トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの衰えぬ人気の秘密?現在でも通用する快適な乗り心地を解説(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)

ランドクルーザー

2021年6月、SUVの雄として知られるトヨタ ランドクルーザーに新たなフラッグシップ「300系」が登場しました。

SUVの代名詞といっても良い世界中で人気を博してきたモデルだけに、発表は大きな関心を集めています。

同時に、これまでランドクルーザーのブランドをけん引してきたトヨタ 9代目200系ランドクルーザー(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)の人気にも衰えが見えていません。

2007年にデビューして以来、2011年と2015年にマイナーチェンジを実施するなど改良が重ねられてきた200系ランドクルーザーは、あらゆる道を走破出来る性能を持っています。

また、広い快適な居住空間に高い収納力を誇るラゲッジルーム(荷室)など、SUVとして卓越した総合力を持つモデルであることが再認識されているためです。

全ての人の様々なライフスタイルを満足させる高性能オフローダー、200系ランドクルーザーの魅力について、今回はその乗り心地から人気の理由を見ていきましょう。

Chapter
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーはどんなクルマ?
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの先進技術がもたらすドライバーと乗員への快適な乗り心地
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのきめ細かい配慮がもたらすドライバーと乗員への快適な乗り心地
トヨタ 9代目ランドクルーザーの乗り心地をさらに高めるために選びたいオプションとは

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーはどんなクルマ?

1951年に初代BJ型トヨタジープが誕生して以来、トヨタで最も長い歴史を持つランドクルーザーのトップモデルとして活躍してきたトヨタ  ランドクルーザーは、その全てが圧巻のスケール。

パワーユニットはあらゆる道を走破出来る4.6L V8エンジンで最高出力は318PS、最大トルクは46.9kgf/mを誇ります。

加えて、6Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック・トランスミッション)+シーケンシャルソフトマチックがパワーを余すことなく駆動輪に伝え、燃費向上に貢献しています。

4WD(4輪駆動)としての性能も数々の機能によって高められており、路面状況に応じて駆動力を4輪に最適分配することで道を選ばず最高のパフォーマンスを発揮する、マルチテレインセレクトがオフロードや滑りやすい路面での走破性向上をサポート。

たオフロード走行を支援する先進技術も豊富に採用されており、車両周囲の状況を4つのカメラで確認出来るマルチテレインモニターに加え、車両下の状態を示すアンダーフロアビューにフロントビュー回転表示など、ドライバーの視認能力を高めるシステムが充実しているのです。

もちろん、車両の操作性も向上しています。

ドライバーがアクセル・ブレーキを操作せずにステアリング操作だけで極低速走行を可能にするクロールコントロール、雪道など悪路における安定走行を実現するアクティブトラクションコントールや坂道発進を容易にするヒルスタートアシストコントロールなど、多彩な機能が備わっているのです。

さらに、ランドクルーザーはオフロードを走破するSUVとしての基本性能も優れています。

ボディーにねじり剛性や曲げ剛性に秀でたラダーフレームを採用し振動伝達やロードノイズの軽減を図っているほか、優れた接地性を発揮するフロントのコイルスプリング式ハイマウント・ダブルウィッシュボーンなど、リアのトレーリングリンク式サスペンションを搭載しています。

こうした技術の結晶が登坂能力45°、最大渡河性能700mmと、ランドクルーザーにオフローダーとして卓越したポテンシャルをもたらしているのです。

車線変更時の後方確認をサポートし、後退時の死角を検知・注意喚起するブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックアラートなどを搭載し、安全性能も充実。

このように、ランドクルーザーはパワーユニットから先進技術、操作性の高さに抜群の安全性能と、現在でもSUVとして一流といえるクルマなのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの先進技術がもたらすドライバーと乗員への快適な乗り心地

トヨタ ランドクルーザーには数々の先進技術が搭載されており、ドライバーと乗員の乗り心地を向上させています。

4.6L のV8エンジンは、ゆとりある力強い走りと卓越したドライビングプレジャー堪能に役立ち、6速オートマチック・トランスミッション(6 Super ECT)が滑らかでスムーズな走りを実現。

また、オフロード走行でトラクションやブレーキを最適制御するマルチテレインセレクトからも目が離せません。

岩場など岩石の多い路面で使用するROCK、凹凸の激しい路面で使用するROCK&DIRT、段差路や斜面、登坂時に適したMOGUL、滑りやすい路面時のROOSE ROCK、そしてぬかるみや深雪路を走行するためのMUD&SANDと5つのモードに切り替わることで走破性を高め乗り心地の向上が図られているのです。

加えて、5つから自由に選ぶことが出来るドライブモードセレクトが同時に搭載されているのもポイント。

これはNORMAL以外にエコドライブをサポートするECO、しなやかな走りを実現するCOMFORT、力強い走行に適したSPORT S、さらに力強い走りを可能にするSPORT S+から選択することが可能で、ダイナミックな加速を楽しみたい時やゆったりと穏やかに走りたい時など、シーンと乗員によってドライビングテイストを気分に合わせることができるというものです。

さらに、フレームやサスペンションもランドクルーザーの快適な乗り心地を高めています。

フレームにはねじり剛性や曲げ剛性に優れるラダーフレームが取り入れられているほか、振動伝達・ロードノイズ低減が図られており、フロントとリアのサスペンションは急な斜面や大きな凹みのある荒れた道においても優れた接地性を発揮してくれるのです。

他にもステアリングの切れ角を制御し取り回し向上に役立つVGRS(バリアブル・ギア・レシオ・ステアリング)は低速域で取り回しの良さ、中速域で軽快な扱いやすさ、高速域で穏やかな安定感あるレスポンスを実現しています。


雪道でスリップを検知した際空転した車輪にブレーキを掛け、残りの車輪に駆動力を配分することで安定した走行を可能にするアクティブトラクションコントロールが備わっているなど、ランドクルーザーには様々な技術が取り入れられているのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのきめ細かい配慮がもたらすドライバーと乗員への快適な乗り心地

トヨタ ランドクルーザーには、快適な乗り心地をもたらすきめ細かな配慮も多数盛り込まれています。

寒い冬はもちろん、夏の冷房中にも効果を発揮するシートヒーターはフロントシート(前席)だけでなくセカンドシート左右席にも装備され、フロントシートでは左右独立の3段階温度設定が、セカンドシートでは2段階の温度切替が可能。

フロントシートの背もたれと座面から風が吹き出るシートベンチレーション機能もZXに標準装備されており、夏の暑い日にシートと密着している背中や足腰の蒸れを防いでくれます。

またエアコンも室内を4分割してきめ細かい温度調整が可能な前後左右独立温度コントロールフルオートエアコンが用意され、運転席・助手席での独立した温度コントロールに加え、リアシートでも左右独立した温度調整が出来る上にエアコンの吹出し口も天井から足元まで28ヶ所に設置されているため、すべての乗員が快適なドライブを楽しむことが出来るのです。

他にもフロントのパワーシートは電動によるクッション長可変機構とメモリー機能により、電動メモリー付きチルト&テレスコピックステアリングとあわせドライバーに最適なドライビング環境を提供してくれ、乗降時に運転席とステアリングが自動的にスライドするパワーイージーアクセスシステムはスムーズな乗り心地をサポート

スイッチひとつでカンタンに開閉可能なチルト&スライドムーンルーフを開ければ、室内に爽やかな風と光を採り込め頭上に広がる開放感を楽しむことが出来ます。

運転席と助手席にはさらに後方から衝突された際に頸部への衝撃を緩和しむち打ち傷害の軽減に寄与するアクティブヘッドレストが、全座席にもELR3点式シートベルトが装備されるなど安全面からの配慮も万全。

ランドクルーザーには快適な乗り心地を実現するきめ細かな配慮が多数搭載されているのです。

トヨタ 9代目ランドクルーザーの乗り心地をさらに高めるために選びたいオプションとは

トヨタ ランドクルーザーはオプションを装備することでさらに快適な乗り心地を可能にすることが出来ます。

まずは充実している照明類からご紹介していきましょう。スマートキーを携帯して近づくかドアロックを解除してクルマに乗り込む際、ドアミラーの下部から足元に社名ロゴを投影するドアミラー足元照明やフロントシートとセカンドシートの足元を照らしムード有る室内空間を演出するインテリアイルミネーション。

プラズマクラスターが車内を快適空間にしてくれるプラズマクラスター搭載LEDルームランプや標準装備のバルブを高輝度LEDに交換することで室内をより明るくしてくれるLEDバルブセットも用意されています。

またドアオープン時に足元の車名ロゴがブルーに点灯することでおもてなしを演出するスカッフイルミネーションやドア開閉に連動してLEDが足元を照らすLEDスマートフットライトなどランドクルーザーには照明オプションが多数揃っており、乗員の満足感と乗り心地を高めてくれるのです。

さらに質感の高さと手触りの良さを誇る革調シートカバー、消臭・抗菌・防汚機能付きで光沢差のある糸使いが柔らかな風合いと高級感をもたらすフロアマット(エクセレント)、落ち着き有るウッド調が重厚感を演出するウッド調ステアリングも魅力的。

暑い夏であればセンターコンソールボックス内に設置しペットボトルなどを保冷出来る保冷庫であるクールボックスや直射日光によりジリジリ感を緩和するウィンドウフィルムのIR(赤外線)カットフィルム、それに駐車中の日射を緩和して温度上昇を軽減してくれるサンシェードもオススメです。

他にも乗り心地を向上させるアイテムとしてシートベルトをラクに装着できるシートベルトパッド、つり革型のグリップで腕を高く上げなくてもグリップを握ることが出来るアシストグリップ、座面が回転し身体の向きをカンタンに変えられる回転クッションなどが用意されています。

ランドクルーザーは豊富なオプションで乗り心地がさらに快適になることでしょう。

今回はトヨタ ランドクルーザーの乗り心地についてご紹介しました。

新たな300系が登場したとは言え、トヨタ ランドクルーザーのフラッグシップであった200系には数々の先進技術に加えトヨタならではのきめ細かな配慮が各所にちりばめられており、ドライバーと乗員の快適な乗り心地を実現しています。

さらに充実したオプションを利用することで、ランドクルーザーは年間を通じてあらゆるアクティブなライフスタイルに対応してくれること間違いありません。

ランドクルーザーは高性能なSUVであるだけでなく、それを心地よく使うことが出来る優れたモデルであると言えます。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道