スバル 5代目フォレスターのインパネには機能的な装備をレイアウト(5AA-SKE/4BA-SK5型)

フォレスター

スバル 5代目フォレスター(5AA-SKE/4BA-SK5型)は、悪路走行や悪天候においても、安定した走りを提供する、走破性の高いクロスオーバーSUVです。

スバル独自の技術力を導入したプラットフォームや、パワートレインを装備した5代目フォレスター。胸のすく気持ちの良い走りを楽しめる5代目フォレスターですが、ドライブをより上質にする機能が装備されています。

今回は、先進の技術で高い走破性を堪能できる、5代目フォレスターの魅力と機能的なインパネについて紹介します。

Chapter
スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る
スバル 5代目フォレスターは広い室内と走行性能を両立!
スバル 5代目フォレスターのインパネ機能をチェック!
スバル 5代目フォレスターのインパネ周りの装備を確認!
スバル 5代目フォレスターのオプションで装備可能できる利便性抜群なインパネ機能!
スバル 5代目フォレスターは安全装備も充実

スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る

スバル フォレスターは1997年に初代が発売されました。

2000年1月にはマイナーチェンジが行われ、エクステリア(外装)やインテリア(内装)を改良、エンジンをリーンバーン仕様にし燃費も向上しました。

そして同年12月には全車にデュアルSRSエアバッグが搭載され、安全性が向上しました。

2002年には2代目が発売され、初代に比べて軽量化に成功し、トルク性能の見直しで街乗りでの走行性能の向上を実現しました。

2005年にはフルモデルチェンジ並みのマイナーチェンジが行われ、全車に4輪ディスクブレーキを搭載、大容量マフラーが装着され出力向上と排気音の低減に成功しました。

そして2007年に3代目が発売されました。

3代目フォレスターは2代目よりも車高を高くし、さらにクロスオーバーSUVらしさが増しました。

2010年にはマイナーチェンジを実施、エンジンには新世代BOXERエンジンが採用され、基本性能の高効率化が実現しました。

2012年には4代目が発売されました。

4代目には今まで装備されなかったスバル独自の運転支援システムであるアイサイトが標準装備されたグレードも用意され、安全性能が大幅に向上しました。

2015年には大幅改良が実施され、インテリアはインパネにシルバーのフレームとピアノブラック調のコンビネーション加飾パネルを採用し、モダンで上質な室内空間を演出しています。

そして2018年に現行モデルである5代目フォレスターが発売されました。

スバル 5代目フォレスターは広い室内と走行性能を両立!

スバル フォレスターは、広々とした居住性のある室内空間を持っていますが、併せて、高い走破性も兼ね備えています。

ミドルサイズのSUVとなる、スバル フォレスターの室内サイズを確認します。全グレード共通で室内幅は1,545mm、室内高は1,270mm。室内長は「Advance」・「SPORT」は2,100mm、「Touring」・「X-BREAK」は2,110mmです。

北米でも人気のあるフォレスターは、体格の良い方でもゆったりと座れる大柄のシートを装備。新たなプラットフォームの採用により、フロントシート(前席)・リアシート(後席)ともに席間、ヘッドスペース、足元スペースに余裕のある空間を確保しています。

ドアの開閉形態が上方に大きく開くため、無理のない自然な姿勢で乗降が可能。幅広い開口部によって、チャイルドシートなどの大きな積載物も楽に出し入れできます。

リアシート側は、ピラーやドアトリムの形状を最適化。ドアを全開できない路地やパーキングなどでも、スムースに乗り降り可能です。

フォレスターは、プラットフォームを刷新。高剛性化に併せた構造の変更により、さらなる低重心化を実現。優れた走行安定性を手に入れています。

オンロードでの走行安定性だけでなく、悪路走行での走破性も考えられています。SUVとして十分な最低地上高を確保。悪路でのアプローチアングルやディパーチャーアングル、ランプブレークオーバーアングルなどを最適化しています。

走行シーンに応じて、最適なトルクを配分するアクティブトルクスプリットAWD(全輪駆動)と、悪路走破性をより一層高めるX-MODEを搭載。いかなるシチュエーションにおいても、安定した走りを提供します。

パワートレインは2つのエンジンをラインアップ。2.0L DOHC 直噴エンジン+モーター(e-BOXER)と、1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”エンジンです。モーターアシストとなるe-BOXERは、フォレスター初搭載となっています。

スバル 5代目フォレスターのインパネ機能をチェック!

スバルのデザインコンセプトとなる、ダイナミック×ソリッドを表現したスバル フォレスターのインテリア。室内は、立体的な構成で広さを感じさせながら、上質なマテリアルが高級感を演出します。

インパネ中央上段には、インフォメーションを分かりやすく表示するマルチファンクションディスプレイが搭載されています。

ヘッドランプや燃費情報、先進安全機能の作動状況など、クルマのさまざまな情報を、6.3インチの大型ディスプレイに表示。グラフィカルな表示によって、情報を直感的に把握可能です。

視認性に優れたホワイトのバックライトと、精緻な文字盤で先進感を演出するマルチインフォメーションディスプレイ付メーターをインパネ内にレイアウトしています。

中央の大型液晶画面には、車両情報を表示するほか、状況に応じて割り込み表示を行い、より安全なドライブをサポート。画面の切り替えスイッチは、ステアリングに設置。ドライバーは、ステアリングから手を放さずに、安心して操作が可能です。

左右独立の温度調整機能付きフルオートエアコンのスイッチ類は、インパネ内にセットされています。フルオートエアコンは、好みの空調を4つのモードからチョイス可能。リアシートベンチレーションの採用により、状況に応じて最適な空調コントロールを行います。

快適性を上げるシートヒーターを装備。早朝や寒い季節でも、インパネ内のスイッチひとつで素早くシートを温めます。

スバル 5代目フォレスターのインパネ周りの装備を確認!

スバル フォレスターのインパネ周りには、機能的な装備が採用されています。

センターコンソールには、オートビークルホールドのオン/オフスイッチを設置。停車時にブレーキペダルから足を離しても、ストップの状態をキープ可能です。信号待ちや渋滞、坂道発信など、日常のさまざまなシーンでドライバーをサポートします。

ステアリングには、さまざま機能を装備。パドルシフト機能はステアリングから手を放さずに、MT感覚でシフト操作を楽しめます。Dレンジでの走行中でも、パドルの操作で一時的にマニュアルモードに移行可能です。

気分やシーンに合わせて、走行性能を使い分けられるSI-DRIVE。SI-DRIVEのスイッチもステアリングに設置されています。インテリジェントモード(I)では、穏やかな出力特性によって燃費に配慮した運転を、スポーツモード(S)では、ダイレクトな加速感で気持ちの良い運転が可能です。

グレード別にはなりますが、「X-BREAK」・「Advance」・「SPORT」では、寒い季節や寒冷地で重宝するステアリングヒーターを標準装備。30分後にオートオフになるタイマー機能付きです。

フォレスターのインパネは、ドライブに必要な情報を表示する機能が、デザイン性も考慮され分かりやすく搭載されています。

高い走破性と併せて、必要にして十分なインパネの機能を感じながら、フォレスターの良さを探ってみてはいかがでしょうか。

スバル 5代目フォレスターのオプションで装備可能できる利便性抜群なインパネ機能!

スバル フォレスターにはオプションで装備できるさまざまな機能が用意されており、

中でもインパネ機能では純正ビルトインナビがおすすめです。

ビルトインナビはフォレスター専用設計なのでインパネに綺麗にフィットします。

そしてセンターコンソールにあるマルチファンクションディスプレイと連携することで、目的地までのルートなどをよりわかりやすく表示させます。

またビルトインナビの中にもさまざまな種類があり、価格もさまざまです。

そのなかでももっとも高価なのがパナソニック ビルトインナビです。

パナソニックナビにはVICS WIDEという最新の渋滞情報を反映したルート検索や高精度な交通情報を取得できるシステムが搭載されています。

そしてオーディオ機能も充実しており、フォレスター専用の音響チューニングが施されているので、車にでも高音質で臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

他にもスバル フォレスターにはディスプレイコーナーセンサーという装備も用意されています。

リアビューカメラと接続することで後方の情報をディスプレイに映し出してくれるので、道路の幅が狭い道を運転することが多い方や、運転が苦手という方におすすめの装備です。

スバル 5代目フォレスターは安全装備も充実

クルマ選びをする際はインパネの機能の他にも安全装備も大切なポイントです。

2021年6月の改良モデルにはスバル独自の運転支援システムであるアイサイトXが搭載されています。

従来のアイサイトが革新的な進化を遂げ、新開発の高度運転支援システムを備えることでさらに優れた先進安全技術を実現しています。

カーブ前速度制御&料金所前速度制御は減速が必要なカーブや料金所をあらかじめクルマが把握し、適切な速度に制御することで安全な運転をサポートします。

ドライバー異常事対応システムは突然意識が無くなるなどのドライバーの異常を検知し、周囲に注意を促しながら安全に停車するまでサポートします。

プリクラッシュブレーキは前方のクルマや歩行者・障害物を検知し、衝突のおそれがある場合に警告・ブレーキ操作をサポートすることで衝突回避・被害軽減に寄与します。

そして新世代アイサイトの360度センシングによりその性能はさらに向上しています。

他にも周辺の車両を検知し、自動車専用道路での車線変更を滑らかにアシストしてくれるアクティブレーンチェンジアシストなどさまざまな運転支援技術が装備されています。

フォレスターのインパネは機能的な装備が十分に搭載されていることがわかりました。

SUVならではのオールマイティーな走行性能と併せて、フォレスターの実用性を感じみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道