コンパクトでスポーティーな1台、BMW 2代目2シリーズの荷室はアレンジすることで利便性が向上する!

BMW 2代目2シリーズ

BMWのなかではプレミアムコンパクトに分類されるBMW 2代目2シリーズ(3BA-2J30/3BA-2H20/3BA-7K15/3DA-7M20/3BA-7L20型)。

それぞれ魅力的な特徴を持ったクーペ、グランクーペの2種類のボディータイプをラインアップしているのもポイントです。

今回は、2代目2シリーズに設定された各ボディータイプの荷室(ラゲッジルーム)の広さや利便性に着目し、魅力に迫っていきます。

Chapter
BMW 2代目2シリーズとはどんなクルマ?
BMW 2代目2シリーズの荷室の広さは如何に?
BMW 2代目2シリーズの荷室の利便性や拡張性を紹介!

BMW 2代目2シリーズとはどんなクルマ?

荷室について紹介する前に、まずは2シリーズに設定されたボディータイプ、クーペとグランクーペについて見ていきましょう。

まずクーペでは、「220i クーペ M Sport」と「M240iクーペ」の2つのモデルがラインアップ。

スポーツを徹底的に意識したシャープなデザインが特徴的なほか、優れたハンドリングを生むFR(後輪駆動)のダイナミクスと特別仕様のインテリア(内装)により、快適なドライビング体験を実現している点が魅力です。

加えて、スポーティーさを極めた素早い変速を実現する8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションもクーペの魅力といえるでしょう。

セレクター・レバーをS/M位置に入れてスポーツモードを選択すれば、最大限のパフォーマンスが得られるようギヤ・シフトが設定。

これにより、さらに爽快感あふれるドライブを楽しむことができるようになるのです。

グランクーペでは、218i グランクーペの「Standard」「Play」「M Sport」、218d グランクーペの「Play Edition Joy+」「M Sport Edition Joy+」、そして「M235i xDriveグランクーペ」の7つのモデルをラインアップしました。

グランクーペは「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー」にノミネートしたほか、「RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞しており、圧巻の実績を持つクルマなのです。

また、両タイプともに安全性能にこだわっている点もポイント。

危険を未然に防ぎ、万が一の事故の際には影響を最小限に抑えるよう運転をサポートしてくれる「ドライビング・アシスト」が標準搭載されているのです。

BMW 2代目2シリーズの荷室の広さは如何に?

2シリーズのクーペとグランクーペの荷室は、どれほどの広さを確保しているのか、早速チェックしていきましょう。

まずクーペは2ドアの4人乗りで、ボディーサイズは全長4,470mm×全幅1,775mm×全高1,410mmと2シリーズのなかでは最も小柄となっています。

スポーツを徹底的に意識したデザインが特徴のクーペは、十分な荷室容量を確保していないと思われがちかもしれません。

しかし荷室容量は390L と、十分な広さを確保しているのです。

一方のグランクーペは、クーペをベースとした4ドア車の5人乗りタイプのクルマです。

Standardのボディーサイズは全長4,535mm×全幅1,800mm×全高1,430mmで、クーペよりもやや大きいものの、グランクーペもコンパクトな車体となっています。

そんなグランクーペの荷室は、クーペよりもさらに大容量の荷物を積載できる430L を確保。

これだけの荷室容量があれば、買い物時など普段使いに大活躍すること間違いないでしょう。

BMW 2代目2シリーズの荷室の利便性や拡張性を紹介!

最後に、クーペとグランクーペの荷室の利便性や拡張性について紹介していきます。

まずクーペは、12V電源ソケットやシートバック収納、収納ネット、荷物固定用ネットを含むストレージ・パッケージを標準装備しています。

これらの装備が荷室の使い勝手により一層磨きをかけ、さまざまな状況に対応することを可能としているのです。

また、荷室を汚れや水分から保護する防水マット「ラゲージ・コンパートメント・マット」をオプションに設定。

このオプションは耐久性が高く、滑り止め加工が施されているのが特徴で、ブラックとレッドのカラーがインテリアを引き立ててくれること間違いありません。

続いて、グランクーペの荷室を見ていきましょう。

グランクーペの荷室はキャビンとは隔絶されていますが、リアシートのバックレストを40:20:40の3分割に倒して使えるという特徴があります。

そのためリアシートをすべて倒せばさらに多くの荷物を積めるほか、真ん中だけを倒せば4人乗車でも長尺物を詰むことができる点が魅力なのです。

ここまで、2代目2シリーズのクーペとグランクーペの荷室について詳しく紹介しました。

クーペとグランクーペは両タイプともにコンパクトな車体ながらも十分な荷室容量を確保しています。

また、グランクーペではリアシートのアレンジ次第で荷物の積載量を増やせる点も注目に値するでしょう。

気になった方は、一度ディーラーに足を運んで試乗してみるのも良いかもしれません。

※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道