救急車やパトカーなど「はたらくクルマ」に使われるのはどんな車種?

パトカー

今回は、日常生活においてあらゆるシーンで目にする、はたらくクルマをテーマによく使われる車種やその理由を紹介していきます。

目にすることが非常に多い救急車やパトカー、消防車などには、どこのメーカーのクルマが使われているのでしょうか。

今回は、日本の毎日を支えるクルマたちにスポットライトを当てて解説いたします。

Chapter
①はたらくクルマの代名詞:パトカー
神出鬼没、覆面パトカー
②命を乗せて走る:救急車
③消火活動の命:消防車

①はたらくクルマの代名詞:パトカー

一番はじめに紹介するのが、はたらくクルマと言われて真っ先に思い浮かぶ人も多いであろうパトカーです。

パトカーの正式名称は、交通取締用の車両を「交通取締四輪車(交通取締用無線自動車)」、主にパトロール用の車両を「無線警ら車(警ら用無線自動車)」といいます。

そんなパトカーですが、どんな車種が多いかと聞かれれば間違いなく出てくるのがトヨタ クラウンではないでしょうか。世界のパトカー事情を見ると、自国の自動車産業が進んでいる場合は、やはり国産車を採用している国が多いようです。(ドイツではメルセデス・ベンツやBMW、アメリカではフォードやクライスラーが大半を占めるています。)

トヨタ クラウンがパトカーのシェアを多く獲得している要因として、日本において警視庁がパトカーを購入する際に求められる仕様があります。

ほんの一例ですが、4ドアセダンであること、排気量は2.5L級以上であること、乗車定員は5名以上であること、フロントフォグランプを装備することなど、他にも様々な仕様が厳密に求められています。

その中でトヨタ クラウンはそれらを満たした内容で型式指定を受けていることから量産されていると予想できます。トヨタ クラウンの他にはスバル レガシィや、山梨県警ではトヨタ マークX、埼玉県警では日産 ティアナを使用していることが多いとも言われています。

神出鬼没、覆面パトカー

パトカーの番外編として、一般車両と同じ様相をして緊急時や違反車を追跡する際に赤色灯を露出しサイレンを鳴らす、いわゆる覆面パトカーをご紹介します。覆面パトカーに採用されることの多い車種は下記のようなものです。

日産 スカイライン
古くから、覆面パトカーの定番と言われるのがスカイラインです。特に高速道路を走行中、シルバーのスカイラインを追い越す際は少し警戒すると良いでしょう。
シンプルな4ドアセダンでありながらパワーも兼ね備える一台ということで採用されているのではないでしょうか。

トヨタ マークX
日産 スカイラインと並んで覆面パトカーに多く採用されているのがトヨタ マークXですね。
300馬力越えのハイパワーでありながら、クラウンと比べれば見た目も派手さがなく、車両価格は比較的安価なところも選ばれる理由かもしれません。

<次のページに続く>
次ページ
②命を乗せて走る:救急車

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道