ジープ 4代目ラングラーの荷室(ラゲッジスペース)の使い勝手をチェック!

ジープ 4代目ラングラー

※この記事には広告が含まれます

今回は、ジープ 4代目ラングラー(3BA-JL36S/JL36L/JL20L型)のラゲッジルーム(荷室)の使い勝手について紹介します。

元祖オフローダーとして不動の地位を築いているジープ ラングラーは、2018年のモデルチェンジ後も高い人気を誇っています。

日常でのドライブからハードなオフロード走破までこなすクルマですが、ラゲッジルームの使い勝手はどうなのでしょうか。早速、詳しくチェックしていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ジープ 4代目ラングラーとはどんなクルマ?
ジープ 4代目ラングラーの荷室(ラゲッジスペース)の使い勝手は?
ジープ 4代目ラングラーの荷室(ラゲッジスペース)を支える機能やオプションをチェック!

ジープ 4代目ラングラーとはどんなクルマ?

ジープ ラングラーは1987年から製造・販売されているオフローダーで、その源流は軍用車ウィリスに行きつきます。

現行モデルは4代目にあたり、エンジンの型式からラングラーJLとも呼ばれているほか、現行ラングラーからハイブリッド車もラインナップに加わり、さらなる進化を遂げているのです。

グレードは、ベーシックグレードの「スポーツ」と、上位グレードの「アンリミテッド スポーツ」「アンリミテッド サハラ3.6L 」「アンリミテッド サハラ2.0L 」、そして「アンリミテッド ルビコン」の5種類です。

「アンリミテッド サハラ2.0L 」以外は先代同様3.6L のV型6気筒エンジンですが、燃費性能が大きく向上しており取り回しもスムーズになるよう改良が施されています。

また「アンリミテッド サハラ2.0L 」は、エンジンはダウンサイジングされているもののターボ搭載によりほかのモデルに負けない出力とトルクを維持しているのです。

特別仕様車も多く存在し、すでに完売となったものも少なくありません。

アウトドア派はもちろん、普段使いでも活躍してくれるクルマでもあります。

ジープ 4代目ラングラーの荷室(ラゲッジスペース)の使い勝手は?

では、ジープ ラングラーのラゲッジルームの使い勝手を詳しく見ていきましょう。

ラゲッジルームはかなり大きく、リアシート(後席)を倒さなくても奥行き約800mmのスペースがあり、高さもおよそ1,000mmあるため、家族旅行でもわざわざシートアレンジをして荷物を積み込む必要はありません。

また、普段の買い物でもこれだけの容量があればリアシートやフロントシート(前席)を潰してまで荷物を積載しなくて済むでしょう。

リアシートを倒せば、完全フラットな2,000L 超のラゲッジルームが完成し、より大きな荷物も積載可能です。「アンリミテッド」の場合にはなりますが、ベーシックモデルでも、ここまではいかないながらも広いスペースを確保できます。

2,000L ものラゲッジスペースは異例中の異例で、ほかに同じ規模でスペースを作れるクルマはないことを踏まえても、ラングラーがいかに車載性が高いクルマなのかがよくわかるでしょう。

ジープ 4代目ラングラーの荷室(ラゲッジスペース)を支える機能やオプションをチェック!

ただでさえ広く、使い勝手に優れたラングラーのラゲッジルームですが、これらを支える隠れた機能やオプションも豊富です。

ラゲッジルーム下にはラゲッジアンダーボックスがあり、ばらけてしまう恐れのある荷物をコンパクトに収納できるので、着替えやちょっとした小物の収納に高い効果を発揮します。

もちろん、その上には前述で紹介した広いラゲッジルームがあるので、ラゲッジアンダーボックスが邪魔をしてうまく片付かないということもありません。

また、ラゲッジルームの使い勝手をさらに高めてくれるオプションからも目が離せません。

インナーキャリアには2種類、バイクハンドルを固定するものと釣竿を固定するものがあり、両方一緒に取り付けることもできるため多趣味な方でも安心です。

インカーバイシクルキャリアは、前輪を外した状態でも安定した積載が可能になるほか、ラゲッジルームのフロア面を汚さないためのカーゴ・シートバックトレイを装備すれば、濡れた荷物を載せるときも安心でしょう。

小物収納にも抜かりはなく、取り外し可能なカーゴネットや折りたたみできるストレージキットがまさにそれで、不要なときは外して収納ができます。

このように、大きな荷物から小さな荷物まで、幅広く対応できるのが、ラングラーの強みといえるでしょう。
ただでさえ高い収納力をもつラングラーのラゲッジルームは、オプションも充実し高い拡張性を持っていることがわかりました。

長期間のアウトドア時や大人数でのドライブでも、大容量の荷物を安心して積載することができるでしょう。

さまざまな場面で活躍してくれるマルチな1台の乗り心地を、一度体験してみるのも良いかもしれません。

※2021年6月現在

商品詳細