フォルクスワーゲン 6代目ポロの便利なオプションを一挙紹介!購入前にはグレード比較を忘れずに!(3BA-AWDKL/AWDAD/ABA-AWCHZ型)

フォルクスワーゲン 6代目ポロ

オーナーの約6割が女性という異色のコンパクトハッチバック、フォルクスワーゲン 6代目ポロ(3BA-AWDKL/AWDAD/ABA-AWCHZ型)を解説します。

同じフォルクスワーゲンのハッチバックであるゴルフとは違う特徴を持ったクルマでもあり、世界的にも人気が高い1台です。

6代目へのフルモデルチェンジがされて大型化したポロですが、相変わらずの使い勝手の良さに根強い人気があることは言うまでもないでしょう。

そして快適なドライブや使い勝手に欠かせないのがオプションですが、ポロには多くのオプションが設定されているのも魅力。

そこで今回はポロの便利なオプションと、オプションを選ぶ前に考えておきたいグレードごとの標準装備内容の違いについて、詳しく説明していきます。

Chapter
フォルクスワーゲン 6代目ポロとはどんなクルマ?
フォルクスワーゲン 6代目ポロのオプション選択はグレード選びから始まっている!?
フォルクスワーゲン 6代目ポロのエクステリアのオプションを紹介!
フォルクスワーゲン 6代目ポロのインテリアのオプションをチェック!
フォルクスワーゲン 6代目ポロの積載に関するオプションを紹介!

フォルクスワーゲン 6代目ポロとはどんなクルマ?

6代目ポロは、2018年のフルモデルチェンジにより誕生したコンパクトハッチバックです。

ゴルフと並んで人気の高い1台で、サイズが拡大して3ナンバーに変更されました。

背景には新採用のプラットフォーム「MQB」が影響しており、従来のポロよりも大型化しているのが特徴です。

しかし、ホイールベースも長くなったことから安定した走行ができる強みは変わらず、それでいて広い室内空間を得ることができています。

排気量は1.0L と1.5L の2種類を展開しており、燃料はすべて無鉛プレミアムガソリンです。

フォルクスワーゲンの一部のクルマにはディーゼルエンジン仕様のものもありますが、ポロに設定はありません。

3ナンバーで1.0L は少々力不足を感じるユーザーもいるでしょう。

しかし、搭載されているエンジンは5代目ポロの特別仕様車であった「BlueMotion」と同じエンジンであり、かつ6代目ポロの製造にあわせて最大トルクが向上するようにチューニングし直しているのです。

そのため力不足感を感じることはなく、車両の形状も相まって高い安定走行を実現できています。

また、安全性能も高いのがポロの特徴です。

安全性能は毎年行われる仕様変更とともに進化を続けており、直近では「TSI ハイライン」にレーンキープアシスト機能である「Lane Assist」が搭載されました。

さらに、エンブレムの意匠変更が行われたり、オーディオの改良がおこなわれたりと常に進化を続けています。

現行車両ではないもののレースに参加した経験もあるポロは、実用性だけではなく走行性能にも定評があるクルマに仕上がっているのです。

フォルクスワーゲン 6代目ポロのオプション選択はグレード選びから始まっている!?

ポロの魅力として、数多くのオプションが用意されている点も挙げられるでしょう。

ドレスアップ中心のアクセサリーから実用性の高いものまで、種類も豊富で目的によって必要なものを選択できるようになっているのです。

しかし、ポロはグレードによって搭載されている標準装備がまったくと言っていいほど異なるので、その点には注意しましょう。

6代目ポロのラインアップは、下のグレードから順に次の5種類です。

・TSI トレンドライン
・TSI コンフォートライン
・TSI ハイライン
・TSI Rライン
・GTI

エントリーモデルである「TSI トレンドライン」は、標準的なデザインと装備を持ち合わせており、安全性能も抜群です。

大きな欠点がないのが最大の特徴ですが、「TSI トレンドライン」には装着できないオプションもいくつか存在するため、購入する際は気をつけると良いでしょう。

「TSI コンフォートライン」以上になると装着できないオプションはほぼなく、標準仕様で「リアビューカメラ」がついていたり、「スマートエントリー&スタートシステム」が搭載されたりと、少しずつ標準搭載される機能に違いが出てきます。

ポロのオプション選びは、購入するグレードを選ぶところから始まっていると言っても過言ではありませんが、安全性能に関しては全車ほぼ共通しているのです。

例えば、歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ「Front Assist」やドライバーをサポートする「Fatigue Detection System」が該当します。

エントリーグレードだからと妥協しない、フォルクスワーゲンのクルマ作りの哲学がよく表れているといえます。

エントリーモデルの「TSI トレンドライン」と最上位クラスの「GTI」の価格差は約100万円ですが、それだけ装備に差があるという認識を持っておきましょう。

フォルクスワーゲン 6代目ポロのエクステリアのオプションを紹介!

ポロのオプションは大きくエクステリア(外装)、インテリア(内装)、積載の3種類に分けることができます。

ハッチバックという特性上、派手めなオプションはなく、実用性を高めたりワンポイントのおしゃれにつながるようなものがほとんどです。

エクステリアのオプションで魅力的なのは、ボディを傷や汚れから守るプロテクター類でしょう。

一概にプロテクター類といっても、「ドアシルプレート」なのか「ドアシルプロテクションフィルム」なのかで見栄えが変わります。

「ドアシルプレート」の場合は見た目のドレスアップ効果も期待できるシルバーですが、「ドアシルプロテクションフィルム」では3色から選ぶことができるのです。

中にはクリア、つまり透明のものもあり外観を損なわないオプションもあるので、自分がクルマをどう見せたいのかもしっかり考えておくのがおすすめといえます。

リアバンパーにも2種類のプロテクターがあり、こちらも見逃せません。

また、足回りを泥から守る「マッドフラップ」も魅力的です。

フロントのみ、リアのみと部分で分けて装着もできるほか、両方一緒に取り付けることも可能です。

ワイパーブレードも「撥水ワイパーブレード」「スノーワイパーブレード」を選択可能なので、アウトドアが好きな方にはどちらもおすすめでしょう。

ワイパーブレード2種類は別途購入も可能で、時と場合によって付け替えも可能であり、脱着に難しい動作や工具は必要ないのもポイントです。

購入しておいても損になるようなアクセサリーではないので、費用に余裕があれば持っておくのもおすすめ。

ポロのエクステリアは一見すると地味ですが、機能性を優先したものばかりなのです。

フォルクスワーゲン 6代目ポロのインテリアのオプションをチェック!

ポロのインテリアのオプションは、エクステリアとは正反対でドレスアップの意味合いが強いものを中心に用意されています。

まず、全体の印象が変わる「フロアマット」はデザインや色が異なる7種類があり、車内で必要な5枚がセットになっています。

デザインよりも汚れや濡れを防ぐ目的ならば、「ラバーマット」がおすすめです。

「ラバーマット」は外して洗うことができるほか、固定ホールで取り付けられているため走行中に外れることはありません。

デザイン性優先ならば「プレミアムクリーン」「グレーカモフラージュ」「チェック」「GTI」、そして色が違う「フラワー」の6種類を選ぶと良いでしょう。

同様に「ペダルカバーセット」をつけておけば、ペダルの美観を保つことができるだけではなく、滑り止め効果も期待できます。

また、「エアコンダクトパネル」「エアコンパネル」を装着すれば、インテリアが一層引き締まって高級感が醸し出されます。

同じ役割で言えば、「パワーウインドウスイッチパネル」も魅力的なほか、これら3枚がセットになった「インテリアパネル3セット」もおすすめ。

コンソールボックスから物が滑らないようにできる「シリコンコンソールマット」は機能面だけではなく、見た目もおしゃれにしてくれる便利なオプションです。

エクステリアほど実用性の高いものはないものの、インテリアはおしゃれ優先のオプションが中心になっているのです。

フォルクスワーゲン 6代目ポロの積載に関するオプションを紹介!

ポロには、ハッチバックらしい積載に関するオプションも多数そろっています。

総合的な積載能力では人気のSUVには劣ってしまいますが、それでも高い能力を追加することができるのです。

積載能力を上げる機能の代名詞「ルーフバー」と各種アタッチメントを組み合わせれば、シートアレンジだけでは積載できないものを載せられるようになり、非常に便利。

「ルーフボックス」にはソフトとハードの2種類がありますが、より容量の大きい方を選びたいユーザーはハードを選ぶと良いでしょう。

また、取り付け可能のアタッチメントは、純正で以下の4種類が用意されています。

・バイシクルホルダー
・サーフボードフォルダー
・カヤックホルダー
・スキー&スノーボードホルダー

いずれもポロが苦手とする長尺物の積載に適しており、アウトドア派のオーナーにはおすすめのオプションといえます。

荷室(ラゲッジルーム)関連のオプションでは、夜間の荷物の積み下ろしに便利な「LEDリヤゲートサポートランプ」をはじめ、リアシート(後席)のシートバックで使える「ラゲッジホルダー」「ラゲッジネットカバー」がラインアップ。

小物収納もできる「ラゲッジボックス」も便利で、使わない場合は折りたたんで収納できるので便利です。

荷室の床面に設置できるトレー類も優秀で、いずれも高さがあるため、水がこぼれたりしてもすぐに壁面が汚れたり濡れたりすることはありません。

ペットを載せる場合は、リアシートに敷ける「フラットベッド」「ペットシートカバー」が重宝すること間違いありません。

いずれのオプションも購入後に追加することができるので、欲しい場合は最寄りのディーラーに問い合わせてみるのが一番なのです。

ここまでポロの便利なオプションをピックアップ、グレードによる注意点もあわせて紹介しました。

あとで追加購入できるとはいえ、何も考えないままあれもこれもと付けてしまうと、使わない場合に損をしてしまうかもしれません。

よく使い勝手がイメージできない場合は必要最低限の購入にとどめ、あとから購入することをおすすめします。

大切な愛車によるドライブをさらに楽しく、かつ快適にするためにも、オプション選びは必須なのです。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道