2,370万円の新型NSX、6時間7万200円で乗り回すなら、なにする?

現在、日本最高峰のスーパースポーツモデルといえば、新型NSXがその筆頭といえるでしょう。2,370万円というプライスに加え、V6 3.5Lターボエンジンにハイパワーモーターを組み合わせた、まさに次世代のスポーツモデルかくあるべしという内容になっているモデルです。その新型NSXが、レンタカーに登場しました。

Chapter
日本最高峰のスーパースポーツNSX、そのレンタカー登場!
新型NSXレンタカーの価格と条件とは?
どこにいくかは、貴方次第…

日本最高峰のスーパースポーツNSX、そのレンタカー登場!

ホンダ NSX

押しも押されぬ日本最高峰のスーパースポーツモデル、新型NSX。そのプライスタグは、2,370万円!初代NSXが800万円でしたから、約3倍の価格です。もはや、さまざまな意味で乗り手を選ぶクルマとなってしまいました。

かつてのNSXは、アルミパーツをふんだんに使用し、軽量化されたボディに3.0~3.2L 自然吸気V6 VTECエンジンを搭載。どこかストイックさを感じさせるモデルであり、いまでも根強いファンがいます。

他方、現在の新型NSXは3.5Lターボエンジンに加え、複数のモーターを完璧に制御して駆動に使う、先進メカニズムの塊というすさまじいモデルです。

・システム最高出力…427kW(581ps)
・システム最大トルク…646Nm(65.9kgm)

こうした新機軸もホンダらしさですが、往年のホンダファンにとってはNSXが手の届かないところにいってしまったような、少々複雑な思いがあるかもしれませんね。

しかし、この新型NSXをレンタカーで借りることができるようになったのです。

その価格、そして借りる条件は…?

新型NSXレンタカーの価格と条件とは?

第2世代NSX「ジュエルアイ」ヘッドライト

2,370万円もする新型NSX、やはり借りるにはそれなりの対価と、結構厳しい条件が課せられます。

レンタルを実施するのは、オリックスレンタカー系列のタステック・レンタリース。同社は高級車・輸入車のレンタカーサービスを福岡県内を中心に展開しており、レクサスやBMW、アルファロメオなど魅力的な車種が揃っています。

実施される店舗は、オリックスレンタカー八幡インター店(福岡県北九州市)。2017年9月1日よりサービスをスタートするとのこと。

気になるレンタル料金は、6時間で7万200円。以降、12時間が101,520円、24時間が117,720円、1日追加で88,560円。前記レンタル料金に1時間追加ごとに18,360円という料金体系になっています。

これを安いととるか、高いととるかは貴方次第ですが、借りるための条件が結構厳しいのです。

利用条件は、
1、国内在住で日本国籍の方
2、運転免許歴20年以上の方
3、ゴールド免許の方(レンタカー貸渡時点)
4、アンケートに回答いただける方
5、オリックスレンタカープライムメンバーズクラブ会員の方(利用時入会可能)

2、3の条件でかなりの人がふるい落とされる…そんな気もしますね。具体的には、38歳以上のドライバーかつ、ゴールド免許の方というわけです。

さて、この条件と予算を満たせたとして、貴方ならNSXとどこにいきますか?

どこにいくかは、貴方次第…

ホンダ NSX 2015

新型NSXは、おそらくどこを走っても羨望の眼差しを受けること必至です。そう考えれば、都市部を流すだけでも(レンタカーとはいえ)自尊心をくすぐられること請け合いでしょう。

コンビニに停める、カフェの前に停める、といっただけでも、強烈な存在感を醸すこと必至です。もちろん、輪留めには気を付けないといけませんが…。

無茶は禁物ですが、ワインディングを流しクルマとの対話を楽しむ、というのもじつに贅沢な乗り方。NSXで日帰り小旅行というのが、さまざまなステージを走行でき、楽しいかもしれません。

また、もしサーキットライセンスを持っている方であれば、サーキットでスポーツ走行というのも最高でしょう。とはいえ、サーキットではレンタカーを借りる際に加入する保険は適用されませんから、サーキット走行の際は、あくまでも自己責任で行ってくださいね。

このように、どこに行っても間違いなく楽しめそうなNSXレンタカー、予算さえあれば借りてみたいところです。

それなりの出費は覚悟しなければならないものの、話題の新型NSXですから、当分のあいだは予約も殺到するかもしれません。レンタルを検討される方は、早めに問いあわせをするのが吉でしょう。