日産 6代目フェアレディZの利便性を高める便利なオプションをご紹介!(4BA-Z34型)

日産 6代目フェアレディZ

伝統的スポーツカーである日産 6代目フェアレディZ(4BA-Z34型)。

1969年に初代S30型が誕生してから約50年が経ちましたが、今も進化を続けており、デザイン、走り、クオリティなどすべてにおいてスポーツカーとしてのこだわりを貫いてきました。

今回は、そんなフェアレディZにはどんなオプションが用意されているのか、仕様やその他魅力的なポイントと併せて詳しく紹介していきます。

Chapter
日産 6代目フェアレディZとはどんなクルマなの?
日産 6代目フェアレディZは走りの楽しさを徹底的に追求している!
日産 6代目フェアレディZのエクステリアをさらに魅力的にするオプションをチェック!
日産 6代目フェアレディZはインテリア周辺のオプションも充実!
日産 6代目フェアレディZの荷室の利便性を高めるオプションをチェック!

日産 6代目フェアレディZとはどんなクルマなの?

シートアレンジを詳しく解説する前に、まずはフェアレディZについて見ていきましょう。

フェアレディZのグレードは全部で5つあります。

標準車、豪華仕様のバージョンT、スポーツ仕様のバージョンS、両者を兼ね備えたバージョンST、レース技術を投入した最上級グレードのNISMOです。

今回は、NISMO以外のグレードに絞って見ていきましょう。

NISMO以外のグレードのサイズは、全長4,260mm×全幅1,845mm×全高1,315mmで、2人乗りとなっています。

トランスミッションは6速MTと7速ATが用意されており、駆動方式はFR(後輪駆動)です。

エンジンはDOHC・V型6気筒を搭載しており、最高出力は247kW(336PS)/7,000rpm、最大トルクは365Nm(37.2kgf)/5,200rpmを誇っています。

また、インテリア(内装)では、ステアリングの奥にある大型3連メーターに、立体感のある構造を採用して視認性を向上させました。

プッシュエンジンスターターを押すと、3連メーターとセンタークラアスラー上部にある3連サブメーターの針が一瞬振り切ります。

これにより、ドライブへの期待感を感じさせてくれること間違いありません。

このように、高性能のエンジン、技術を余すことなく搭載したフェアレディZは、快適で楽しいドライブを演出してくれる優秀な1台といえるのではないでしょうか。

日産 6代目フェアレディZは走りの楽しさを徹底的に追求している!

フェアレディZの最大の特徴は、スポーツカーならではの圧巻の走りといえるでしょう。

まず注目したいのが、クルマの構造です。

フェアレディZはフロント・リアともにワイドトレッド化することで、コーナリングや高速域での操縦安定性とスタビリティを向上させているのが大きな特徴なのです。

また、大型タイヤを採用することで、乗り心地の良さと操縦安定性の両立も追求しているのも嬉しいポイントといえるでしょう。

それだけでなく、リアの接地荷重を維持するためにリアタイヤを100mm前方に移動させてショートホイールベース化したことにより、安定性を損なわずに機敏さを高めているのです。

フェアレディZは、運転のしやすさにも徹底的にこだわっています。

前項でも紹介したように、ステアリングの奥にある大型3連メーターでは、立体感のある構造を採用して視認性を向上させてくれます。

これによりドライブへの期待感を大いに感じさせてくれるだけでなく、安定したドライブを楽しむことができるようになるでしょう。

フェアレディZではヒップポジションを低くしているため、コーナリング中でも体が左右にぶれにくく、ドライバーの姿勢を安定させます。

パワートレインの搭載位置を低下させることで低重心化を実現し、運動性能も向上させているのです。 

圧倒的な走りを実現するためにこだわっているのは、ショートホイールベース化や低重心化だけではありません。

フェアレディZでは、ボディー剛性を高めるための工夫も施しています。

たとえばホイールハウスを球面化して折れ面をなくしたり、フロア面をフラットにして変形しにくいパネル形状にするなど、ボディー構造を徹底的に見直しました。

これにより、シンプルで軽量かつ高い剛性を実現しているのです。

さらに、エンジンルームを包み込むような環状構造を採用し、三角形のトライアングルタワーバーにより高いねじり剛性を実現しました。

エンジンフードとドアパネル、バックドアにはアルミ合金を採用したり、燃料タンクを専用設計したりなど、車体重量の軽量化を図っている点も魅力といえるでしょう。

日産 6代目フェアレディZのエクステリアをさらに魅力的にするオプションをチェック!

フェアレディZには、美しいデザインを損なわずにドライブのしやすさを向上させるエクステリア(外装)オプションが多数ラインアップされています。

まず注目したいのが、ディフレクター付きのフロントスポイラーと、リアスポイラー

この2つのオプションは、単体とセットのどちらでも購入可能です。

セットで使用した場合、デザイン性と機能性を実現したフロントスポイラーと、リアスポイラーの整流効果により、フロントとリアの両方の空力性能をバランス良く向上させることができます。

これにより、高速走行時の安定性が高まることに加え、ノーマル車に比べて約4%の燃料向上に貢献してくれるのです。

また、車両の標準装備品と交換して取り付けるオプション部品として、オールステンレスのフジツボ製スポーツマフラーが用意されています。スポーツマフラーはリアビューをスポーティに演出してくれるだけでなく、力強いエキゾーストサウンドを奏でてくれるでしょう。

クルマのフロントとリアの両方に装着するマッドガードも注目に値します。泥や小石の跳ね上げからボディを傷つけるのを防ぐことはもちろん、デザインとのマッチングも重視している点が魅力です。

縦列駐車や車庫入れなどの際、障害物との距離をブザーとインジケーターで知らせてくれるコーナーセンサーも販売しています。このオプションを取り付ければ、クルマの接触防止に役立ち、安心感を持って運転できるでしょう。

日産 6代目フェアレディZはインテリア周辺のオプションも充実!

フェアレディZには、乗る方の快適さや利便性にこだわったインテリアオプションも多数ラインアップされています。

ドアを開けると運転席と助手席の足元ランプが点灯するウェルカムランプは、夜間時などの乗り降りをサポートしてくれるのです。

スモールランプに連動して運転席と助手席下の照明が点灯するムーディーイルミネーションも用意しています。レディッシュオレンジの優しい色合いにより、室内をさらに上質な空間にしてくれるでしょう。

日産 6代目フェアレディZの荷室の利便性を高めるオプションをチェック!

フェアレディZはスポーツカーでありながらも、毎日使える利便性に優れた装備を数多く採用しているだけでなく、荷室の使い勝手をさらに良くするオプションが多数用意されています。

まず注目したいのが、ネットを2重にして袋構造にしたラゲッジネットです。

全グレードに標準装備されているラゲッジフックに掛けてこのラゲッジネットを使うことで、高速走行でも荷物をしっかり固定し、飛び出しや散乱を防げるでしょう。広げて使用すれば、荷物全体をネットが覆うので、大きな荷物の固定にも適しているのが特徴です。

また、荷物全体を覆ってプライバシーを保護できるトノカバーも用意されています。風合い豊かなスエード調素材であるアルカンターラが高級感を醸し出してくれること間違いありません。

トノカバーの取り付けには、車両本体に設置されたトノカバーブラケットを使用しましょう。

また、レジャーを楽しむ方は必見のオプション、荷室(ラゲッジルーム)用のラゲッジトレイも用意されています。このオプションを使用すれば、濡れたレジャーグッズや荷物をそのまま置けるのでアウトドア時も活躍すること間違いありません。

荷室全体に敷き詰めるラゲッジカーペットをは上質感をもたらしてくれるほか、消臭機能付きなので車内をクリーンに保てるので、併せて使用するのがおすすめといえそうです。

ここまで、フェアレディZの便利なオプションを詳しく紹介しました。

フェアレディZは、スポーツカーとしての走りを徹底的に追求したクルマではありますが、アウトドア・レジャー時でも活躍できるように多数の機能が搭載されています。

多彩にラインアップされた純正オプションを取り入れることで、走りと快適さを両立したドライブにさらに磨きがかかるでしょう。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道