ジープ 4代目ラングラー(JL型)のインパネの使い勝手は?レトロな雰囲気に隠された最新機能の数々をご紹介

ジープ 4代目ラングラー

2018年にモデルチェンジされ誕生した、ジープ 4代目ラングラー(3BA-JL36S/JL36L/JL20L型)は、見た目のレトロ感とは裏腹に内装に大きな変更が加えられています。

現代の技術と昔ながらの雰囲気が融合した何とも不思議なクルマではありますが、気になるインパネの使い勝手はどうなのでしょうか。

今回は、 4代目ラングラーのインパネとその周辺の使い勝手について、詳しく解説いたします。

Chapter
ジープ 4代目ラングラーとはどんなクルマ?
ジープ 4代目ラングラーのインパネは機能が充実!
ジープ 4代目ラングラーのインパネ周辺も機能が充実!

ジープ 4代目ラングラーとはどんなクルマ?

ジープ ラングラーは、1987年に登場した本格クロスカントリーカーです。

発売当初はシボレーにラングラーの名が使われていたため、2代目までYJ、TJと呼ばれており、現在でも3代目をJK、現行ラングラーをJLと呼ぶのはこの時代の名残です。

現行モデルは大きく5つのグレードで分けられており、上級モデルは「アンリミテッド」と呼ばれ高い人気を誇っています。

世界一過酷なテスト走行をクリアした高い走破性はもちろんのこと、随所にちりばめられた現代的な装備は、現代の他のクルマに劣らない機能を持っているのも特徴です。

ラングラー独特のエクステリア(外観)から、インテリア(内装)や機能も古いと思われがちですが、実際はそのようなことはなく最新装備が世代を経るごとに追加されています。

もちろんインテリアの豪華さも磨きがかかっており、「アンリミテッド ルビコン」では他の高級SUVに負けない上質感を持ち合わせています。

それでいて防水・撥水機能が高いラングラーは、正真正銘の正統派オフローダーなのです。

ジープ 4代目ラングラーのインパネは機能が充実!

では、ジープ ラングラーのインパネ機能について詳しく見ていきましょう。

計器類はフルカラー7インチマルチビューディスプレイを採用しており、ナビと連動した地図機能のほか、気温や方角も示してくれます。また、画面の切り替えはステアリングホイールにあるボタンでできるのもポイントです。

スピードメーターとタコメーターはアナログ式ですが、見た目に違和感はなく完全に風景に馴染んでいるので見づらさもなく、エアコンの操作ボタンはすべてセンターに集中しているため、操作中に大きく姿勢を変えたり目線を落としたりすることもありません。

その上部にはUconnect 8.4インチタッチパネルモニターが搭載されており、さまざまな操作をセンター周辺で片付けることができるのです。

音声操作によって接続したスマートフォンの操作も可能で、運転中にスマートフォンが鳴ってもハンズフリーで対応できます。

もちろん、ステアリングホイールのボタンでの操作も可能なほか、ドリンクホルダーがセンターコンソールにあるためステアリングホイールの邪魔にもなりません。

そのステアリングホイールもヒーター機能がついており、寒い冬でもハンドルを握る手が冷たくなく運転しやすくなるのは、特筆するに値するでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
ジープ 4代目ラングラーのインパネ周辺も機能が充実!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道