【プロ解説】マツダ2の安全装備を徹底解説!!

マツダ 2

2019年7月に行った一部改良の際に、デミオから車名変更を行ったマツダ2。日常を豊かにする上質なパーソナルカーを目指して、質感の高さを追求しています。

この改良で、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を全車速追従機能付とするとともに、ヘッドライトのユニットの分割化により夜間視認性を向上させた「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を設定するなど、安心・安全をサポートする機能を充実させています。

ここでは、マツダ2に採用されている安全装備を紹介します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(夜間歩行者検知機能付)
スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能]
スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能]
レーンキープ・アシスト・システム
ブラインド・スポット・モニタリング&後側方接近車両検知
車線逸脱警報システム
AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール
交通標識認識システム
アダプティブ・LED・ヘッドライト
ハイ・ビーム・コントロールシステム
ドライバー・アテンション・アラート
360°ビュー・モニター

安全装備を一覧で紹介

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(夜間歩行者検知機能付)

フロントガラス内に設置されたカメラで、前方の車両と歩行者を検知して、衝突の回避または被害軽減を図るシステムが、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート夜間歩行者検知機能付です。

車両検知は約4~80km/h、歩行者検知は約10~80km/hで作動します。夜間の歩行者検知機能の追加により、夜間の歩行者検知精度の向上を図ってます。

スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能]

前方車、歩行者そして自転車を検知するのが、スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能]です。

レーダーセンサー及びカメラによって前方車/歩行者/自転車へ衝突する可能性があるとシステムが判断したとき、ディスプレイの表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。

衝突を回避できないとシステムが判断するとブレーキ制御おこない衝突時の被害を軽減。ドライバーがブレーキペダルを踏んだ場合はブレーキが素早く確実に掛かるようにサポートします。

スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能]

約2~8km/hで後退中に後方の障害物を超音波センサーで検知し、衝突を回避できないとシステムが判断したときに、ブレーキ制御によって衝突時の被害を軽減するのが、スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能]です。

リアバンパーに内蔵された超音波センサーによって近距離の静止物を検知し、警告音でドライバーに知らせます。

レーンキープ・アシスト・システム

車線からの逸脱回避を支援するのが、レーンキープ・アシスト・システムです。

自車が車線から逸脱する可能性があると、システムが判断した場合に、ハンドル操作をアシストすることにより、車線からの逸脱回避を支援するシステムです。

約60km/h以上の速度で走行中に車線の白線や黄線を検知して、自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、電動パワーステアリングを作動させてドライバーのハンドル操作をアシストします。

同時にマルチインフォメーションディスプレイの表示でドライバーに知らせます。

ブラインド・スポット・モニタリング&後側方接近車両検知

後方からのクルマの接近を知らせるのが、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&後側方接近車両検知(RCTA)です。

BSMは後方から接近する車両の存在を知らせて、車線変更時の後方確認を支援するシステムです。約15km/h以上で前進しているときに後方からの接近車両を検知すると、接近状態に応じてドアミラー表示を点灯。その状態で点灯下側にウインカー操作を行うと点滅表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。

一方のRCTAは駐車場などから後退するときに、左右後方に接近した車両を検知してドライバーに警告を行う機能です。

BSMの検知エリアは自車の左右に隣接する車線で、自車のフロントドア後端から自車の後方約50mまでとなります。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システムは自車が車線から逸脱する可能性があることを知らせるシステムです。

約60km/h以上での走行中にカメラが車線の白線や黄線を検知し、自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、警報によってドライバーに知らせる機能です。

AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]

AT誤発進抑制制御は徐行中や停車時、カメラや超音波センサーが前方または後方に車両や壁などの障害物を検知しているにも関わらず、必要以上にアクセルペダルが踏み込まれたとき、表示および警告音と同時にエンジン出力を抑制する機能です。

前進時には衝突を回避できないとシステムが判断したときに、ブレーキ制御を行うことで衝突時の被害を軽減します。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)は車間距離を一定間隔で保つ機能です。

従来のミリ波レーダーとカメラの併用によって、追従可能な速度域の下限を30km/hから0km/hにまで拡大。停車状態からでも追従走行を開始できるように進化させたことで、全車速域での追従走行を可能(AT車のみ)としました。

追従走行中に先行車が停止すると自車も減速して停止。停止後は、一旦MRCCは解除され、ドライバーのブレーキ操作を促します。

停車後の再発進はドライバーのブレーキを解除した後、ステアリングスイッチ操作で行い、再発進後は再び自動で先行車の速度に合わせて加速します。

交通標識認識システム

交通標識認識システムは走行中にカメラやナビゲーションシステムが認識した交通標識を、アクティブ・ドライビング・ディスプレイとメーターに表示することで、交通標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援するシステムです。

表示した最高速度標識の速度を超過した場合は、表示や警報音でドライバーに知らせます。

アダプティブ・LED・ヘッドライト

安全運転に必要な視界を確保するのが、アダプティブ・LED・ヘッドライトです。

夜間走行時に先行車や対向車の状況をクルマが判断。ヘッドライトの照射範囲や明るさを自動的に変化させるシステムです。

グレアフリーハイビームは約30km/hで先行車や対向車の状況に応じてハイビームの照射範囲を自動的にコントロールする機能です。

そしてワイド配光ロービームは約40km/h以下で車両の左右側方を広く照射する機能。ハイウェイモードは約95km/h以上でより遠方を照射する機能です。

ハイ・ビーム・コントロールシステム

ハイ・ビーム・コントロールシステムは夜間走行時に先行車や対向車の状況をクルマが判断し、ハイビーム/ロービームを自動的に切り替えるシステムです。

約30km/h以上で走行中に前方に先行車や対向車がいないときにハイビームとなります。

一方、前方に先行車や対向車のランプ類を検知したときや街灯が並んでいる場所や路面の明るい街中を走行しているとき。そして約20km/h未満で走行しているときはロービームとなります。

ドライバー・アテンション・アラート

ドライバーに休憩を勧める機能がドライバー・アテンション・アラートです。

これはドライバーの疲労や注意力の低下を検知し、ドライバーに休憩を促すシステムです。

車線内を約65km/h以上で走行しているとき、クルマがドライバーの疲労増加や注意力低下を推定するとマルチインフォメーションディスプレイの表示と警報音でドライバーに休憩を促します。

360°ビュー・モニター

ドライバーから死角となる見えない部分の危険を察知してサポートするのが、360°ビュー・モニターです。

これは車両の前後左右に設置した4つのカメラを活用し、センターディスプレイの表示や各種警告音で低速走行時や駐車時に車両周辺の確認を支援するシステムです。

映像はトップビュー/フロントビュー/フロントワイドビュー/サイドビュー/リアビュー/リアワイドビューと6パターンに切り替えられます。

新しい機能を追加し、国産コンパクトカーの中で充実した運転支援機能を搭載しているマツダ2。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールをはじめとして、制御も人間の感覚に近いフィーリングとなり、違和感が少なくなっています。

ただ、機能は多いのですが、多くのグレードでオプション設定となっていることが多いのが気になります。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博