トヨタ GRヤリスの収納機能をチェック!「大は小を兼ねる」収納機能とは?(4BA-GXPA16/5BA-MXPA12型)

トヨタ GRヤリス

トヨタ GRヤリス(4BA-GXPA16/5BA-MXPA12型)は、2020年9月に発売されたばかりの3ドアハッチバッククーペのスポーツカーです。

ハッチバックのノーマルのヤリスとは違い走行性能に特化したモデルで、スポーツカーとハッチバックの要素を両方持ち合わせた1台になっています。

今回は、そんなGRヤリスの収納機能について詳しく見ていきましょう。

Chapter
トヨタ GRヤリスとはどんなクルマ?
トヨタ GRヤリスの収納機能はスポーツカー寄り?
トヨタ GRヤリスのリアシート周辺の収納機能をチェック!
トヨタ GRヤリスの収納はリアシートの活用が肝心!
トヨタ GRヤリスのシートアレンジでできる空間と収納機能をチェック!

トヨタ GRヤリスとはどんなクルマ?

GRヤリスは、2020年9月から販売を開始した3ドアハッチバッククーペのスポーツカーです。

製造はトヨタ傘下のレーシングカー部門の「GAZOO Racing カンパニー」(以下、GR社)が担当し、GRスープラに続く2台目の「GR」の名を冠したクルマでもあります。
GRスープラとの大きな違いは独自開発か否かで、BMWとの共同開発で誕生したGRスープラに対して、単独での開発に成功したのがGRヤリスなのです。

ノーマルのヤリスとは名前こそ共通していますが、中身はまったくの別物のため、別車種としてラインアップされているのがポイント。
また、空気抵抗の関係でノーマルのヤリスよりも全高が低く、乗った時の印象に窮屈さを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

GRヤリスはあくまでもモータースポーツで勝つために作られたクルマなので、快適さよりも走行性能に重点が置かれているのは仕方がないといえます。
しかし、ベースとなったクルマがハッチバックのヤリスであることから、車載性はほかのスポーツカーよりも高いのが特徴です。

シートアレンジを駆使すればゴルフバック2つが積み込めることからも、高い車載性をうかがい知ることができます。

グレードは3つに分かれており、「RS」「RZ」「RC」がラインアップ。

エントリーモデルの「RS」はFF(前輪駆動)で、唯一エンジン型式が異なるグレードでもあるのに対して「RZ」「RC」は4WD(4輪駆動)であり、排気量も大きく、インタークーラーターボがついているため出力も2倍以上高いのが特徴なのです。

どちらもノーマルのヤリスよりも走行性能重視で作られているため、快適さの面ではノーマルのヤリスに劣ってしまいます。
しかし、ノーマルのヤリスにはない過激な走りやエンジンサウンドが楽しめるため、購入する際は要検討してみるのも良いでしょう。

トヨタ GRヤリスの収納機能はスポーツカー寄り?

結論から言うと、GRヤリスの収納機能はノーマルのヤリスほど高くないのが現状です。

ハッチバックタイプなので車載性に期待する声もありますが、基本コンセプトはスポーツカーなので無駄な機能は大幅に省かれています。
収納機能はその第一候補であり、GRヤリスも多くのスポーツカー同様、収納機能を省かれてしまっているのです。

フロントシート(前席)には、車検証などの書類が搭載できるグローブボックスがあります。

しかし、必要最低限の収納機能しかないため車検証を含めたファイルを積んでしまうと、それ以外のものはあまり入れることができなくなってしまうという欠点があるのです。
一般的なクルマでも変わりませんが、グローブボックスは基本的に必要最低限のものを入れる場所だと思えば良いかもしれません。

オプションで追加できる「TOYOTA GAZOO Racing Recorder」も安全確保のためには必要な装備ですが、これを取り付けるとさらにスペースがなくなってしまう点も覚えておくと良いでしょう。

センターコンソールには、スマートフォンなどの小物を置くためのスペースがあります。

オプション設定で本革で取り外し可能なトレーに交換可能ですが、非常に小さく、置けるものには限界があります。
あまり大きなものを置いてしまうとシフトレバーに当たってしまううえ、そもそも置けるものも限られてしまうため、置くものは注意して選びましょう。

ドリンクホルダーも2本分あるほか、その後ろにはコンソールボックスもありますが、収納機能としてはこの程度で決して機能性が高いとはいえず、基本的に車内に荷物は置いたままにはできないと思っておいたほうが良いかもしれません。

トヨタ GRヤリスのリアシート周辺の収納機能をチェック!

GRヤリスの収納機能は必要最低限に抑えられていると紹介しましたが、リアシート(後席)周辺の機能はさらに少なくなります。

GRヤリスのリアシートは一応人が座れる構造になっており、チャイルドシートも装備可能ですが、あくまでもメインはフロントシートにしかないため、リアシートの機能はフロントシート以上に限定されてしまっているのです。

そもそも、リアシートに乗り込むためにはフロントドアから入る必要があります。
リアドアがないため仕方がないのですが、これに伴ってリアシート周辺にポケットはありません。

足回りのスペースもないとは言い切れませんが狭いことに変わりはないほか、シートバックポケットもないため、収納機能はあまり優秀とはいえないでしょう。

幸い足回りに若干のスペースがあること、センターコンソールのコンソールボックスなど、まったく収納機能がないわけではありません。
リアシートは2人掛けですが中央にスペースがあるため、そこに荷物を置くこともできますが、積載する荷物によっては座るスペースも狭くなってしまうため、注意が必要です。

トヨタ GRヤリスの収納はリアシートの活用が肝心!

収納機能が少ないGRヤリスですが、工夫次第で収納機能を作り出す方法があります。

その方法のひとつが、リアシートを収納スペースとして使うこと。

人を乗せることにあまり適していないスポーツカーならではの形状ゆえの使い方であり、他のスポーツカーでも同様の使い方で使われることが多いのです。
GRヤリスのリアシートは他のスポーツカーよりもやや広めに設計されており、荷物を置くには十分なスペースがあるといえます。

運転中にずれて困るものであれば足元空間へ、そうでないものはシートの上に置くことでスペースの有効活用ができるので、買い物袋や組み立て式の小型家具などが載せられるでしょう。

シートベルトも活用すれば、荷物が動いてしまうのをある程度防ぐこともできます。

ただし、注意しなければならないことが2つあります。

1つ目は、足元スペースは決して広いわけではない点。

人が乗る場合もそうですが、足元のスペースにはほかのスポーツカーよりもスペースが設けられており、買い物袋を置く程度なら何ら問題はありません。
しかし、ものによってはフロントシートを前に出す必要がある場合もあるため、横幅があったりするものは載せることができない点には注意しましょう。

そして2つ目は、荷物が積載しにくいという点です。

普段の買い物袋程度なら問題ありませんが、大きな荷物になると、フロントシートから差し込むように載せなければなりません。
傾けたり、横倒しにしたりしなければならない荷物は載せにくい、もしくは載せられないと考えると良いでしょう。

しかし抜群にいいとは言えないものの、リアシートに荷物を置く方法も手段のひとつとして覚えておくと良いかもしれません。

トヨタ GRヤリスのシートアレンジでできる空間と収納機能をチェック!

GRヤリスの収納機能をあげるもうひとつの方法は、シートアレンジで大きな空間を作り出してしまうことです。

リアシートに人を乗せる予定がない場合のみ有効ですが、はじめからリアシートをアレンジしてしまい、荷室(ラゲッジルーム)の一部として使うことで、高い収納機能を得ることができます。

リアシートは、6:4の独立可倒式で、必要に応じて使い分けることが可能。
すべて倒してしまってもいいのですが、そうしてしまうと普段の買い物で購入したものを載せにくくなってしまうという欠点があるのです。

また、シートアレンジをすると全面フラットになるため、荷物がズレて動かないように滑り止め用のマットも必要になってきます。
もちろん、シートアレンジをせずに荷室単体で利用することもできるほか、シートアレンジ後と同じようにバスケットやコンテナは必要ですが、小物を収納することができます。

大きな荷物であればさほど困ることがない反面、小物収納に関してはやや弱いのがGRヤリスの収納機能の欠点。
しかし、大きなスペースが確保できる分、ほかのスポーツカーよりは幾分か優秀といえるでしょう。

他のスポーツカーでは荷室とリアシートがシートアレンジで接続できない車種もあるうえ、そもそもシートアレンジそのものができない場合もあります。
シートアレンジができて大容量空間ができる、まさに「大は小を兼ねる」スペースを有効活用できる点が、GRヤリスの強みともいえそうです。

通常のままだと決して高いとは言えないGRヤリスの収納機能は、リアシートや荷室、シートアレンジ後の空間をうまく使うことで解消できる可能性があることがわかりました。

スポーツカーゆえに仕方がない面もありますが、使い方次第では普通のハッチバックにも劣らない機能性を持っている1台なのです。

GRヤリスの収納機能をうまく使うにはアレンジが必要ですが、「大は小を兼ねる」スペースを有効活用することでノーマルのヤリス以上の使い方ができるでしょう。

※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道