トヨタヤリスクロスとライバルを比較。プロが徹底解説

トヨタ 新型ヤリスクロス

トヨタのコンパクトSUV、ヤリスクロスは、充実したパワートレイン、最新の安全技術、わかりやすいグレード構成などもあって、2020年8月の販売開始から好調な販売が続いています。

こうなるとほぼ一強状態ですが、ここではヤリスクロスのライバルとして、日産の新しいSUV、キックスを遡上にあげてみました。

文・写真/萩原 文博

Chapter
デビュー時期も近いニューモデル同士
ひと回り大きいボディの日産 キックス
トヨタ ヤリスクロスはここが魅力
日産 キックスはここが魅力

デビュー時期も近いニューモデル同士

トヨタ ヤリスクロスのライバルとしてピックアップしたのは、日産キックスです。

販売開始時期は、キックスが2020年6月、ヤリスクロス2020年8月、パワートレインはハイブリッド車をともに用意し、車両本体価格をハイブリッド同士で比べると、ヤリスクロス ハイブリッドの上級グレードにあたるZ(2WD)が258万4000円で、キックスのXが275万9900円となっています。

この価格差は、どんなところにあるのでしょうか?それではヤリスクロスとキックスを比較してみましょう。

ひと回り大きいボディの日産 キックス

まず、人気を比べてみましょう。原稿を執筆している直近の2021年3月の新車販売台数は、ヤリスクロスが1万2,890台で、国内のSUVカテゴリーではNo.1の販売台数。いっぽうのキックスは4,801台と、かなりの差ですが、これにはパワートレインを日本で完成し、生産国のタイに送って車両が完成、そこから輸入されるという日産の事情が関係しているのかもしれません。

ボディサイズは、ヤリスクロスが全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,590mm。キックスは、全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,610mmで、全長で110mm、全高で20mmほどキックスのほうがうわ回っています。

クルマの取り回しの目安となる最小回転半径は、ヤリスクロスの5.3mに対してキックスは5.1mなので、狭い場所での取り回しに関してはキックスに分があります

室内の広さは、ヤリスクロスが室内長1,845mm×室内幅1,430mm×室内高1,205mm。キックスは室内長1,920mm×室内幅1,420mm×室内高1,250mmと、ボディサイズに比例して大きく広くなっています。

搭載されているパワートレインはヤリスクロスが、1.5L直列3気筒ガソリンエンジンと、1.5Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。駆動方式は全グレードで2WD(FF)と4WDが設定されています。

いっぽうのキックスは、e-POWERと呼ばれる1.2L直列3気筒エンジンで発電した電力を使用しモーターを駆動させて走行するシリーズハイブリッドで、駆動方式も2WD(FF)のみです。

運転支援システムは、ヤリスクロスはトヨタセーフティセンスを核としてインテリジェントクリアランスソナーを採用し、車両全方位の安全を監視していますが、ブラインドスポットモニターがオプション設定

キックスは、プロパイロットをはじめ、最新の運転支援システムが充実しています。ヤリスクロスとキックスの価格差はこの運転支援システムの機能差ということもできるでしょう。
コネクティングサービスはほぼ互角といえる内容です。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ ヤリスクロスはここが魅力

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博