クルマ買うなら中古車と新車どちらがオススメ?メリット・デメリットを徹底解説!

クルマ買うなら中古車と新車どちらがオススメ

クルマを購入する際、中古車と新車どっちが良いのか悩んだことはありませんか?

そんな方のために今回は中古車と新車どちらがおすすめなのか、メリット・デメリットを紹介していきます。

ぜひ、今後のクルマ選びの参考にしてみてください。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
新車のメリットを考えてみる
新車のデメリットとは?
中古車のメリットを考えてみる
中古車のデメリットとは?

新車のメリットを考えてみる

まず新車のメリットとして挙げられるのは、コンディションが良い点です。

当たり前のことですが、部品のひとつひとつが新品なのでトラブルの可能性もほぼありません。工場から出荷されて初めてのオーナーになるということなので、特別な興奮もあるでしょう。

2つ目のメリットは、ボディカラーやオプションが自由に選べる点です。

新車の場合、豊富なボディカラーやオプション装備の中から自由に選ぶことができ、自分好みのクルマにカスタマイズすることができます。ただし、人気色や装備の内容によっては納期が多少遅くなったりする場合もあるので注意しましょう。

3つ目のメリットは、保証がしっかりしている点です。

新車にはメーカー保証が付いており、購入から3~5年・6万km~10万kmなど、部品などによって期間は異なりますが長期間の保証が受けられます。

4つ目は、エコカー減税の対象になるクルマが多い点です。エコカー減税は定められた条件を満たしたクルマは自動車税や自動車重量税などが減税されます。中古車でも対象になる場合もありますが、新車の方が数が圧倒的に多いのです。

新車のデメリットとは?

新車のデメリットとして考えられるのが、モデルの選択肢が狭いという点です。新車の多くは基本的に契約・注文を受けて生産するので、あまり在庫を抱えないようにしています。

そのためモデルチェンジやマイナーチェンジが行われると、前モデルは早々に新車市場からなくなってしまう場合もあるのです。

2つ目は、納車までに時間がかかる点です。

前述したとおり、新車は契約・注文を受けて生産する受注生産なので、基本的に納車までに時間がかかります。また、オプション装備の取り付けなどのカスタマイズを行った場合も、納車に時間がかかってしまうことがあるのです。

購入してすぐにドライブしたい、という方には最大のデメリットとも言うべき点でしょう。

3つ目デメリットは、当たり前ではありますが中古車より価格が高い点です。

新車は海外での販売も考えられて製造されており、必然的に大型化が求められその分コストもかかります。そして近年では、高性能な装備や安全システムなどの標準化により、価格が高くなっていることも考えられるのです。

中古車のメリットを考えてみる

中古車のメリットは、まず何と言っても価格が安い点でしょう。

仮に数千kmしか走っていないクルマでも新車ではなくなるので、価格に圧倒的な差ができます。また、新車で購入する際に有料のオプション装備が搭載されているクルマでも、新車で購入するより格安で手に入れる可能性があるのは嬉しいポイントといえそうです。

2つ目メリットは、納車が早い点です。

中古車は新車と違い個体そのものがある状態で話が進められていきます。商談成立後は基本的に支払い・必要書類がそろえば納車でき、新車より圧倒的なスピードで納車可能なのです。

3つ目のメリットは、モデルの選択肢が豊富な点です。

中古車は新車に比べると圧倒的にクルマの種類が豊富で、中にはなかなか市場には出回らない、レアなクルマが販売されていることもあります。

子供のころ乗りたかった憧れのクルマに乗れるという、中古車ならではの高揚感を味わうことができるのも中古車の魅力といえるでしょう。

中古車のデメリットとは?

中古車のデメリットとして、コンディションがバラバラという点があります。

走行距離や部品の劣化など、クルマ1台1台の状態は異なるため、自分好みの装備やボディーカラーのクルマがすぐに見つかるとは限らないのです。クルマを自分好みにカスタマイズしたい、この色や装備にこだわりたいと言う方には最大の欠点といえます。

2つ目のデメリットは、価格が市場によって左右される点です。

稀なケースではありますが、クラシックカーなど新車では購入できず、なかなか手に入れることができないクルマがプレミア価格になって販売されるなど、中古車が新車時の価格を越える場合もあります。

また、人気が高く新車の納期が長いクルマも、新車価格より高い価格で販売されることもあるので覚えておくと良いかもしれません。

3つ目は、故障のリスクが高く、保証が充実していない場合がある点です。

中古車はどうしても、新車より故障のリスクは高くなってしまいます。

保証期間やメーカーオプションが付いていないなど、内容も新車に比べると劣る場合があるので、購入の際に確認するようにしましょう。

今回は、クルマを購入するなら中古車と新車どちらがおすすめかを解説しました。

どちらもメリット・デメリットはあるので、金銭面や保証・こだわりなどを考えたうえで自分にあった方を購入するのが一番です。

中古車・新車どちらで購入しても大事な愛車であることに変わりはないので、定期的にメンテナンスするなどして大切に扱うのが良いのではないでしょうか。

※ 2021年7月現在

商品詳細