サービスエリアとパーキングエリアの違いって何?知っているとドライブがさらに楽しくなること間違いなし!

サービスエリア

「ハイウェイのオアシス」と呼ばれることも多い、高速道路のサービスエリア(以下:SA)とパーキングエリア(以下:PA)。

長距離ドライブ時の休憩や、お土産の購入といった理由で利用される方も多いのではないでしょうか。

そんなSAとPAにはどのような違いがあるのか、気になっている方も多いはずです。早速、ご紹介します。

Chapter
SAの定義をチェック!
PAの定義をチェック!
SAとPAは一般道からも入ることができた!?

SAの定義をチェック!

高速道路の休憩施設として位置付けられているSAとPA。国土交通省によると、この2つは提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係により区分されているようです。

そこで、まずはSAについて解説していきます。

SAは、一般的には休憩所、駐車場、トイレや売店、食堂、給油所などが備わっている施設とされています。これらの設備から、SAは人とクルマが休憩するのに適した設備を有する施設であると言えます。

しかし、全てのSAにこれらの設備が揃っているかというとそうではなく、小規模なSAもあれば、これらの設備に加えて遊具やレジャー施設などが備わった大規模なSAもあります。

また、SAの定義には距離という要件も備わっており、SAは50〜150km、平均約60km間隔で設置することが目安とされています。

しかし高速道路ごとに違いがあり、それぞれの特徴に合わせて設置箇所を決めるため、必ずしも約60km間隔で設置されているわけではありません。

PAの定義をチェック!

国土交通省によると、PAは駐車場やトイレ、必要に応じて売店が備わっている施設であるとされています。

駐車場とトイレは全てのPAに設置されていますが、売店やガソリンスタンド等の設備はPAの利用状況などによって決まるため、必ずしも設置されているわけではありません。そのため、PAはドライバーが安全運転を続けられるように最低限の休憩するための施設といえるでしょう。

以上の点を踏まえると、SAの方が規模が大きくPAは小さいという印象を受けるかもしれませんが、そのようなことはありません。上述したように、小規模なSAもありますし、設備の充実したPAもあります。

例えば、伊勢湾岸道路の刈谷PAは設備の充実したPAとして有名です。刈谷PAは観覧車のある遊園地や日帰り温泉が備わっており、ひと坪あたりの来場者数は遊園地やテーマパークの中では日本一とも言われています。

SA同様に、PAの定義にも距離が要件として備わっています。SAは50km間隔での設置が目安とされていましたが、PAは15km間隔での設置が目安とされています。

ただし、SA同様に高速道路の特徴を踏まえて設置されるため、必ずしも15km間隔で設置されているわけではありません。

SA、PAともに定義はありますが、どちらも明確に定まっているわけではなく、高速道路の状況に合わせて設備や距離が異なります。そのため、SAとPAは名称の違いこそありますが、明確な違いはないと言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
SAとPAは一般道からも入ることができた!?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道