA MECHANICS LEGAVELOは5台限定!

現行NSXを所有しているオーナー向けに、スペシャルフルカスタマイズパッケージとして、5台限定で税込み2,530万円で受付けが行われています。

ARTA MECHANICSブランドは、様々なクルマのカスタムシリーズを今後も展開していくため、これからの情報も随時公式サイトでチェックしてみてください。