ジープ 4代目ラングラーのグレード比較(3BA-JL36S/3BA-JL36L/3BA-JL20L型)

ジープ 4代目ラングラー

今回はジープ 4代目ラングラー(3BA-JL36S/3BA-JL36L/3BA-JL20L型)のグレードについて紹介します。

ジープの象徴的なオフローダーであるラングラーの4代目にあたる現行モデルは、非常に多くの長所を備えた1台となっています。

そんな4代目ラングラーには4つのグレードが設定されていますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

Chapter
ジープ ラングラー SPORT 3.6L 【価格:518万円〜】
ジープ ラングラー UNLIMITED SPORT 3.6L 【価格:539万円〜】
ジープ ラングラー UNLIMITED SAHARA 3.6L 【価格:599万円〜】
ジープ ラングラー UNLIMITED SAHARA 2.0L 【価格:613万円〜】
ジープ ラングラー UNLIMITED RUBICON 3.6L 【価格:638万円〜】

ジープ ラングラー SPORT 3.6L 【価格:518万円〜】

「SPORT 3.6L」はジープ ラングラーのベースグレードで、1941年に誕生した初代Jeep®︎Willysの血統を直接受け継いだモデルです。

エンジンとしては優れたパフォーマンスを誇る3.6Lペンタスター™️V型6気筒DOHCエンジンが搭載されています。

3.6Lペンタスター™️V型6気筒DOHCエンジンは、これまで数多くの賞を獲得してきた評価の高いエンジンに軽量化や摩擦低減対策などの改良を行ったものとなっています。

最高出力は209kW(284PS)/6,400rpm、最大トルクは347Nm(35.4kgm)/4,100rpmを誇っています。

装備としてはLEDヘッドライトや革巻ステアリングホイール、START&STOPシステムなどが標準装備されています。

START&STOPシステムは、停車中にエンジンを停止する機能だけでなく、減速時に燃料フローを低減してエンジンを停止する高度な制御を用いたシステムで、それによりCO2排出量の低減や燃費効率の向上を実現しています。

この他にも、Uconnect®︎ 7インチタッチパネルモニターやリアパークアシストシステムなども備わっています。

Uconnect®︎ 7インチタッチパネルモニターではApple CarPlayやAndroid Autoを使用でき、Googleマップによる音声ナビゲーションやリアルタイム交通情報、ミュージックのストリーミング再生などが利用可能です。

リアパークアシストシステムは、リアバックアップカメラと連携し、後退時にスクリーン表示や警告音で障害物の存在を知らせてくれます。また、モニターにはステアリングの角度に応じて曲がるダイナミックグリッドラインが表示されるため、駐車の苦手な方でも安心です。

ここまで「SPORT 3.6L」について紹介してきましたが、「SPORT 3.6L」はジープ ラングラー唯一の2ドアグレードであることに注意が必要です。

しかし、その分車格もその他のグレードより小さく、運転がしやすいグレードとなっています。

燃費はWLTCモードで9.1km/L、価格は518万円です。

ジープ ラングラー UNLIMITED SPORT 3.6L 【価格:539万円〜】

「UNLIMITED SPORT 3.6L」は「SPORT 3.6L」の上位グレードで、ジープ ラングラーの4ドアグレードのベースグレードです。

「UNLIMITED SPORT 3.6L」はゆとりのあるリアシート(後席)とラゲッジルーム(荷室)が魅力で、1人はもちろん、より多くの家族や仲間との冒険にも適したグレードです。

エンジンには3.6Lペンタスター™️V型6気筒DOHCエンジンが搭載されており、最高出力、最大トルクともに「SPORT 3.6L」同様の数値となっています。

ボディカラーとしてはファイヤークラッカーレッド、グラナイトクリスタルメタリック、ブラック、ブライトホワイト、ヘラヤライエローの5色が設定されています。

装備としてはリアドームオーバーヘッドLEDランプやリアアシストハンドルなどが新たに装備されています。

また、リアシートは60:40分割可倒式となっており、リアシートを前面に倒すことでラゲッジルームを拡大できます。拡大時のラゲッジルーム容量は2,000Lにも及ぶため、どんな冒険に出かける時でも安心です。

燃費はWLTCモードで9.0km/L、価格は539万円です。

ジープ ラングラー UNLIMITED SAHARA 3.6L 【価格:599万円〜】

「UNLIMITED SAHARA 3.6L」は「UNLIMITED SPORT 3.6L」の上位グレードで、ひとクラスの上の装備や先進のテクノロジーを搭載することで、全身のクオリティに磨きをかけ、快適性を高めた上級グレードです。

ボディカラーとしてはブラック、ブライトホワイト、グラナイトクリスタルメタリック、スナッズベリーの4色が設定されています。この中で、スナッズベリーのみが5,5000円の有料オプションとなっています。

装備としては、革巻シフトノブやUconnect®︎ 8.4インチタッチパネルモニター、Jeep刺繍入フロントレザーシート、ヒーテッドステアリングホイールなどが標準装備されています。

Uconnect®︎ 8.4インチタッチパネルモニターは、大型フルカラー高精細タッチパネルモニターで、Apple CarPlayやAndroid Autoなどによる包括的なスマートフォンとの連携が可能です。

Uconnect®︎ 8.4インチタッチパネルモニターはスマートフォンで使い慣れた機能を直接操作できる上、Siriにも対応しており、それによる音声コントロールも可能です。

また、「UNLIMITED SAHARA 3.6L」には自由な冒険精神で走りを楽しめるセレクトラック®︎フルタイム4×4システムが備わっています。

セレクトラック®︎フルタイム4×4システムは、クルーズ用の4×2レンジである「2H」、雪道や砂利道などの未舗装路に有効な「4H」、悪路や岩登り時に対応した最大の駆動力を発生する「4L」、自動的に前後輪のトラクションを配分することで、どのような道でも4×4システムを使用できる「4H AUTO」の4つのモードが設定されています。

セレクトラック®︎フルタイム4×4システムは「UNLIMITED SAHARA 3.6L」だけでなく、「SPORT 3.6L」「UNLIMITED SPORT 3.6L」にも装備されています。

燃費はWLTCモードで9.0km/L、価格は599万円です。

ジープ ラングラー UNLIMITED SAHARA 2.0L 【価格:613万円〜】

「UNLIMITED SAHARA 2.0L」は「UNLIMITED SAHARA 3.6L」と搭載されているエンジンが異なるグレードです。

「UNLIMITED SAHARA 3.6L」では「SPORT 3.6L」「UNLIMITED SPORT 3.6L」と同様に3.6Lペンタスター™️V型6気筒DOHCエンジンが搭載されていましたが、「UNLIMITED SAHARA 2.0L 」では2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンが搭載されています。

2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンは、V6エンジン並みのパワーを発揮しながら直列4気筒ならではの低燃費を実現したエンジンで、直噴方式にすることで排気ガスの低減と軽量化を実現しています。

それに加えて、START&STOPシステム、電動油圧パワーステアリング、ツインスクロールターボ、デュアルインディペンデントカムシャフトタイミングなどの様々な高効率機能も備えた新次元のエンジンとなっています。

2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンは、最高出力200kW(272PS)/5,250rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3,000rpmを誇っています。

ジープ ラングラーは全てのグレードでJeep 4×4システムを備えていることで、Trail Rated®︎が与えられています。

Trail Rated®︎はJeepが考えた独自の規格で、地球上で最も険しいトレイルで実施されるオフロード試験に合格したモデルのみに与えられます。

燃費はWLTCモードで10.0km/L、価格は613万円です。

ジープ ラングラー UNLIMITED RUBICON 3.6L 【価格:638万円〜】

「UNLIMITED RUBICON 3.6L」はジープ ラングラーの最上位グレードで、モダンに進化を遂げながら、Jeepがこれまで培ってきたオフロード性能を凝縮したグレードです。

グレード名のRUBICONは、米国のネバダ州からカリフォルニア州に続く世界一過酷と言われるルビコントレイルから命名しており、その名の通り道なき道も難なく進むJeep最強グレードです。

「UNLIMITED RUBICON 3.6L」はJeep 4×4システムとしてはロックトラック®︎4×4システムを備えています。

ロックトラック®︎4×4システムは、セレクトラック®︎フルタイム4×4システムをベースに、「4L」のギア比を変更することで、よりオフロードの走破性を向上させたシステムです。

ロックトラック®︎4×4システムではトゥルロックにより、スイッチを押すだけでリア/フロントまたはリアをロックでき、リア/フロントロック時には4輪へ均等など動力を分配します。

エンジンとしては3.6Lペンタスター™️V型6気筒DOHCエンジンを搭載しており、最高出力は209kW(284PS)/6,400rpm、最大トルクは347Nm(35.4kgm)/4,000rpmを誇っています。

装備としては、RUBICON刺繍入フロントレザーシートやダークグレーアクセント入フロントグリル、ロックレールなどが備わっています。

燃費はWLTCモードで8.0km/L、価格は638万円です。

今回はジープ ラングラーのグレードについて紹介しました。

ラングラーには5つのグレードが設定されていましたが、中でも「UNLIMITED SPORT 3.6L」がおすすめです。

「UNLIMITED SPORT 3.6L」は4ドアグレードであるため、様々な用途で活躍できる上、設定されているボディカラーの種類も豊富です。

4ドアグレードのベースグレードではありますが、装備も充実しているため、必ずや満足できるでしょう。

※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道