ホンダオデッセイのインテリア(内装)と荷室を徹底解説!!

ホンダ オデッセイ アブソルート EX  2020年

2013年にデビューした現行型オデッセイは、両側スライドドアを採用したことで、先代モデルより全高が高くなっています。同時に高い走行性能を実現するために低床プラットホームを開発し、広い室内空間との両立を図りました。

そして2020年11月のマイナーチェンジでは、シート表皮が変更されるなどインテリアも進化しています。

文・写真/萩原 文博

Chapter
ハイクラスのホテルのような高級感のあるインパネ
上級グレードにはパワーシートを標準装備
2,3列目の居住性も大幅に向上
多彩なシートアレンジと広大なフラット空間
室内高の恩恵は荷室にもおよんでいる

ハイクラスのホテルのような高級感のあるインパネ

現行型オデッセイのインテリアデザインコンセプトは『Modern Suite Room』です。モダンで飽きのこない高級ホテルのスイートルームをモチーフに、イメージを重ねています。

横基調のインストルメントパネルは、上品な質感のパネルを視界に入りやすい上部に採用。また触り心地の良いソフトパッドを手の触れやすい場所に配置しています。

上級グレードにはパワーシートを標準装備

運転席は従来モデル同等の低いフロア高ながら、ヒップポイントを約10cm高めました。

各ピラーはドライバーから細くみえるよう形状を工夫したことをはじめ、ガラスエリアの最大化、インストルメントパネルの上部をフラットとしたことで、すっきりとした視界が確保され、交差点や駐車場、狭い道でのすれ違いなど、さまざまなシーンで高い安心が得られます。


マイナーチェンジでは、コンビメーターパネルの高精細フルカラー液晶パネルを3.5インチから7インチへと変更。アナログスピードメーターとの組み合わせにより、多彩な情報をわかりやすく表示するとともに高い視認性を実現しています。

また運転席側に収納式のドリンクホルダーが追加され利便性も向上しています。

シート表皮にはプライムスムース×ファブリックを採用したコンビシートを標準装備。オプションで本革シートを設定しています。

上級グレードのアブソルートEXは、助手席にスライド&リクライニングが電動で設定できる4ウェイパワーシートを標準装備。さらに助手席シートヒーターも装備して快適に移動することができます。

助手席の前方にはリッド付きのインパネアッパーボックスを設定し、室内収納が使いやすくなっています。

<次のページに続く>
次ページ
2,3列目の居住性も大幅に向上

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ