スバル 5代目フォレスターの特別仕様車「X-Edition」を紹介(5BA-SK9型/5AA-SKE型)

フォレスター

スバル 5代目フォレスター(5BA-SK9型/5AA-SKE型)は、日本だけでなく、北米を中心として、世界中で人気のあるSUVです。

新しいコンセプトに基づいた、スバルグローバルプラットフォームを採用。クラストップレベルの衝突安全性能や、快適な乗り心地を実現しています。

そんな5代目フォレスターには、タフに使える装備や外観の力強さをさらに際立たせるアイテムを採用した、特別仕様車「X-Edition(Xエディション)」がラインアップされています。

今回は、5代目フォレスターの特別仕様車「X-Edition」について紹介します。

Chapter
スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る
スバル 5代目フォレスターの歴代の特別仕様車を紹介
スバル 5代目フォレスターの特別仕様車の基本情報を確認
スバル 5代目フォレスターの特別仕様車のエクステリアをチェック!
スバル 5代目フォレスターの特別仕様車のインテリアをチェック!
スバル 5代目フォレスターの特別仕様車の安全装備をチェック!

スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る

スバル フォレスターは1997年に初代が発売され、発売当初は2.0Lターボのみの設定でした。

2000年にはマイナーチェンジが実施され、エクステリア(外装)やインテリア(内装)を改良、エンジンをリーンバーン仕様にすることで燃費の向上を実現しました。

2002年には2代目が発売され、初代に比べて10〜30kgの軽量化に成功しました。

最大出力は20PS低下しましたが、トルク性能を見直したことにより最大出力の低下を感じさせない快適な走行を実現しています。

2005年にはフルモデルチェンジ並みのマイナーチェンジが行われ、全車に4輪ディスクブレーキを搭載しました。

そして、2007年に3代目が発売され、2代目よりも車高を高くし、さらにクロスオーバーSUVらしさが増しました。

さらに主にSUVやミニバンに装備される、助手席側の死角の視認をサポートするサイドアンダーミラーが全グレード標準装備され安全性が向上しています。

2010年にはマイナーチェンジを実施、エンジンには新世代BOXERエンジンが採用され、基本性能の高効率化が実現しました。

2012年には4代目が発売されました。

4代目には今まで装備されなかったスバル独自の運転支援システムであるアイサイトが標準装備されたグレードが用意され、安全性が高められています。

2015年には大幅改良が実施され、エクステリアはワイド感のあるフロントグリル・バンパーを採用し、SUVらしい力強さが向上しました。

そして2018年に現行モデルである5代目フォレスターが発売されました。

スバル 5代目フォレスターの歴代の特別仕様車を紹介

まず1998年1月にスバル フォレスター初の特別仕様車である「S/20」が発売されました。

S/20は本革巻きのステアリング、シフトノブ、セレクトレバーなどを装備しながらも価格を抑えたモデルで、1998年11月にはフロントUVカットガラスなどを装備した「S/20 Limited」が追加されました。

2代目では2003年に2月に専用のベージュ本革シートやドアトリム・専用装備が搭載された「X20 L.L. Bean EDITION」が発売されました。

そして2007年には1月には10周年を記念して「10th ANNIVERSARY」が発売されました。

「10th ANNIVERSARY」は17インチホイールやHIDロービームランプなどさまざまな魅力的な装備を採用しつつも価格を抑えたモデルでした。

さらに3代目では2008年にはスバル発売50周年記念特別仕様車として「BLACK LEATHER LIMITED」が発売。専用のブラックレザーシートに加え、フロントシート(前席)ヒーター・運転席&助手席8ウェイパワーシート・高音質6スピーカーなどが装備されました。

4代目では2013年12月に「X-BREAK」、2014年11月には「S-Limited」を発売しました。

スバル 5代目フォレスターの特別仕様車の基本情報を確認

スバル 5代目フォレスターの特別仕様車「X-Edition」は、フォレスター「Premium」をベースに誕生しています。

パワートレインは、新たに設計を見直した、2.5L DOHC水平対向4気筒となるFB25型エンジンを搭載。設計の見直しにより、ロングストローク化を実行、燃費性能と中低速のトルク向上を図っています。

エンジンスペックは最高出力が136kW(184PS)/5,800rpm、最大トルクが239Nm(24.4kgm)/4,400rpmとなっています。

トランスミッションは、マニュアルモード付きCVTとなる、リニアトロニックを搭載。リニアトロニックは、発進時はパワフルに、高速時はより低燃費に走れる特性を持っています。スムーズでシームレスな変速が特徴のトランスミッションです。

「X-Edition」には、スバル独自のテクノロジーとなる、シンメトリカルAWD(全輪駆動)を採用。水平対向エンジンと、左右対称のパワートレインで構成された、独自のAWDシステムです。

シンメトリカルAWDは、低重心で前後左右のバランス比率が良く、あらゆる走行シーンにおいて、安定感のある走りを提供します。

ボディサイズは全長4,625mm×全幅1,815mm×全高1,715mm、ホイールベースは2,670mmとミドルサイズクラスのSUVです。

スバル 5代目フォレスターの特別仕様車のエクステリアをチェック!

スバル フォレスターの特別仕様車「X-Edition」は、エクステリア(外装)、インテリア(内装)、安全機能の装備をグレードアップさせた内容になっています。

エクステリアとなるホイールからチェックします。足元には、ガンメタリック塗装が施された18インチアルミホイールを装備。力強い走りを予感させます。

フロントに目を移すと、無塗装ブラックの質感高いマテリアルに、シックなダークメッキ加飾を奢ったグリルとフォグランプカバーが装備されています。

同じくダークメッキ加工を施された、六連星オーナメントが高級感を演出。特別仕様車ならではの迫力のフロントビューを手に入れています。

クルマのイメージを決定するボディカラーは、全部で9色をラインアップ。標準色とオプション色から選択可能です。

標準色はアイスシルバーメタリック、マグネタイトグレーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ホライゾンブルーパール、ダークブルーパール、ジャスパーグリーンメタリック、せビアブロンズメタリックの6色です。

オプション色はプラス3万3000円で設定可能。クリスタールホワイトパール・クリムゾンレッドパールの2色が選べます。

スバル 5代目フォレスターの特別仕様車のインテリアをチェック!

ここでは、スバル フォレスターの特別仕様車「X-Edition」のインテリアについて紹介します。

特別仕様車「X-Edition」には、雨天時やレジャー使用の時に、とても重宝する実用的なインテリアが装備されています。

シートには、雨天時に便利な合成皮革の撥水ファブリック仕様を採用。実用性だけでなく、ワンポイントとしてシルバーステッチを施して、デザイン性も忘れていません。

ラゲッジスムーザー機能付きの撥水カーゴフロアボードは、レジャーやアウトドアなどのアクティブシーンで大活躍するアイテムです。水濡れや汚れが付着した荷物でも、車内を気にせずに積載できる便利な装備となります。

車内には、LEDを光源に採用したカーゴルームランプと、リアゲートランプを装備。キャンプや車中泊などで、暗い場所を広範囲に明るく照らし、利便性を確保します。

フォレスターの特別仕様車「X-Edition」は、スバルならではのシンメトリカルAWDによる、ゆとりのある走りを楽しめるミドルサイズSUVと言えます。

スバル 5代目フォレスターの特別仕様車の安全装備をチェック!

スバル フォレスターの特別仕様車である「X-Edition」には、通常モデルではオプション装備として用意されている安全装備のアイサイトセーフティプラスが標準装備されています。

アイサイトセーフティプラスには運転支援と視界拡張があります。

運転支援では先行車や対向車の位置を検知し、自動でハイビームの照射範囲をコントロールするアダプティブドライビングビームが搭載されています。

さらにスバルリアビークルディティクションは車体の後部に内蔵されているセンサーにより、後側方から接近する車両を検知します。

その後ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警告音でドライバーに危険を知らせるシステムです。

視界拡張のアイサイトセーフティプラスには見通しの悪い交差点などで前方視界をサポート、障害物との距離感覚を掴みやすくし、衝突を回避・安全確認ができるフロントビューモニターが搭載されています。

他にもリア部分に取り付けられたカメラの映像をルームミラーに表示できるスマートリアビューモニターも装備されています。

このように「X-Edition」にはアイサイトセーフティをベースに安心してドライブを楽しめる安全機能が搭載されています。

気持ちの良い走りだけでなく、毎日を楽しく便利にする装備を兼ね備えた1台が、スバル フォレスターの特別仕様車「X-Edition」です。

特別なフォレスターをぜひ実際に体感してはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道