トヨタ 5代目ハイエースバンの乗り心地はいかに!?走行性能だけでなく安全性能も充実!

トヨタ 5代目ハイエースバン

トヨタ ハイエースバンは1967年に初代が発売されて以来、乗用車としてだけでなく宅配業や送迎バス・乗合タクシーなどの商用車としても多く利用されてきました。

今回はトヨタ 5代目ハイエースバンの乗り心地についてご紹介しますので、ぜひ今後のクルマ選びの参考にしてみてください。

Chapter
トヨタ 5代目ハイエースバンのシートを確認!
トヨタ 5代目ハイエースバンは走破性を高めるエンジンを採用!
トヨタ 5代目ハイエースバンは安全装備が充実!

トヨタ 5代目ハイエースバンのシートを確認!

まずはトヨタ ハイエースバンのフロントシート(前席)の乗り心地を見ていきます。

ハイエースバンのフロントシートは商用車で利用されることが多いため、ラゲッジルーム(荷室)の広さを確保するためにキャブオーバーという運転席の真下にエンジンを置いてボンネットを小さくするエンジンレイアウト方式を採用しています。

したがって運転席・助手席はエンジンの振動や音が伝わることから決して乗り心地がいいとはいえません。しかしボンネットが小さいので視認性が広がり大型サイズのクルマでありながらも運転がしやすいといった特徴があります。

リアシート(後席)はよくある分割可倒式ではなく、一つにつながっているベンチタイプシートで背もたれが低くクッション性がないため乗り心地が優れているとは言えません。しかし、リクライニング機能やスライド機能が搭載されており居住性を高めています。

また、リアシートを格納することで室内はフルフラットになり室内長も広がるのでより多くの荷物を積載することが可能です。

さらにフロントシートも格納することができ、より広いフルフラットの空間になるので大人が横になっても十分な広さが確保され車中泊を快適に過ごせるのも大きな魅力です。

トヨタ 5代目ハイエースバンは走破性を高めるエンジンを採用!

トヨタ ハイエースバンには2.8L 1GD-FTVディーゼルエンジンが用意されています。

スペックは最高出力111kW(151PS)/3,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,000〜3,400rpm、燃費はJC08モードで13.0km/Lとなっています。

さらに尿素水溶液を尿素SCR触媒内に噴射し、有害な窒素酸化物を窒素と水に還元する排出ガス浄化システムの「尿素SCRシステム」や、排気ガス中のPMを吸着・燃焼・除去する「DPR」を搭載しており優れた環境性能を実現しています。

また2.7L 2TR-FE Dual VVT-i ガソリンエンジン2.0L 1TR-FE Dual VVT ガソリンエンジンも用意されており、それぞれ最高出力118kW(160PS)/5,200rpm・最大トルク243Nm(24.8kgm)/4,000rpm、最高出力100kW(136PS)/5,600rpm・最大トルク182Nm(18.6kgm)/4,000rpmとなっています。

Dual VVT-iは吸・排気連続可変バルブタイミング機構のことで、エンジン性能を引き出し力強いパワーを獲得するとともに燃費の向上を可能にしています。

トヨタ 5代目ハイエースバンは安全装備が充実!

トヨタ ハイエースバンにはトヨタ独自の安全装備であるToyota Safety Senseが搭載されています。

Toyota Safety Senseには滑りやすい路面などでクルマの横滑りをセンサーが感知、全車輪のブレーキとエンジン出力を制御し車両の安定性を確保するVSCや、滑りやすい路面での発進・加速をする際に、駆動輪の空転を制御し最適な駆動力を確保することで加速中の直進性と安定性をサポートするTRCが搭載されています。

他にも、車両を上から見下ろすような映像をナビに表示し車両周辺の状況をリアルタイムで確認することができるパノラミックビューモニターや、ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車や歩行者・障害物などを検知し警告・必要な場合には自動ブレーキ操作をしてくれるプリクラッシュセーフティなどが装備されています。

さらに衝突安全機能として、ボディには衝突時の衝撃荷重を効果的に吸収・分散しキャビンの変形を抑える強固な構造を採用し、万一の対人事故の際に衝撃を緩和するボディ構造になっています。

今回はトヨタ ハイエースバンの乗り心地についてご紹介しました。

シート自体の乗り心地は決して優れているとは言えないものの、シートアレンジやオプション装備で収納機能や居住性を高めることが可能とわかりました。

また、充実の安全装備も搭載されているため安心して運転することができるでしょう。

今後クルマをご購入される際はぜひ検討してみてください。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道