技術の粋を結集した注目の最新モデル!メルセデス・ベンツ 7代目Sクラス(W223)の乗り心地をチェック!

メルセデス・ベンツ 7代目Sクラス

2020年にフルモデルチェンジされ、日本では2021年から発売されている最新モデルのクルマ、メルセデス・ベンツ 7代目Sクラス(W223)。

非常に人気が高いメルセデス・ベンツのフラッグシップモデルということで注目を集める1台でもありますが、その乗り心地は如何ほどなのでしょうか。

今回は、Sクラスの気になる乗り心地について詳しく紹介していきます。

Chapter
メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスとはどんなクルマ?
メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスの乗り心地をチェック!
メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスの快適な乗り心地を支える安全機能を紹介!

メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスとはどんなクルマ?

誕生から半世紀近く経つメルセデス・ベンツ Sクラスは、2020年のフルモデルチェンジで7代目が誕生したメルセデス・ベンツのフラッグシップモデルです。

ハイブリッド式エンジンとディーゼルエンジンの2種類がラインアップされており、3.0L という大人しめの排気量とは裏腹に、ターボチャージャーによる走行性能を見事に実現した走ることにもこだわった1台でもあります。

もちろん、メルセデス・ベンツらしい高級感はまったく損なわれていません。

全長が5,180mmの標準仕様と5,290mmのロング仕様の2種類があり、わずかに乗り心地が違うものの基本性能は同じです。

両者の明確な違いは、オーナーが運転するか、それともリアシート(後席)に座るかの点でしょう。

ロング仕様はオーナーが運転することを想定しておらず、リアシートの乗り心地が徹底的に追求されています。

駆動方式は4車種すべてが4WD(4輪駆動)で、どんな環境でも安定した走行性能を発揮します。

先に紹介したターボチャージャー付エンジンとの相性もあって、高い走破性を持っていることは言うまでもありません。

また、インパネ周辺もほぼタッチパネルで操作できる設定のため、ドライバーの状態に操作性が左右されることが少ない点も特徴といえるでしょう。

メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスの乗り心地をチェック!

Sクラスの徹底的にこだわり抜かれたシートや機能、快適な室内空間は、名門メルセデス・ベンツの名にふさわしいと言っても過言ではありません。

シートには7段階で温度調節ができるヒーター機能がついており、寒さが厳しい冬の日でも快適なドライブを楽しむことができます。

電動調節機能でシート位置の調整にわずらわしさはなく、誰でもワンタッチで好みのポジションにシートを設定することができるのです。

また、シートの位置によって変わるヘッドレストによって、さらにドライブに最適な姿勢を作り出してくれるのも嬉しいポイントです。

さらにシートにはマッサージ機能がついており、クルマとは思えないほどの驚きの仕様になっています。

「住みたくなるクルマ」をコンセプトに徹底的に追求・開発されたSクラスは、見た目も乗り心地も抜群のクルマであることは間違いないでしょう。

メルセデス・ベンツ 7代目Sクラスの快適な乗り心地を支える安全機能を紹介!

Sクラスの乗り心地は、ただ乗った時の質感や機能だけではなく、安全性能にも活かされています。

走行性能や見た目のよさはもちろん、ドライバーや同乗者が安全に過ごせるように配慮がされているのです。

特筆すべきは、メルセデス・ベンツ初となるSRSリアエアバッグを採用している点でしょう。

ロング仕様のみのオプション設定ですが、万が一事故になった際はこのエアバッグとベルトバッグ機能で同乗者の身の安全を確保してくれます。

これらの機能は、今後メルセデス・ベンツのスタンダードになっていく可能性もあるので今後の動向に注目です。

インテリジェントドライブ機能では、衝突回避や特定条件下での自動運転はもちろんのこと、車線変更時に視覚になりやすい位置に障害物があるとアラームが鳴るようになっています。

初めて通る道でも機能を発揮し、標識や制限速度をヘッドアップディスプレイに表示してドライバーに教えてくれるのです。

また、ウインカーを点滅させるだけで車線変更することも可能で、ドライバーの負担軽減に大きな貢献もしているのです。

このように、Sクラスの乗り心地は常時も非常時も保障されているといっても過言ではありません。

新車購入の場合は価格は少々高く感じるかもしれませんが、これだけの機能を有しているクルマは早々ないでしょう。

Sクラスには、それだけ乗り心地を重視した機能がそろっているともいえます。

メルセデス・ベンツ Sクラスの乗り心地と、それを支える安全性能について紹介しました。

すべてにおいて画期的な機能を有したSクラスの乗り心地は、抜群というほかなく、どんなドライバーでもすぐに虜になる1台でしょう。

お気に入りのクルマが欲しい、安全性能も快適性も抜群な1台を手に入れたいと思っている方は、Sクラスの購入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

※ 2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道