海外仕様の新型ハイエースが登場!日本仕様はどうなる?

トヨタ ハイエースといえば建設土木などの分野において圧倒的な支持を得ている商用1BOXの代名詞。そんなハイエースに海外仕様の新シリーズが登場した。その進化が目指したものとは? そして、日本仕様はどうなるのだろうか。

文・山本晋也

Chapter
フィリピンで海外版ハイエースが発表された
全長はショートボディでも5mを超える
日本では従来モデルを継続販売する

フィリピンで海外版ハイエースが発表された

トヨタ ハイエース(海外向け)2019

発表の場に選ばれたのは東南アジアでも成長著しいフィリピン。新興国を中心とした国や地域に投入されるというハイエースのフルモデルチェンジを発表するにはふさわしい国だ。

セミボンネットと呼ばれるノーズを得た海外仕様の新型ハイエースは、新世代プラットのセミキャブオーバースタイルを得た。こうした大きく変身したボディは安全性能を大きく高めることができ、Euro NCAP 5★相当の性能を実現したという。

全長はショートボディでも5mを超える

トヨタ ハイエース(海外向け)2019

この新型ハイエースには、従来通りショートとロングがあり、標準ルーフとハイルーフが用意される。小さな方のボディでも全長5,265mm×全幅1,950mm×全高1,990mm。大きな方のボディは全長5,915mm×全幅1,950mm×全高2,280mmになる。ホイールベースはショートが3,210mm、ロングが3,860mm。もはや従来までのハイエースとは別物だ。

パワートレインも、2.8Lディーゼル「1GD」エンジン、3.5LガソリンのV6「7GR」エンジンを搭載。公開された画像から6速MTを採用していることも確認できた。

いずれにしても、そのスペックは日本仕様のハイエース(200系)とはかけ離れたものであり、日本でのニーズにはマッチしないことは明らかだ。

海外向け新型ハイエース

日本では従来モデルを継続販売する

トヨタ ハイエース(2012-2013)

積載性能だけでいえば「大は小を兼ねる」が、日本の現場で使われているハイエースには狭い場所にも入っていける機動力が求められる。狭いスペースに置いておけることも重要なファクターであろう。つまり、日本での用途においては4ナンバー(小型車)サイズを用意することは絶対条件だ。

そこで、海外ではセミキャブオーバースタイルの新型ハイエースとなったが、日本市場向けには従来モデルのハイエース(つまり現行の200系)を継続販売していくと発表されている。

じつは様々な法規においても4ナンバーサイズの商用1BOXは、配慮されている面がある。政府としても、このサイズの商用1BOXは、ある種の規格品として機能していると認めているのだろう。日本では新型ハイエースへのモデルチェンジは行われないといえそうだ。

とはいえ、余裕のボディサイズにV6エンジンを組み合わせた新型ハイエースは、キャンピングカーのベースとして魅力的な存在といえる。かつて「グランドハイエース」というモデルが存在していたこともあった。セミキャブオーバースタイルの新型ハイエースを乗用ユースとして日本市場への投入を期待している声も大きくなるのではないだろうか。