BMW 3代目1シリーズの収納機能は如何に?ハッチバックでも満足の収納機能を詳しくチェック!

BMW 3代目1シリーズ

BMW 3代目1シリーズは、2019年のフルモデルチェンジにより誕生した、高い人気を誇るハッチバックです。

SUV人気が高い日本市場でも変わらぬ需要がある背景には、ハッチバックらしからぬ高い収納性能が関係しているのです。

今回は、1シリーズの収納機能とそれをサポートするオプションについて、詳しく解説します。

Chapter
BMW 3代目1シリーズとはどんなクルマ?
BMW 3代目1シリーズの収納機能をチェック!
BMW 3代目1シリーズの収納機能を向上させるオプションをチェック!

BMW 3代目1シリーズとはどんなクルマ?

2004年から発売され続けている1シリーズは、大手海外メーカーBMWが手がけるハッチバックのシリーズのことです。

欧米の分類ではCセグメントと呼ばれており、大手の中古車販売サイトなどでも同様に書かれていることが多いです。

高い走行性能と安全性、BMWらしい高級感を兼ね備えたクルマであり、日本のみならず世界でも高い人気を誇る1台でもあります。

エンジンには燃料の異なる2つのタイプがあり、プレミアムガソリンかディーゼルかを選ぶことができます。排気量は1.5Lと2.0Lで、燃料形式はどちらも選択可能です。

燃料による出力に大きな違いはなく、どちらを選択するかは購入者が自由に選べるようになっているのもポイントでしょう。

グレード別のラインアップでは4種類あり、スタンダードモデルの「118i」、「118i プレイ」、「118i スポーツ」、そして最上位モデルの「M135i xDrive」になります。

大きな違いは走行性能と装備ですが、スタンダードモデルでもBMWらしい走りを体感することができます。

ただし、取り付けできるオプションが違う場合もあり、価格だけで選ぶと必要な機能がない場合もあるので注意が必要です。

BMW 3代目1シリーズの収納機能をチェック!

続いて、1シリーズの収納機能について紹介します。

昨今のSUVブームで苦戦しがちなハッチバックですが、高いポテンシャルを秘めていることは間違いありません。

1シリーズも同様で、特にその収納機能には目を見張るものがあり、ラゲッジルーム(荷室)の広さは380Lと、ほかのハッチバックと大差ないのです。

しかし、ラゲッジアンダーボックスがあること、シートアレンジで約1,200Lの空間を作り出せるという大きな魅力があります。

大きな荷物でも難なく積み込め、さらに小物でも片付けやすいラゲッジアンダーボックスの存在はありがたいポイントです。

フロントシート(前席)周辺には深めのドリンクホルダーが2つあるほか、センターコンソールにボックスがついており、フロントシート周辺で使うものはすべてここで収納可能です。

このコンソールボックスにはUSBポートもついているため、何かを充電・使用しながら収納することもできます。

リアシート(後席)にも収納できるドリンクホルダーがついているほか、リアドアには深めのドアポケットも備わっているため、収納機能が高いことがわかるでしょう。

残念ながらシートバックポケットはありませんが、ドアポケットがその代わりを果たしているので困ることはないのではないでしょうか。

BMW 3代目1シリーズの収納機能を向上させるオプションをチェック!

1シリーズの収納機能を向上させるオプションからも目が離せません。

オプションを装備することで、ただでさえ活躍の場が広いハッチバックの活躍できる範囲が拡張できるのです。

リアシート側の収納機能が物足りない方には、シートバック・ストレージポケットがおすすめです。

標準で装備されていないシートバックポケットよりも大きな収納を生み出すことができ、長距離のドライブでも役に立つでしょう。

必要ない場合は、フロントシートのヘッドレストを外すことで取り外しも可能です。

また、ルーフキャリアに装着できるルーフボックスは容量が違う3タイプがあり、320L ~ 520Lまで任意で選択ができます。

ルーフボックスを外し、バイシクルホルダーやサーフボードホルダーを取り付ければ、アウトドアでも活躍できるクルマに様変わりします。

長いものではなくカバン類を載せたい場合もラゲッジラックがあるため、荷物に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

このように、SUVに負けない収納機能と積載性を持った1シリーズは、決してSUVに劣っているとはいえません。

むしろSUVでは大きすぎるという方にはうってつけの1台でもあるのです。

BMW 1シリーズの収納機能と、それを拡張させる便利なオプションについて説明してきました。

ハッチバックということもありやや苦境に立たされているクルマではありますが、BMWならではの走りと高い使い勝手を求めるのであれば、十分すぎる性能を持ったクルマといえるでしょう。

1シリーズはほかのハッチバックにはない特徴もあるので、もし新しいクルマの購入を検討しているのならば、候補に挙げてみるのも良いのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道